ツインリンクもてぎってどんなところ?
モータースポーツ 遊ぶ観る自然体験安全運転買う食べるホテルキャンプ場校外学習
【冬季期間「休業日」のご案内】
2015年12月1日(火)〜2016年2月29日(月)までの期間中、毎週火曜日・水曜日を一部施設の「冬季 定休日」とさせていただきます。(※一部日程除く)
また、1月25日(月)〜2月10日(水)までの期間は場内施設・点検のため全施設休業とさせていただきます。>>詳しくはこちら
【1月25日(月)・27日(水)サーバーメンテナンスのお知らせ】>>詳しくはこちら
【Windows XPをご利用のお客様および、2009年以前に発売された携帯電話をご使用中のお客様へ】>>詳しくはこちら
「いつかは、一度は表彰台の真ん中に立てる!」チャンスと夢のある、お楽しみ耐久レース!それが“もて耐”だ!
2016“もて耐”開催概要発表

大会概要

大会名称 2016 もてぎオープン7時間耐久ロードレース“もて耐”
主催者 株式会社モビリティランド/エム・オー・スポーツクラブ(M.O.S.C.)
承認 財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)
開催会場 ツインリンクもてぎ ロードコース(1周/4.8013km)
開催日程 2016年
8月5日(金)公式車検
8月6日(土)公式予選
8月7日(日)決勝

“もて耐”のコンセプト

“もて耐”のコンセプト
“もて耐”は、「世界最大の草レースを目指す」というテーマを掲げ、どんなライダーでも、どんなバイクでも参加できる耐久レースとして1998年にスタートした。

1998年から開催されたクラス分けは125cc以上であれば参加可能のオープンクラスを採用。小排気量車と大排気量車の間に大きなラップタイムの差が出ることを前提として、変わりにその差をうめるための給油制限を実施。こうすることで、「ラップタイムの遅い小排気量車=カメ」と「ラップタイムに勝る大排気量車=ウサギ」を同じ土俵の上で戦わせて、最後まで誰が優勝するか分からないという、新しいスタイルのレースとして全国のモータースポーツファンに提案したのだった。2008年には“もて耐”の大変革の年を迎えた。レースを大きく2つのクラスに分け、一つは4ストローク2気筒エンジンまでの115cc以上250cc以下と限定されたレースを“もて耐”として設定。
もてぎロードレース選手権
もて耐フォトギャラリー 最新情報ブログはこちらへ
DE耐! Joy耐 K-TAI
サーキット・フォトをネットから閲覧・注文
コチラレーシングツインリンクもてぎエンジェルメルマガ会員募集中Twitter公式アカウントfacebookページ

HOME会社情報広報採用情報企業の方へ関連先リンクお問い合わせプライバシーリーガルサイトマップEnglish