> ENGLISH

  • 森
  • ゆうえんち
  • ミュージアム
  • ホテル
  • キャンプ
  • レストラン
  • ショップ
  • バイクとクルマのスクール
  • モータースポーツ
  • チケット
  • インフォメーション
“もて耐”

FIRST はじめての“もて耐”

“もて耐”トップページはじめての“もて耐”

”もて耐”って?

“もて耐”は、115cc以上〜250cc以下のバイクを使用する耐久レースです!
(4ストローク・2気筒以下の車両)

“もて耐”イメージ

“もて耐”は、115cc以上250cc以下・4ストローク・2気筒以下のバイクであれば参加できるロードレースの入門耐久レースです。
車両の性能差や、特性によりラップタイムの差が出ることを前提として、代わりにその差をうめるため各クラスに応じたピットストップ時間を設定しました。これにより、車両性能差が解消され、どのクラスで参戦しても優勝の可能性があるレースとして開催しております。
「いつか、一度は表彰台の真ん中に立てる!」チャンスと夢のある耐久レース!です。

“もて耐”参加までのステップ

  • お申込み受付期間:2017年5月1日(月)〜5月31日(水)

  • 予選レース

    2017年7月7日(金)参加受付・公式車検・特別スポーツ走行

    2017年7月8日(土)タイムアタック予選・3時間予選レース

    2017年7月9日(日)タイムアタック予選・3時間予選レース

  • 決勝レース

    2017年8月25日(金)参加受付・公式車検・特別スポーツ走行

    2017年8月26日(土)グリッド予選・11時間決勝レース

    2017年8月27日(日)〜11時間決勝レース

step.1
まずは一緒に出場する仲間を集めよう!

仲間が集まらない時は・・・“もて耐”に参加しているショップに相談してみてはいかがでしょうか。

ブルドッカータゴス TEL 0270-21-0778
WITH ME TEL 03-5838-7397
i-FACTORY TEL 0280-23-2755

step.2
MFJライセンスを取得しよう!

MFJ国内ライセンスを取得するにはサーキットの会員になり、3時間のスポーツ走行を行う必要がございます。サーキットの会員にもなれ、MFJ国内ライセンスも取得できる「1day GET MFJライセンス」がおすすめです。

step.3
5月1日(月)から参加申し込み!

STEP2にてMFJライセンスを取得したらいよいよエントリーです。“もて耐”はWebエントリーのみの受付になります。先着順ですので早めにエントリーしてください。締め切りは5月31日(水)です。

■予選レース参加料金:ライダー数により金額が変わります。
  • ライダー3名:54,000円/1車両(税込)
  • ライダー4名:72,000円/1車両(税込)
■決勝レース参加料金
  • 予選レースとは別にライダー1名につき12,000円(税込)
■エアバッグ割引

エアバッグ機能付きベスト等の導入促進のため、各参加料金よりさらに2,000円割引いたします。MS共済会による「エアバッグ購入援助制度」も継続いたしております。詳細は弊社ホームページにてご確認ください。
※18才以下のライダーのエアバック装置を義務化いたしました。

■MS暫定共済会入会、MS共済会へ入会してください。
年間加入
TRMC-S会員またはSMSC会員として登録され所定の共済会会費を納めた方。
暫定加入
当該大会(特別スポーツ走行、予選、決勝)のみ有効です。
また、走行会、公開練習会等に参加する場合は、その都度暫定入会しなければなりません。
ライダー7,000円/人・ピットクルー500円/人

TRMC-S会員とは?

TRMC-S(ツインリンクもてぎクラブスポーツ)は、ツインリンクが持つコースでの走行をご利用される皆様に向けて発足した会員制度です。

SMSC会員とは?

SMSC(鈴鹿モータースポーツクラブ)は、鈴鹿サーキットが持つコースでの走行をご利用される皆様に向けて発足した会員制度です。

step.4
4月12日(水)と5月12日(金)と6月3日(土)は公開練習会!

“もて耐”は初めて参加する方に向けたコース見学バス走行やウエルカム講習会を公開練習会にて実施しています。
また車検相談会も同日に開催しますので、車両についてご相談したい方はぜひご参加ください。走行時間は参加台数によって変わりますが、2時間から3時間を予定しております。

step.5
受理書にてエントリー内容とゼッケン番号とピットを確認しよう!

6月中旬に送付される受理書にてエントリー内容に間違いが無いか確認してください。
パス等も同封されますので、チーム員へ予めお渡しください。

step.6
いよいよレースウィーク!

受付と車検は7月7日(金)に行われるので、どなたか1人でも良いので7月7日(金)にサーキットに来場し、ライダーとピットクルー全員分のライセンスの確認と車検を受けてください。
また同じピットのチームには挨拶を行い、お互いに気持ち良くレースを楽しんでください。

step.7
残るは予選と決勝!

・予選レース(3時間)
 7月8日(土)・9日(日)
・決勝レース(11時間)
 8月26日(土)・27日(日)
ここまで来たら後は楽しく走るだけ!予選は77位以内、決勝は完走を目指して仲間と共にレースを楽しもう。

参加に必要な条件

1

TRMC-Sへ入会するか、暫定共済会費をお支払いいただきMS共済会へ入会してください。

2

参加申込時に2017年度に有効なMFJ国際または国内ライセンスを保持してください。
(フレッシュマンライセンス、エンジョイライセンスでは参加いただけません)

※(1)も(2)も同時に資格を満たせる『1day GET MFJライセンス』がおすすめです。

3

国内ライセンスを本年度初めて取得したライダーは、主催者の開催する初心者講習会を必ず受講してください。受講するまでは、“もて耐”参加者向け公開練習会・特別スポーツ走行会等への参加は認められません。(走行会を除く)

※初心者講習会は、公開練習日に併催されます。また、ツインリンクもてぎで開催される以下のスクールに参加することにより、初心者講習会を受講したとみなされます。

《もてぎレーシングスクール》5月15日(月)
《もてぎレーシングスクールLight》4月11日(火)・6月5日(月)

4

参加するライダーは全員必ず一度は公開練習会に参加してください。
ただし、以下のいずれかに該当するライダーは、その参加が免除されます。

  • (1) 2011年〜2017年のもてぎロードレース選手権に、ライダーとして一度でも参加した実績がある方。(ちょっとDE耐!は除く)
  • (2) 2011年〜2016年の“もて耐”に、ライダーとして参加した実績がある方。
  • (3) 2011年〜2017年に開催された「もてぎレーシングスクール」「もてぎレーシングスクールLight」に参加した経験がある方。

上記レース・スクールに参加した実績は、参加申込時に自己申告をしてください。自己申告が無い場合は、その実績がないものとみなします。

5

■ライダーの方

参加申込時に参加車両1台につき、公式予選3時間は3名〜4名、11時間決勝レースは3名〜6名のライダーを指名登録しなければなりません。
第1ライダー、第2ライダー、は国内ライセンスライダーとし、第3ライダー、第4ライダーは国内または国際ライダーとしなければなりません。

■ピットクルーの方

ピットクルーは最大7名まで登録できます。ピットクルーは1名以上登録してください。ピットクルーは複数チームで共有できますが、同日に出場するライダーがピットクルーを兼ねることはできません。また、ピットクルーは16歳以上の方のみ登録いただけます。15歳以下の方は車両に触ったり、ピットロードに出たりできませんが、ライダーのケアや昼食作りなどでご活躍ください。

参加代表者・ライダーはそれぞれ以下の事前ミーティング・講習会に参加し該当するライセンスを取得しなければならない。
(1) チーフクルーライセンス
(2) エグゼクティブライダーライセンス
(3) ウエルカムライダーライセンス

どんな車両が出場できるの?

主な出場車両

その他、出場可能な車両

CBR150, KTM, 200DUKE, MEGARI 250SE
※その他の車両につきましては事務局までお問い合わせください。

出場可能

●排気量115cc以上250cc以下
●4ストローク・2気筒以下のエンジン
●ホイールリムサイズが16インチ以上

出場不可能

●ターボチャージャーなどの過給装置付きの車両
●一般的にいうGP-MONO・J-GP3・Moto3車両は出場できません。

車両の性能に基づいた出場クラス分け

オープンクラス 2気筒 単気筒
冷却方式 水冷 空冷 水冷 空冷
WT AT WS AS
NEO STANDARDクラス メーカー 車名 型式
  ST-R25 YAMAHA YZF-R25 RG10J
NST-Ninja KAWASAKI Ninja250R EX250K/EX250L
NST-VTR Honda VTR250 MC33
NST-RC KTM RC250 RC250
NST-G310 BMW G310R
NST-CBR Honda CBR250R MC41(その他仕向け地違いの車両も認める)
BRAVE 1:YAMAHA製WR250のエンジン(型式:G363)を使用し、WR250のフレーム(型式:DG15J)以外を使用した車両
2:KTM製エンジンで以下のものを使用した車両(形式【末尾3桁770、771、774、777】)
 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish