MotoGP
MENU CLOSE
もてぎロードレース
見どころ

世界選手権開催コースでの地方選手権

世界最高峰のロードレース、MotoGP™日本グランプリを開催しているツインリンクもてぎロードコースを舞台に、年間4戦のシリーズ戦として行っている“もてロー”こと、もてぎロードレース選手権。
8月下旬に開催している“もて耐”こと、もてぎオープン7時間耐久ロードレースに通じるNEO STANDARDクラスを始め、レースビギナーやレディースライダーの参加も多いST150、全日本ロードレース選手権や世界を目指すライダーも参戦しているJSB1000クラスやJ-GP3クラス、ST600クラスといったクラスのレースを見ることができる。
MotoGP™日本グランプリなどのビッグレースのパドックは、なかなか入ることが出来ない第1パドックにも入ることができるので、気軽にパドックに訪れることも出来て、レースの裏側などもみることができる。
ツインリンクもてぎのアトラクションをファミリーで楽しんだり、仲間とのツーリング途中に観戦に訪れたりするのもオススメ!

街乗りバイクがレースで争う!

街中で見るロードスポーツバイクがレースで順位を争う!
自身が乗っているバイクでライダーが参加しているかもしれない。あなたのバイクには本来すごいポテンシャルがあるのかも。
聞いたことがあるマシン名なら応援したくなってしまう。以前は、メーカーが制作するレース専用車が主体となっていたが、
一般市販バイクをレギュレーションに合わせ改造するプロダクションのクラスが中心となっている。
公認競技会でレース専用としてメーカーが販売している車両は、J-GP3クラスではHondaが販売するNSF250Rのみとなっており、今はプロダクション車両でのレースが多く、サービスショップが市販車をレース仕様に仕立てたレースベース車も多くなっている。

日本一の参加台数が集まる2輪地方選手権!
様々なカテゴリーのレース観戦ができる!

ツインリンクもてぎが開業したのは1997年8月。翌月には『もてぎロードレース選手権』が初開催。
4クラス60名の参加者でスタートした初開催から、好評を得て参加者が増え続け約20年経過した今では22のクラス(※レディースクラス除く)に280名が参加する。
もてぎロードレース選手権は、日本で最も多くのクラスが開催され、最も多くのライダーが参加する選手権となっている。
頂点の排気量1000ccから最小の150ccまでのクラスがあり、250cc前後の排気量が最も多く70%近くを占める。車両仕様分け、ワンメイク、技量レベル分けなど多くのクラス分けがあり、均衡になるように工夫され白熱したバトルが楽しめるようになっている。

地方選手権最高峰、迫力のJSBインタークラス

170kg程度の車体に排気量1000ccの200馬力を超えるモンスターバイクを乗りこなすのは、それ相当の技量と体力、気合が必要になる。コースで最長のダウンヒルストレートでMotoGP™では最高速度310km/hを越えるが、地方選JSBで肉薄の290km/hを越える。特に地方選最高峰のJSB1000クラスのインター(国際)クラスは、全日本選手権にも参加参戦するライダーが参加し大迫力。

将来を担う若手ライダーが参加!

若手の登竜門となっているJGP3クラスや初心者が多いST150クラス、ロードレースを始めたばかりの若手も多く参加している。
世界に羽ばたくライダーもこのクラスから始まる。荒削りなライディングやしたたかな走り。これから輝く原石の走りを見ることができる。

熱いバトル観戦が入場駐車料だけで楽しめる!

国際A級のような成熟したライダーのクレバーな走りを見るだけでもおもしろい! 参加台数が多くレベルも均衡しており、参加が多いCBR250-B、ST250T-Eクラスが特におもしろい!
毎周白熱したバトルが繰り広げられる! >>開催日はこちら 是非、観戦に来場してみよう!