届きますように

カテゴリ:ハローウッズの森から

明日から11月。紅葉は徐々に中旬に向けてピークを迎えますが、
すでに落葉し始めた木々も・・・

秋ももうすぐ終わり、立冬を迎えます。

夕暮れ時の虫の音もいよいよさみしくなってきました・・・

最後のラブコール、届くといいですね。

だーさん(和田 誠)

posted by ハローウッズ at

2014-10-31

16:35:16

「秋の森冒険ファミリーキャンプ」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

大型台風が過ぎ、秋晴れのハローウッズの森で10月18日(土)~19日(日)、

秋の森冒険ファミリーキャンプが開催されました。

今回のキャンプ地は、森の中の秘密の場所「カタクリの沢」。

まずは焚き火のための薪を割ります。

使うのは、ナタと木づち。2人1組で息を合わせて……

「この木は割れやすい」「ここを叩くと楽チン」

何本も割っているうちにどんどん上達していきます。

薪ができたら火おこし!

昔ながらのまいぎり式で火をおこします。

電気・ガスのないカタクリの沢では、

お風呂を沸かすときも料理をするときも、焚き火を使います。

夕飯づくりでは、野菜を切って、竹も切って……

えっ、竹!?

できたのは、網焼きチキンをのせた秋の味覚たっぷりのカレーライス。

手づくりの竹の食器でいただきました。

「おうちで食べるよりおいしい!」とニコニコ笑顔。

自分でといだお米に、自分で切った野菜。頑張ったお手伝いの味は格別だったようです。

翌日は、みんなでクラフトづくり。お父さんも夢中です。

キャンプの思い出が詰まった、それぞれの作品が完成しました。

いつもの生活からはなれ、電気も水道もない自然の中でのキャンプ。

はじめは不安そうだったみなさんの表情も、あっという間に笑顔になっていました。

森で過ごした2日間はいかがでしたか?

ぜひまた、ドキドキわくわくの楽しい冒険に出かけましょう!

参加してくださったみなさん、ありがとうございました!

森冒険ファミリーキャンプは、冬も開催します!

2015年2月14日(土)~15日(日)「冬の森冒険ファミリーキャンプ」。

冬の楽しみが盛りだくさんの冒険キャンプです。

11月10日(月)から受付開始です。みなさんの参加をお待ちしています。

(川島 麗央奈)

今回のキャンプスタッフ

   

かず(永瀬 和久) けんさん(根岸 健司) かわしまん(川島 麗央奈)

posted by ハローウッズ at

2014-10-28

07:59:32

いつのまにか・・・

カテゴリ:ハローウッズの森から

昨日の雨で地面は湿り、キチョウが3匹ならんで給水。

近頃朝晩も冷え込み、成虫で冬を越すキチョウにとって、乾燥する冬に備えての
水分補給は欠かせないかもしれませんね。


ウサギのかけあがりでは、ヤマツツジの花が咲いていました。
はじめはこの寒い時期に狂い咲きだ~っおかしいだろ~と珍しがっていましたが、
ここ何年もこの時期に咲くのでまたかっという感じになってしまっている。


おかしいと思うことが、いつのまにかな~な~になり当たり前に・・・・


そうなっていくのは怖いことです。
だーさん(和田 誠)
posted by ハローウッズ at

2014-10-24

15:53:02

苦くはないの?

カテゴリ:ハローウッズの森から

胃腸の薬草としても知られるセンブリの花。

センブリ茶でも有名ですが、とにかくにが~~~い野草です。

葉をかじってみると当たり前ながら苦かったです。

花も根もすべて苦いといわれていますが、ハナアブには関係ないようで・・・

花の蜜は甘いのだろうか?

試す勇気はありませんでした・・・・

他にも秋の花が旬です。

だーさん(和田 誠)

posted by ハローウッズ at

2014-10-21

11:45:25

しげきてき~!

カテゴリ:ハローウッズの森から

どんぐりコロコロというより、どんぐりゴロゴロ!

場所によってはうわぁ~っと足の踏み場もないくらい。

踏んづけて「ごめんなさい!」っといいながらの森歩き。

どんぐりをよけながらの間抜けなつま先歩きをしていると
明るいマツ林の地面から鳴きながら飛び立ったビンズイ

迷惑そうな態度!?

地面のエサをついばんでいたのでしょう、邪魔で仕方ないっという感じが伺える

こちらとしては「ビンズイか~冬が近いな~っ」と季節の移ろいに感銘を受けているのです。
君に感動しているのですよ !!


心が躍ったり、浸ったり、感性が揺さぶられる秋の森です。



だーさん(和田 誠)

posted by ハローウッズ at

2014-10-17

10:15:27

「棚田でどろんこ稲刈りファミリーキャンプ」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

棚田でどろんこ稲刈りファミリーキャンプ

みんなで刈った稲穂たち

9月27日(土)~28日(日)に棚田でどろんこ稲刈りファミリーキャンプが開催されました。
3組のご家族、参加者8名のキャンプです。

まずは自己紹介

聞けばみなさんキャンプ経験者とか。

そんなキャンプになれたみなさんとまずはテントたて。

みなさん手際よくテントを立てています。

すぐにテントが完成!

お昼を食べ、午後から早速棚田へ出発!

行く途中もいろいろな発見がありました。

棚田に到着!

まずは稲の刈り方を覚えて、

稲刈りスタートです。

僕も刈るぞ!

今日は2枚の田んぼの稲刈りをして終了。

棚田から帰ってきてきたら、夕食の準備。

今夜のメニューは炊きたてご飯と焼きそばです。

お手伝いもできました!

みんなで食べたご飯と焼きそばはとてもおいしかったです。

2日目

希望者のみで朝日を見に集まったみんなで森のポーディアムまで行き

きれいな朝日を見てきました。

朝ごはんを食べ、すぐさま棚田へ

みなさん稲刈りもなれてすぐに1枚を刈り終えました。

稲刈りをしているときも生きものに遭遇。

稲刈りも無事終わり、テントも片づけて終わりの会。

今回の稲刈りキャンプ3枚の田んぼを刈ることができました。

「少ない人数でこんなに刈れたね」

こんな声もちらほら。

みんなで収穫した喜びを分かち合えてよかったです.

今回刈った稲は、先日脱穀しこれから約10日間天日干しをします。

5月から、7ヶ月分の太陽をしっかり浴び、

たくさんの生きものたちと自然の恵みをうけ、美味しく育っているはず!

「ハッチョウトンボの棚田米」は11月中旬~下旬ごろ、

参加者のみなさんへお届けします。

今年の田植え&稲刈りに参加してくださったみなさん、

ありがとうございました。

是非、また遊びに来てくださいね

(瀧田 貴治)

今回のキャンプスタッフ

  

すーさん(鈴木 瑞穂)  ざっきー(山崎 智久) たっきー(瀧田 貴治)

posted by ハローウッズ at

2014-10-14

07:30:11

その時まで

カテゴリ:ハローウッズの森から

枝先にとまるトンボ

待ち伏せてそれを狙うハラビロカマキリ。
でもおなかはすでに満腹状態・・・かな?

もしかしたら、これが・・・  ハリガネムシ

ハリガネムシは水中でトンボの幼虫ヤゴの体内へ・・・

そしてヤゴは成虫のトンボになり水中から地上へ・・・
そしてカマキリに食べられる。

ハリガネムシはカマキリの体内へ・・・

そしてそのカマキリのおなかの中で成長すると
なぜかカマキリは水中へ・・・

そしてハリガネムシはカマキリから出て水中へ・・・


ちっちゃいころは隠れていても、大人になるとちゃ~んと出てくる。

満を持してか・・・


っというハリガネムシの奇妙な暮らし。
こんな生き方もあるのです。
だーさん(和田 誠)
posted by ハローウッズ at

2014-10-10

14:03:50
        次のページへ>>