「8月6日(火)~8日(木)開催:夏休み子どもキャンプ~虫遊び編~」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

夏の真っただ中、86日(火)~8日(木)に23日で
「夏休み子どもキャンプ~虫遊び編~」を開催しました!

日差しが照り付ける夏のハローウッズに元気な虫好き小学生30人が大集合!

朝の森、昼の森、夜の森へ探険に行き、虫とり三昧の3日間でした。

キャンプならではのテント立て、野外炊飯にも挑戦。

キャンプの様子をご報告します。

 

まずは、班ごとに協力しながらテントを立てます。

完成したら、子どもたちが待ちに待った虫とりへ!

生きものに詳しいスタッフ「はかせ」から、虫の採り方を教わります。

 

いざ森へ!

すると「ドン!ドン!」とナゾの音が響きます…

 

音の正体は、子どもたちが木を蹴る音!

 

クワガタ は木に振動が伝わると敵が来た!と感じて

逃げるために地面に落ちる習性があります。

その習性を逆手にとって…クワガタが好きなクヌギやコナラの木を

蹴って回ります。

ミヤマクワガタやノコギリクワガタ、コクワガタ、カブトムシなどを捕まえました!

樹液にはカナブンの姿も見ることができました。

 

森から戻ったら野外炊飯に挑戦。

野菜を切って、炭をおこして、よーく煮込んだら…

「暑い~暑い~」と言いながらカレーライスの出来上がり!

「おいしい!」「おかわり!」と大人気。

 

カレーライスをもりもり食べて、夜の森探険へ出かけます。

夜の森では、夜行性の虫たちが樹液に集まっているところを探します。

街中と違い明かりの無い夜の森は、ライトを消すと真っ暗闇。

ぼんやりと照らす月明りに、だんだん目が暗闇に慣れてきて、

耳も研ぎ澄まされると小さな音でカサカサっと動く虫たちを見つけます。

 

朝の森でも、木を蹴りながら虫探し。

 

2日目は、ハッチョウトンボの棚田でオニヤンマをゲット!

 

どんぐり広場でも虫さがし。

フライングキャッチもお手の物!

 

虫遊びキャンプは、虫を採ったら観察します。

じっくり虫の姿を観察すると、新しい発見もりだくさん。

観察テーマは、【捕まえた虫の敵はなに?!】

子どもたちが想像して描いた絵や敵の予想。

自分が書いたシートを見せながら、みんなの前で発表。

 

まず自分なりの答えを考えてから知りたいことは、はかせに質問!

 

とっても虫好きな子どもたち。

ぜひ夏以外の季節にもハローウッズの森にも虫とりに来てね。

 

ご参加いただき、ありがとうございました。



(田崎 ひとみ)


 

今回のキャンプスタッフ
   
シロ(田崎 ひとみ)はかせ(奥山 英治)かず(永瀬 和久)ほいほい(矢内 歩惟)

 

Yahoo!ブックマークに登録

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をクリップ!

posted by ハローウッズ at

2019-09-19

15:36:15