EN | JP

もてぎロードレース
もてぎロードレース > クラス・車両解説
クラス・車両解説

NEO STANDARD

2010年よりもてぎロードレース選手権にシリーズとして新規開催。同年にはMotoGP™にてエキシビションレースを開催した。Honda VTR(型式指定)とKAWASAKI Ninja250R(型式指定)に加えて、2011年からHonda CBR250R(型式指定)の参戦が可能となった。車両の改造制限が厳しい事と、車種ごとにクラスが分かれているため、低コスト&イコールコンディションで戦えるクラスとなっている。また、※1エントラントポイントシステムや※2リレーシステムという大勢で楽しめる規則を採用している。
※1エントラントポイントシステム:シリーズポイントはライダーではなく、チームに与えられるため、シーズン途中でライダーを変えても、ポイントを減らさずに参戦を続ける事ができる。
※2リレーシステム:レース中に全てのチームはピットインを1回以上行い、ライダー交換もしくは腕章の交換をしなければならない。


J-GP3

【クラス解説】
かつてのGP125の後継クラスにあたり、4ストローク175cc超250cc以下単気筒エンジンのマシンおよび2ストローク・85cc超125cc以下単気筒エンジンのマシンで開催される。

【車両解説】
現在の参戦マシンは、ほとんどがHondaの市販レーサのNSF250R。全日本ロードレースの公認クラスであり、若手を中心にベテランまで参戦している幅広いクラスとなっている。

 

ST600

【クラス解説】
現在の全日本ロードレースで、最も活況のあるクラス。国内4メーカーが市販する最新ロードスポーツモデルが主力機種となっており、ピットに並べられたマシンを見るだけでも壮観だ。

【車両解説】
エンジンは、4ストローク600ccが主力。マシンの改造範囲は狭く、タイヤに関しても、ドライ路面の場合は市販されていて、MFJが認可したものを使用しなくてはならない。ウデを磨くのに適したクラスだ。


スーパープロダクション

【クラス解説】
総排気量250ccを超える、一般公道用4ストローク2気筒以上、ホイールリムサイズが16インチ以上の車両によるレース。改造範囲は極めて厳しく制限されており、マフラーやサスペンションのリセッティング程度となっている。

【車両解説】
主力車種は、もちろん国内4メーカーの最新1000ccロードスポーツモデルだが、ポテンシャルをフルに発揮できる600ccマシンも大健闘、さらには型式遅れのマシンも十分に活躍可能だ。

 

 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish