【ものづくり通信】11月のクラフトメニューのお知らせ

カテゴリ:お知らせ

ハローウッズ「森のクラフト教室」より、11月の追加メニューのご紹介です。

●鳥の巣箱

制作時間:60

料金:1,500

おうちに飾って、鳥の子育てを見守ってみませんか?

 

●鳥のオブジェ(鳥の巣箱オプション)

料金:200

巣箱の追加オプションです。

巣箱を飾るときに一緒に置いておくと、よりオシャレに見えますよ。

(写真3)

 

●バードコール

制作時間:約30

料金:550

ネジを回すと、「キュキュッ」と、まるで鳥が鳴いたような音がします。

実際の鳥の鳴き声と似ているか、比べてみよう。

 

●キラキラストラップ(クリスマスver)

制作時間:約30

料金:550

森のクラフト教室の人気メニュー・「キラキラストラップ」をクリスマス仕様に可愛く
飾り付けることができます。

 

●リースのストラップ

制作時間:約60

料金:700

カバンにも取り付けられるような、小さなリースのストラップが登場です。

 

こちらは数量限定となっています。

 

森のクラフト教室では、季節に合わせてメニューが変わります。

 

ぜひ色々な作品づくりを楽しんでくださいね。


posted at

2019-11-22

15:11:32

「10月26日(土)~27日(日)開催:秋のすこやか幼児キャンプ」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

1026日(土)~27日(日)、台風が去った秋晴れのハローウッズで
「秋のすこやか幼児キャンプ」が開催されました。

 

子どもだけのキャンプと秋の森の探険を思いっきり楽しみました!

この2日間、森の中で遊びながら、さまざまな挑戦をして、
たくさんの能力!?を手に入れてました!

 

見てください、2日間やりきった、この晴れ晴れとした表情!

子どもたちは、一体どんな能力を手に入れたのでしょうか……!?

 

挑戦の前に。まずは準備運動からスタート。

まだまだ…余裕の表情です♪

 次は、初めて会った子ども同士の共同作業。

子ども11人、スタッフ2人が寝る大きなテントをみんなで立て、

≪テントたての能力≫を手に入れました!

 

テントが立ったら、森へ探険に行くための腹ごしらえ

おうちの人が用意してくれたお弁当をもぐもぐ。

おにぎり、からあげ、卵焼き、そして果物!もぐもぐ、もぐもぐ…

 

しっかり食べたら、いよいよ探険へ出発!

探険隊の隊長「けいご」から森で遊ぶときの注意を聞いて、気合を入れました。

 

森へ入ると、いきなり目の前に岩が……‼

トカゲのように、岩をよじ登らないと進めません。腕や足の力を使って、見事クリア。

≪トカゲの能力≫を手に入れました!!

 

次は、目の前に真っ暗なトンネルが!

真っ暗な地面の中で暮らすモグラのように、せまくて暗いトンネルを通らないと進めません。

体を小さくして…見事クリア!

≪モグラの能力≫を手に入れました!

 

あ!スパイダーロープ。

今度は、クモのように、糸をうまく使って木から木へ飛び移らないと進めません。

ロープにしがみついて、見事クリア!

≪クモの能力≫を手に入れました!

 

秋は、寒い冬に向けて生きものが脂肪を蓄える季節。栄養のある食べ物が欠かせません。

ハローウッズに住むイノシシのように、腐葉土を掘ってカブトムシの幼虫探し。
まるまる太った幼虫をたくさん見つけました!

これで≪イノシシの能力≫をゲットです!

 

森の頂上に着くと、とっても高いタワーが。

18mの高さがある樹冠タワーに全員で登って、ツバメのように森を上から眺めました。

高さにビクビクしながらも無事≪ツバメの能力≫を手に入れました!

 

冬を越すとき、仲間と一緒にくっついて過ごすカメムシ。

そんなカメムシのように、せまいところにギュッと集まって……

≪カメムシの能力≫を手に入れました!

 

そして、最後の難関‼ ふだん人が歩かない、道なき道を行きます。

どんなところもスルスル通るヘビのように、倒れた木を乗り越え、
険しい斜面を進みます。

恐る恐る歩いて、なんとかクリア!

≪ヘビの能力≫を手に入れました!

 

森に住む生きものの能力をたくさん手に入れて、子どもたちも少し誇らしげです。

ここで1日目の森の探険は終了。

 

森から帰ってもまだまだ挑戦は続きます。

自分たちでご飯づくりに挑戦!

≪包丁で切る能力≫、≪火を起こす能力≫を手に入れました!



 

寝る前には、森で集めてきたくっつき虫(センダングサ)で鬼退治!

これで、夜に鬼が来る心配はなくなり、みんなぐっすり寝ることができました。

 

翌朝は、雨。

雨の森でも楽しい挑戦は続きます。

 

ミズスマシの沢に探険へお出かけ。

水生生物研究室で展示されているタガメやゲンゴロウを観察しました。

水の中の生きもののことがちょっと詳しくなったところで、実際に生きもの採りに挑戦!

慣れない網に苦戦しながらも、ミズスマシやカエル、ヤゴ(トンボの幼虫)が
たくさん採れました‼

これで、≪水辺の生きものを探せる能力≫も手に入れました!

 

2日間の挑戦を終えた子どもたち。

これで、初めに載せた晴れ晴れとした表情の理由が分かりましたね?

秋の森で手に入れた11個の能力を胸に、元気におうちに帰っていきました。

 

 

幼児キャンプでは、子どもたちの「これ、なんだろう?」「楽しそう!」「やって
みたい!」の気持ちを大切にしています。スタッフが手助けしつつ、子どもだけで
いろいろなことに挑戦できる、とっておきの2日間。体験を通して、子どもたちが
少したくましくなった気がします……。

 

 

次回の幼児キャンプは、

202037日(土)~8日(日) 「早春のすこやか幼児キャンプ」

テーマは、出発、里山探険隊!キミは、あの山に登れるか!?

1210日(火)お申し込み開始です。

 

みなさんのご参加、お待ちしています!   

しろ(田崎 ひとみ)

 

今回のキャンプスタッフ

   

すっちー(須田 滉一朗) けいご(境野 圭吾) ほいほい(矢内 歩惟) しろ(田崎 ひとみ)


 

posted at

2019-11-20

14:48:31

「10月26日開催:野遊び里山デイキャンプ」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

透き通った秋空が広がった1026日、「野遊び里山デイキャンプ」を開催いたしました。

 

今日の活動紹介が終わったら、まずは畑で収穫体験!

ハッチョウトンボの棚田に作った畑を掘り起こすと…



 

大きなサツマイモが、たくさん出てきました!

 

どろんこのイモを山からの湧き水できれいに洗ったら、お家へのお土産用に持って帰りましょう。

畑から戻ったら、今度はお昼ご飯づくり。本日のメニューは秋野菜を使った「いも煮鍋」です。

2バーナーコンロとキャンプ用お鍋を使って、日帰りなのにキャンプ気分を満喫!。

家族みんなで協力して、サトイモやこんにゃく・ゴボウなどを下ごしらえします。



 

 

あとはお鍋で煮込めば出来上がり!ほかほかのいも煮鍋が出来上がりです。

 

大人も子どももおかわりして、お鍋は空っぽ、おなかはいっぱいになりました。

 

食事の後は、秋の実りを使ったクラフト体験。今度の材料はドングリです。

今年は森の中のドングリの実りが少なめだったのですが、どんぐり広場にあるコナラやクヌギはたくさんのドングリを落としてくれたので、みんなで拾い集めて思い思いの工作を楽しみました。





 

コンセルリンクではたき火を楽しみながら、空き缶を使った「お花炭」作りも。

 

秋の実りをいろんな形で、さらにキャンプ気分も盛り込んで体験していただいた「野遊び里山デイキャンプ」。

次はぜひ、ご家族でキャンプにチャレンジしてみてくださいね。

 

ハローウッズでは、2月と3月にも「野遊び里山デイキャンプ」を開催いたします。

季節ごとの野遊びとデイキャンプを楽しみましょう!



(鈴木 利典)




今回の森あそびスタッフ
 
としさん(鈴木 利典) だーさん(和田 誠)

 

posted at

2019-11-09

17:10:17