「3月21日(木・祝)開催:第一回 水生生物キッズ研究員」レポート

カテゴリ:水生生物キッズ研究員

水生生物研究室を拠点に水生生物キッズ研究員がスタートしました。

プログラムの内容は一年(計10回)を通して水辺に生きる生きもののことを

知ってもらう事と、水生生物の展示や世話や環境作りを体験してもらう事です。

生きものに触れながら環境を知り、また生体のことを知ってもらいたいという

水生生物研究室長(奥山)の願いから始まりました。


テレビやネット社会では感じられない本物との付き合い。

これは、今の子どもたちにものすごく必要な経験になると信じています。

 

第一回目のキッズ研究員はまずは一年を通してどんなことをやるのか?

また、ここでやってみたいことなどを話し合った。



水生生物と言う枠にも関わらず、みんなはそうとう生きもののことを知っていて

専門用語なども出てくるほど。また、家でも色々な生きものを飼育していて

かなり深い話ができた。


メンバー全員には白衣が配られそれを着てフィールドに出発!



そして今日の活動はミズスマシの沢の調査です。




最初はあまりピンとしなかった白衣が、フィールドに出ると研究員らしく見えてきた。


この時期ちょうどヒキガエルの産卵時期で、親ガエルや卵を見ることができ

先に産んでいるアカガエルの卵やオタマジャクシなども観察しました。



また、この時期の周りの環境についてもどんな動植物がいるかを調査。

観察調査する中で大事なのはノート。

自分の目で観察した生きものの姿や形、状態などを事細かく文字や絵にして

ノートに収める。

ちょっとしたこと、なんでもいいので見たこと感じたことを書いてもらいました。



最後は今日調査したことの振り返り。




ここでもノートにしっかりと書き込む姿がみられました。






1回目のキッズ研究員はみんなとの顔合わせと内容の話し、どんな感じで

進めていくかを研究員とスタッフみんなでイメージして進めた内容になった。

みんな楽しそうであっという間の1日だった。


(奥山英治)



今回の研究員スタッフ

   
はかせ(奥山 英治) だーさん(和田 誠) まりっち(須甲 麻里名) よっぴ(伊藤義紀)





posted at

2019-06-28

13:53:21

「5月18日(土)~19日(日)開催:春のすこやか幼児キャンプ」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

新緑がまぶしい春のハローウッズで「春のすこやか幼児キャンプ」が
518日(土)~19日(日)に開催されました。

今回は、水辺で生きものを捕まえたり、森で面白いものや不思議なものを探したり、
初めて会うお友だちと協力してテント立てやご飯づくりに挑戦したり、盛りだくさんな
2日間でした。

 

はじめは緊張した様子の子どもたち。

スタッフと一緒に広場を走り回ったり、
植物の実を笛にして遊んだりするうちに、元気いっぱいに!

 

お昼はおうちの人の手づくり弁当を食べて、お腹も満タン!

男の子と女の子に分かれて、大きなテントを組み立てます。

「トントン、やりたーい!」

テントを地面に固定するクギ(ペグ)を打つ作業は大人気。

交代しながらトントン、トントン。
あっという間に完成!中に入って、「ここで寝る!」と場所も決めました。

 

今回のメインプログラムは探険です。

1日目は、森の探険!

「あ、なんかある!化石かなー?」

早速、不思議なものを発見。木や石で掘ってみます。シャベルも登場して、
どんどん掘り進めると…

「あ、石だー!」。

何が出るか分からない、わくわくどきどきした瞬間でした。

幼児期に、自然の中でたくさん遊んで、いろいろな体験をすることが
心と体をたくましく成長させてくれる大切なポイント。

幼児キャンプでは、子どもたちの
「これ、なんだろう?」
「楽しそう!」
「やってみたい!」
の気持ちを大切にできるようサポートをします。

 

2日目は、水辺で生きもの探し!

水アミを片手に、ハッチョウトンボの棚田を走り回って生きものを探す子どもたち。

カズが「この田んぼにオタマジャクシ、たくさんいるよ!」と声をかけると、
ハンターたちが集合。

オタマジャクシ捕獲大作戦のはじまりです!

田んぼに落ちないように、慎重に土手を降りてオタマジャクシを捕獲!

あっという間に、100匹以上捕まえました。

他の田んぼでは「ザリガニがいた!」と叫び声が。

ザリガニの周りに、われ先にと群がります。

バケツにたくさんザリガニを入れていた男の子が、「この大きいの取って…」と
悲しげな顔。

大きいザリガニが赤ちゃんザリガニをいじめるから、とのこと。

子どもたちは、捕まえるとこに夢中になるだけじゃなく、生きものをよーく見て、
自分なりに考えて接しています。

森と水辺の探険を通して、たくさんの生きものや植物とふれあうことが出来ました。

 

また、火おこしとカレー作りにもチャレンジ!

火や包丁、ピーラーは危ない道具ですが、正しい使い方を知ればとても便利です。

スタッフがサポートしながら、子どもたちが最初から最後まで頑張って作った
カレーライス。

おかわり続出のおいしい楽しい夕ご飯となりました。

今回、参加してくれた皆さん、ありがとうございました!

 

今後の予定は、

20191026日(土)~27日(日)「秋のすこやか幼児キャンプ」

202037日(土)~8日(日) 「早春のすこやか幼児キャンプ」 です。

 

みなさんのご参加、お待ちしています!   

(田崎 ひとみ)

 

今回のキャンプスタッフ

  
まりち(須甲 麻里名)  かず(永瀬 和久)  ひろにぃ(奈良 滉耶)

 
らい(野中 優)  しろ(田崎 ひとみ)

posted by ハローウッズ at

2019-06-23

10:35:10

「4月20日(土)~4月21日(日)開催:森の冒険ファミリーキャンプ~焚き火編~」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

420日(土)~421日(日)の一泊二日で「森の冒険ファミリーキャンプ
~焚き火編~」を開催しました。

森の冒険ファミリーキャンプは、電気や水道がなかったり、薪も自分たちで
集めたりしながら、森の中で2日間すごします。
そして、メインは何といっても焚き火!仲間と協力しながら自分たちで集めた薪を
使って火をおこしや野外料理に挑戦します!

 

まずは家族で協力して拠点となるテント立てに挑戦!

子どもたちも真剣な表情で取り組みます。

 

立派な拠点が完成したところで、探険に出発!

近くの水辺へ移動して、生きもの探しをしました。

ヤゴやオタマジャクシに加え、ドジョウやミズカマキリまで発見!!

都会では中々お目にかかれないいきもの達に子どもたちも興味津々でした。

                                                                    

 

帰りは焚き火に使う薪を拾いながら帰ります。

果たしてこんなに燃やしきれるのか・・・!?

 

いよいよ火付けです。勿論ライターなんて使いません!

メタルマッチの使い方を教えてもらい、火をつけようと夢中になる子どもたち。

試行錯誤の末、無事に火をつけることが出来ました!





 

そして、お楽しみの晩ごはん!!

皆で作って、ワイルドに直火で頂くごはんは一味も二味も違う!!





 

冷え込んだ夜でしたが、子どもたちが管理してくれた焚き火のおかげで
身も心もポカポカでした。

 

~次の日~

 

一晩中燃えて小さくなった焚き火に、薪を入れて火が大きくなったら、
その火を使って朝ごはん。パンを焼いたり、ウインナーや卵を茹でたり、
焼いたりと、お好みで調理して朝ごはんを楽しみました。



 

朝ごはんをお腹いっぱい楽しんだ後は、キャンプサイトから一番遠い
「ハッチョウトンボの棚田」まで探険に行きました。

まだ、田植えをしていない田んぼはオタマジャクシだらけ!

ハローウッズをぐるーーーっと一周回って焚き火の所に戻ったら、
そろそろお昼ご飯の準備の時間。最後のメニューは「焼きそば」

焚き火の上に大きな鉄板をおき、豪快につくります。

デザートも手分けして作りました!



 

そして、2日間お世話になった焚き火ともそろそろお別れ・・・。

名残惜しい気持ちの中、最後はきちんと消火します。

 

家族や仲間と協力して森のなかで暮らし、一回り逞しくなった子どもたち。

火おこしもばっちりマスターして、心なしか山を下りる背中が来た時よりも
大きく見えました。

 

ご参加いただいた方、ありがとうございました。

 

 

(野中優)

 

 

スタッフ
  

おかりょう(岡崎 遼)  かず(永瀬 和久)  らい(野中 優)



秋のプログラム募集中です!

家族で元気になれるさまざまなキャンプやプログラムを準備しています。
皆様のご参加お待ちしています!

 

 

 

posted by ハローウッズ at

2019-06-22

18:07:54

「4月14日(日)開催:~くらしにひと手間の豊かさを~木と竹のものづくり教室」

カテゴリ:プログラムレポート

春の風を感じる少し曇った日曜日、

「~くらしにひと手間の豊かさを~木と竹のものづくり教室」を開催しました。

 

講師はハローウッズの「ものづくり」アドバイザーのさん

今回は子どもイスをアレンジした座椅子を制作です。

作られるのはリピーターのご夫婦です。

 

まずは完成像をイメージしながらパーツの確認です。

穴を開ける場所ややすりで削る部分に印も付けます。

 

 

次にパーツを加工です。

かんなで大まかに削り、やすりを使い細かな部分も磨いていきます。

 

背もたれがピッタリはまる様にのみで削ります。

難しい作業は講師がサポートします。

 

徐々に形になってきました。

 

次はいよいよ組み立てです!

ドリルで下穴を開けビスで留めて固定していきます。

 

背もたれを取り付け、下穴を埋めたら

座椅子の完成です!

 

お客様も理想の作品ができて満足いただけたようです。

 

実際にご自宅でもお使いいただいている様です。

今回はご参加いただきありがとうございました。

「~くらしにひと手間の豊かさを~木と竹のものづくり教室」は

629日(日)にも開催します。

また、728日(日)と825日(日)には

「夏休み宿題応援 つくって遊ぶ木のおもちゃ」も開催します。

 

お申込みお待ちしています!

 

今回のものづくりスタッフ
 

北さん(北館 瑞彦) すっちー(須田 滉一朗)

posted by ハローウッズ at

2019-06-14

14:25:12

「4月6日~7日開催:春のはじめてファミリーキャンプ」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

4月6日(土)7日(日)の一泊二日で、「春のはじめてファミリーキャンプ」を
開催いたしました。

この「はじめてファミリーキャンプ」は、「キャンプをまだしたことがないが
やってみたい」、「自分たちで道具を揃えたいがどうしたらいいかわからない」
というご家族のキャンプデビューを応援するためのプログラムです。 

 ~・~集合・受付~・~

ハローウッズに到着したらまずはキャンプテーブルとチェアを組み立てて
自分たちの場所を作ります。キャンプ気分が少しずつ高まってきます!

~・~オリエンテーション~・~

まずは最初にスタッフのご挨拶。

2日間のスケジュールを説明します。まだみなさん緊張している様子・・・。

そこでスタッフも一緒にみんなで楽しくミニゲーム!

すっかり仲良しに♪笑顔が見えてきましたね。

~・~テント立て~・~

いよいよキャンプには欠かせないテントたて!

スタッフが道具の使い方やコツなどの話を交えながら、一緒にテントを立てていきます。

ご家族同士で協力している様子も多く見られ、

子どもたちも率先してテント張りを頑張っていました!

 <<<<< テント完成!!! >>>>> 

「できたー!」「ふう、完成だ」と皆さん達成感にあふれていました。

早速テントに入って寝袋でお昼寝している子どもたちも♪

~・~森のお散歩(1日目)~・~ 

おや、子どもたちが何かを背負っています。

これは昔ながらの道具「背負いカゴ」。

森の中をお散歩しながら、夕食つくりに必要な枝を自分たちで拾い、
背負いカゴに入れていきます。

 ~・~夕食作り(火おこし)~・~ 

みんなで拾ってきた枝で火おこし開始!

注意事項や木の選び方、木の組み方、炭の使い方などちょっとしたコツを聞いてから

それぞれの家族で実際に火おこし。

自分たちで起こした火を使って夕飯のカレーつくり。

 ~・~夕食作り~・~
ごはんは、ガスのツーバーナーを使って炊きました。

家族用のガスコンロと同じ感覚で使える上、

初めて使う方もスタッフもお手伝いするので安心♪

カレーもごはんも上手にできあがりました。

「おいしい!おいしい!」と大盛り上がり!

みんなで作って、外で食べるカレーは格別です。

 

~・~焚き火の団欒タイム~・~

夕食後は、焚き火を囲みながら星空を見て家族団らんの時間。

テントサイトは明かりが少ないので、星空がとても綺麗に見えました。

~・~2日目 朝のお散歩~・~

 「寝袋でぐっすり眠ることが出来ました!」と朝から元気な声が。

朝のハローウッズの森をお散歩しながら、樹冠タワーに登り

桜が芽吹いているのを間近で見られます。

「うわあ、きれい!」と感動の声も。

 ~・~寝袋干し~・~

 キャンプのポイントはできるだけその場で片付けていくこと。

まずは晴れているうちにみんなで寝袋干し。

湿気を吸っているから次もふかふかで使えるように天日しにします。

~・~朝食作り~・~

朝食のご飯もツーバーナーを使いました。

一日目の経験を活かして上手に炊けました。

食後にはコーヒーも♪

 ~・~森のお散歩(2日目)~・~ 

ハローウッズの森を網とカゴをもって生きもの散策。

スタッフが森の中の生きものを解説しながら採集します。

おや、何かを見つけたみたい!

~・~バーベキュー~~

 お昼は、皆さんお楽しみのバーベキューです。

バーベキューコンロをご家族ごとに一台組み立て、

一日目で体験したことを活かして火おこしをします。

二度目なので皆さん手際よく火おこし。

すぐにあちこちからBBQのいいにおいが漂いました。

 

~・~テント片付け~・~ 

お腹いっぱいご飯を食べたら、

最後の大仕事!テントを撤収します。

カビないようにきちんと乾かしたり、組み立てやすいような順番でしまったり、破損がないかどうかなど次使うときに困らないように撤収すること。

キャンプを楽しむための大切なポイントをスタッフが実演しながら説明します。

家族みんなでのキャンプ体験はいかがだったでしょうか?

このキャンプに参加してテントの立て方から撤収の仕方、

キャンプで使う基本的な道具の使い方や小枝や炭を使っての野外炊飯の仕方など

キャンプに行くにあたっての基本を知っていただき、

家族みんなでキャンプに行くきっかけになればと思います。

スタッフが実演しながら説明し、一緒に行うので

「まったくキャンプのこと知らない!」という方も安心してご参加ください♪

ご参加頂きありがとうございました。

皆様のお越しをお待ちしております。 

 

令和元年のはじめてファミリーキャンプの予定は 

夏のはじめてファミリーキャンプ 8月31日~9月1日

  

(奈良滉耶)

 

今回のキャンプスタッフ

   
トシさん(鈴木 利典)タカ(土田 崇央)まりち(須甲 麻里名)なっちゃん(奈良 滉耶)

posted by ハローウッズ at

2019-06-12

14:05:48