「11月21日(土)~23日(月)開催:チェンソー特別教育講習会2015」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

11月21日(土)~23日(月)で「チェンソー特別教育講習会2015」を行いました。

この講習会は、正式名称は「大径木伐木(チェンソー等)特別教育講習会」といい、
我流ではなかなか習得できない伐木作業をマスターできます。
今年も、株式会社スチールコベルコ教習所株式会社の協力のもと、伐木だけなく、
チェンソーのメンテナンス、法令も学ぶことができ、チェンソーを「仕事」として使用する
ことができるようになります。

が・・・

参加者の皆さんは、林業従事者ではなく、薪ストーブを使っている方や、自宅の周りの
木の手入れの為、放置された森の手入れを行う為とチェンソーの使い方をしっかり学びたい
という方ばかりでの開催となりました。

1日目は、作業の安全の確保や法令など、座学からスタートです。

基本的なチェンソーのメンテナンスの講座は実際に触れながら。

ばらしてみて初めて納得のチェンソー!

「なるほどね~」の声が挙がります。

メンテナンスの方法。

これ安全面や作業効率の面からとっても大切な作業です。

2日目からは、いよいよ実技に入っていきます。

株式会社スチールより貸していただいたチェンソー専用の防護服を着て

エンジンのかけ方、動作チェックの方法、とチェンソーを実際に使っていきます。

シールド越しの皆さんの表情は真剣です!

エンジン音が森中に響き渡ります。

倒す方向を決める受け口切り。

休憩時間は、チェンソーのメンテナンス。

ヤスリを使ってソーの目立を行います。これが出来ないとチェンソーは使えません。

練習が終ればいざ本番です!

株式会社スチールの講師の方についてもらい、足場の整地、「受け口」を作り、
「追い口」で木を倒してゆきます。全員の方に伐木を体験してもらいました。

この日気温は15℃。なのに1本倒すだけで汗びっしょりです。

今回の実習場所も急斜面で、立っているだけでも大変な場所で、
慣れない姿勢での作業とチェンソーを使うという緊張感。

汗を拭きつつも、「達成感がすごいですね!」とさわやかなコメント。

切り株を見て、受け口、追い口が適切に出来ていたかも振返りをおこないます。

 実はこれが上達の秘訣。

怪我も無く、無事に全員伐木作業を終えて終了証を頂く事ができました。

木を切る理由は人それぞれ。

ハローウッズではキャンプや、クッキングで使う燃料として木を伐っています。
そのことは森の活性のためにもなっています。

木を伐ることで、地表まで日光が届けばそれまで生えていなかった植物たちが芽を出します。
伐った切り株からは多くのCO2を吸収しながらひこばえが成長していきます。

人が木材という森の恵みをもらいながら、森の方は多くの生命(いのち)あふれるようになります。

元気な森は生命あふれる森。

たくさんの生命は、多くの刺激と気付きを与えてくれます。

今回ご参加くださいましたみなさま、3日間お疲れ様でした。

これからのチェーンソーライフ、安全第一で楽しくお過ごしください。

ありがとうございました。

山﨑智久

posted by ハローウッズ at

2015-11-30

19:51:24

森のクラフト:12月3日(木)から木のトナカイづくりがはじまるよ!

カテゴリ:お知らせ

クリスマス 木のトナカイ作りに挑戦しませんか?!

クリスマスまであと、ひと月。

少しずつクリスマスモードになってきましたね。

さて、今日は皆さんにお知らせです。

子どもたちが楽しみにしているサンタクロースを乗せてくるトナカイを木で作ろう!

というものです。

ハローウッズの森の中で育った木を使って

大きいトナカイ、中くらいのトナカイ、小さいトナカイ

大きさは自由にお選びいただけます。

ざっと作り方のプロセスをご紹介します。

スタッフと一緒に木を選び、トナカイのイメージを見立てていきます

ボディーになる気、足になる木、顔になる木…

実際に木をあてがいながらイメージを膨らませていきます。

各パーツを考えるのも面白さのひとつ。

パーツが決まったら、いよいよ組み立て。

家族みんなで楽しく挑戦!!

インパクトドライバーを使って

グググッ♪

ギリギリギリ♪

ウィーン♪

ビスをねじ込みます。

木をおさえる係、インパクトで打ち込む係…

こんなことも親子ならではの楽しみ方

楽しみながらもみんな真剣

ものづくりの楽しさがこの空間にいっぱい、いっぱい満ち溢れています

最後はトナカイの角を決めます。

枝の曲がり具合や、枝の分かれ具合、この絶妙なものをそれぞれの感性で選ばれていました

夢中になって作れる木のトナカイ。

インパクトドライバーを使ったことがない!

作れるか不安…

いろいろ心配されることもあるかもしれませんが、スタッフが参加者の皆さんひと家族ごとに
しっかりサポートさせていただくので、ご安心を!

庭に飾れる大きなトナカイからお部屋に飾れるサイズのトナカイまで、大きさはご相談に
応じます。

手作りのトナカイをぜひお楽しみください。

今年のクリスマス、ご自分の手で作ったトナカイをご自宅に飾って過ごしてみませんか?



実施期間

2015年12月3日~25日(定休日除く)

受付方法:当日受付(11:00までにインフォメーションで受付をしてください)

     基本的に参加者の希望で制作開始可能。ただし、最終制作開始時刻は14:00。

料金:小:1,000円 中:2,000円 大:3,000円

posted by ハローウッズ at

2015-11-26

21:14:31

「10月31日(土)~11月1日(日)開催:秋のすこやか幼児キャンプ」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

10月31日(土)~11月1日(日)にかけて、1泊2日で「秋のすこやか幼児キャンプ」が開催されました。

みんなで集まったのも、つかの間。早速テント立てです!

組み立てに打ち込む表情は真剣そのもの。


昼食をとった後

「探険にいきたい!」という声が多かったので今度は森の探険へ

木にハンモックをくくりつけてブランコにしたり

ロープを見つければ坂を一所懸命に登ります。もう少しでゴール!

ノコギリも持っていきました。森で採れた木は硬かったり、柔らかかったりいろいろです。うまく切れるかな。

他にも生きものを探しに、みんなで棚田も歩きました。子どもたちが興味を抱くものは様々で、
一人ひとりがそれぞれの遊びに夢中でした。

探険が終わり夕食づくりです。

包丁で野菜を切ったり

みんなで火をおこす体験をしました。

上手に火を起こさないとごはんが食べられません!

みんな真剣なにマッチと向き合います…

みんなの頑張りで火をつけることができました!


あともう少し…

みんなで作ったご飯はおいしかったかな?

夕食づくりでは、子どもたちの火に対する興味がとても印象的でした。

危ないからと触れさせないこともできますが、体験することでわかる安全があります。

火との関わり方を少しでも学んでもらえたら嬉しいと思います。

日付が変わり2日目です。2日目は快晴でした。

こんな天気のいい日には日向ぼっこ。気持ちよさそう

2日目はカブトムシの丘へ行きます。

なぞの模様を発見!(虫が木を食べた痕です)

シーソーゲーム?

「カブトムシの幼虫こわくないよ!さわれるよー」

場所は変わってみどりのぐるぐる広場へ

マツボックリがたくさん落ちていたので思わずみんな投げて遊んだり、拾ったり…

大きなバッタをゲット!

探険の他にも自分でお皿を洗ったり、歯を磨いたり、着替えたり、できることは自分で頑張りました。
家に帰っても、キャンプで頑張ったことを忘れないでもらえると私たちスタッフも嬉しいです。
2日間ありがとうございました。またの参加をお待ちしております。
(太田 智史)

今回のキャンプスタッフ

    

もっちゃん(坂本 佳哉) コタ(小瀧 綾) さと(太田 智史) さはらん(佐原 潤)

posted by ハローウッズ at

2015-11-23

16:59:21

11月8日(日)開催:木漆工芸作家 松崎 融の「木と親しむ木工講座」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

11月8日、雨足が早まり、朝からあいにくの天気でしたが木工講座が開催されました。

教室が始まる前、前回彫り上げた器に、松崎先生が漆を塗ってくださった作品

手にとって見ると・・・

「うわぁ、きれいねぇ」

部屋に声が広がります

漆を塗るとやっぱりまたそこには作品に花が咲きます。

前回、「迷走中・・・」とおっしゃっていましたが

どうやら迷走期は脱出された様子

面を削り上げて浮き出てきたラインがまた一段とおしゃれです

今回で「お盆」を彫り上げたいところ・・・

先生からも

「今日でしあがりだよね?」

なんて朝から声をかけられ、最後の一手の加え方を先生から伝授されています

前回お椀が彫りあがったので、今日は新たに小皿づくりに挑戦!

6枚作るということ

一枚先生がイメージで彫ってみると・・・

さらにイメージが膨らんだようです

彫り方をどうしたらイメージどおりになるか・・・

悩んだときには先生にアドバイスを!

すると周りの皆さんも一緒に集まります

先生の言葉に耳を傾けながら

先生の指先をじっと見つめて


「先生は簡単に削るけれど、あれをどうやって自分でやるかなのよね・・・」

なんて話をしながら

一人ひとりがじっくり取り組む時間

穏やかな時間が流れます

ちょっと冷えてきた11月の天気

寒さなんか感じない様子

「(このお盆を)持つときにさ、ちょっとここを削っているだけで、持った瞬間に指が入ると
持ちやすいんだよな・・・」

ほんの小さな気遣いを

作品の小さな場所に込めること

その、ほんの小さな削り部分が

作品に大きなぬくもりをもたらします

参加者も私も思わず納得

ノミを木槌で打って大胆に削ったり

カンナで繊細に削ったり

手道具を使うその指先に

手道具を扱って作るその先の作品

「夢中になる」

この時間こそ

日頃感じられない爽快感のようです

日頃のストレスも解消できるようです

あっという間に過ぎる時間

この日の先生から参加者へのお話

「ものを作るってさ、人に考えを聞いてるだけじゃ、つまらないんだよね・・・

 自分がどんな作品を作りたいか、自分がどんなふうにしたいか

 それを自分の頭で考えて作らないと、ちっとも楽しくない。

 ものを作るには、まず、自分がどう作りたいかを言葉で言えなきゃ…」

先生のお話は続きましたが、

作りたいものがあるということは、日頃から自分の生活の中で、

実際に物に触れながら、その感触を感じているか、ということ

それがあるから、自分で作るときに

「このお皿に〇〇を乗せて出そう」

など、相手を思いやる気持ちが生まれるのだと思いました

ものづくりの奥深さ

先生の言葉から、またひとつ伝えられたのだと思います

木工講座は月に1回開催されています。

いつでもご自由にのぞいていただけます。

ノミなどを使ったことがない方、ぜひ、体験にいらしてください

こればかりは、実際に自分で削ってみることで楽しさを体感できるのだと思います

次回はの松崎融の「木と親しむ木工講座」は12月13日(日)です。

ぜひ、ご参加をお待ちしております。

(小瀧 綾)



今回のものづくりスタッフ

講師:松﨑 融(まつざき とおる)

松崎融(まつざき とおる)


プロフィール

1944年 東京生まれ
茂木町在住 木漆工芸作家 国画会工芸部監査委員長
国画会とは : 創立精神である「創作の自由」をモットーに活動する総合美術団体。
毎年春に開催される「国展」は、同団体が開催する。

“一木をくりぬき、漆の着物を着せていく”これが私の仕事です。技術は出来るだけシンプルに、そしてその分自分の思いを沢山込めたそんな仕事をしたいと思います。 漆芸は、長い歴史の中で、現在の様に美しさを極めてきましたが、その一方で、漆本来の強さは忘れられてしまっています。 酸やアルカリに腐蝕しない強さ、長く土中にあっても残っているほどの強鞭さ、私はその強さを前面に出した仕事をしていきたいと思います。
形の美しさを求め、それに強くて美しい衣を着せ、更に人が使うことによって、より一層美しく艶やかになっていく器。力強さの中にも品格を合わせ持つ事、それが私の目標です。

スタッフ

コタ (小瀧 綾)   

posted by ハローウッズ at

2015-11-16

14:16:01

「10月31日(土)~11月1日(日)開催: 秋のガキ大将ファミリーキャンプ~鮭の遡上観察カヌーツアー編~」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

10月31日(土)~11月1日(日)、1泊2日で

「秋のガキ大将ファミリーキャンプ~鮭の遡上観察カヌーツアー編~」が開催されました。

ツインリンクもてぎのすぐ近くを流れる那珂川で、

2日間カヌーを満喫します。

1日目、

地上で、説明を聞いたら、那珂川本流の脇にある水の流れのない「わんど」へ入って練習!

みなさんすぐに上達!明日のツーリングが楽しみですね。

(この日は写真がなくてごめんなさい…)

夜は、スタート地点である那珂川大瀬の河原へ移動して、

キャンプを楽しみます。

夕食のメニューは、

たくさんの野菜と共に蒸し焼きにした「特大!鮭のチャンチャン焼き」

里山のごちそう「けんちん汁」

茂木の新米「炊きたてご飯 ~新鮮なイクラをのせて~」!!

大人向けに「きのことベーコンのアヒージョ」も…

みんなでつくったから美味しいのはもちろん、

大きな自然につつまれて食事できるから、美味しいのかもしれません。

いちばんは、

一緒に過ごす仲間がいて、にぎやかな会話と笑顔があってこそ

美味しいんですよね。

はじめて会う方も、

鼻水たらしてちっちゃかった頃から何度も遊びに来てくださっている方も、

たくさんお話ができて楽しい時間になりました。

夜遅くには、満天の星空に…明日のツーリングは良い天気になりそうです。

2日目、気持ちいい秋晴れとなりました!

朝食後、キャンプ地を片づけて、カヌーツーリングへ出発です。

きれいな空と川沿いの木々の紅葉にうっとりしながら、

沈しないように慎重にカヌーをコントロール。

「ぼくは、2人乗りだよ~、楽ちん~、きもちいい~」

いい笑顔!

この時期の那珂川には、鮭が遡上し始めています。

力強く遡る鮭、役目を果たしたのかよろよろと遡る鮭、、力尽きて横たわる鮭…

それをいただこうと、たくさんのトビたちも集まります。

鮭が遡上をはじめると、川はこの時期独特のにおいがしはじめます。

鮭たちが、海から持ち帰るにおいでもあり、

おそらく力尽きた鮭の腐敗臭…。

自然の中で生きる、鮭たちの野生のにおいなんでしょうね。

いろいろな説がありますが、

鮭は、生まれた川のにおいを記憶し生まれた川に帰ってくるのだと言われています。

那珂川のにおいは、代々受け継がれた鮭たちのにおいと、

周辺の自然に暮らす他の野生動物たちのにおい、

人々のにおい、暮らしのにおい、

畑や田んぼ、山々のにおい、

いろいろなにおいがすべて恵みの雨と共に川に注がれて那珂川のにおいになります。

この秋、産卵した鮭の卵は年内に孵化し、

春までは母親がつくった産卵床で過ごし、その後川を下り海へ旅立ちます。

帰ってくるのは、5年か6年先です。

那珂川らしいにおいを大切にしながら、暮らしていきたいですね。

今回、参加してくださったみなさん、

2日間のんびりゆったり楽しんでいただけましたか?

また、みなさんにお会いできる日を楽しみにしています。

素敵なキャンプをありがとうございました。

さて、ハローウッズでは、寒くなる冬にもキャンプを企画しています。

心も体もあたたかく~、みんなで過ごすのが心地いい~

12月31日(木)~1月3日(日)みんなで過ごすゆく年くる年キャンプが開催されます。

今年でなんと!10年目を迎えます!スタッフ総出で、盛り上げます!!

一年のはじまりを、大勢でにぎやかに過ごします。

みんなで遊んで、みんなでつくって食べて、とにかくワイワイ大騒ぎします。

みなさんのお越しを、心よりお待ちしています。

(鈴木 瑞穂)

今回のキャンプスタッフ

  

りゅうさん(﨑野 隆一郎) すーさん(鈴木 瑞穂)  はるさん(籠尾 義治)

posted by ハローウッズ at

2015-11-10

10:07:02

「10月24日(土)~25日(日)開催:秋のはじめてファミリーキャンプ」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

10月24日から1泊2日で「秋のはじめてファミリーキャンプ」が
過ごしやすくなった秋の気候のもと、開催されました!

家族でキャンプに挑戦です!

店頭に並ぶキャンプグッズは多種多様ですが、ハローウッズで用意できる道具をいろいろ使ってみました。

セッティングは家族で協力です。コンパクトにたためて持ち運びが楽なのが特徴。

メイン会場となるビッグタープはみんなで立てました。ロープの方向は?ペグの位置は?

何事も挑戦です。

「せーの!」

さっそく子どもたちの遊び場に変身です。

お父さんたちの苦労もこれで報われる!?

続いてテント立て。家族それぞれの協力が光ります。

調理でも出てくるキャンプ道具。

ちゃちゃっと準備できるツーバーナーや、

炭火に豪快に乗っけられるダッチオーブン。

今回作ったメニューはカレーにパンにポトフ。

ご飯はお鍋で炊きました。

煮込んだり炊きあがるのを待つ間もキャンプならではの非日常なゆとりの時間。

みなさんお味の方はいかがだったでしょうか?

夜はキャンプの魅力の1つの焚き火で温まりました。

火に触れる機会が少なくなった今の子どもたちにとって、焚き火はどのように感じたのかな。

日中はみんなで森にも探険に行きました。

実りの秋の森はいろんな植物の種が見付かって、風に乗せて遊んでみました。

風で種を飛ばしたり動物に運んでもらったりと、植物たちの知恵に感心。

道具が多いと楽しいキャンプですが、持ち運びは大変。
いかに少ない中で楽しめるか工夫することもキャンプの醍醐味です。
今回の参加者も、ご家族なりの楽しみを見つけてそれぞれステキでアウトドアな時間を
これから過ごしていただけることを祈っています。

※各季節ではじめてキャンプシリーズは開催していますが、12月19日~20日は
生きもの探険キャンプがあります。

意外なところにですごしている生きものたちを森の中で探してみませんか?
モコモコの寝袋など、冬のキャンプも快適です!

(山﨑 智久)



今回のキャンプスタッフ

   

ザッキー(山﨑 智久) だーさん(和田 誠)  すーさん(鈴木 瑞穂)  タカハン(高橋 廉)

posted by ハローウッズ at

2015-11-04

07:36:09

紅葉と枯葉が混じる樹冠です。

カテゴリ:ハローウッズの森から

今日は朝からドシャ降りでした。



冷たい雨が、葉っぱの色づきを濃くしているように感じました。


樹冠タワーに上ってみると紅葉の進み具合は木々によって様々。っというのがわかります。
上の方から進んでいるようですが、下の方でもピンポイントで鮮やかに色づく枝葉。
スポット的に日当たりが良かったのかもしれません。


葉っぱ一枚一枚の働く量はだいたいきまっている様で、仕事が終わるとお先に失礼っと
いった具合に紅葉が進むのでしょう。



木の葉を見ていると、真っ茶になってすでに枯葉状態のものも多数ありました。


よくみるとほとんどがドングリの帽子付きのコナラの葉。


おそらくハイイロチョッキリが落としそびれたもの。
(ドングリに卵を産み枝を噛み切るハイイロチョッキリ)


地面に落とせた青いどんぐりの数も相当数ありましたが、失敗した数もかなりあるようです。
(9月上旬の森はハイイロチョッキリが落とした葉っぱ付きのドングリがたくさん)

落としたと思ったら、首の皮一枚で、落ち切らなかったのでしょうけど、
その部分をもうちょっとだけかじれば落ちるだろうに、そこまではしない・・・のかな?
何か理由はあるのでしょうけど。
だーさん(和田 誠)
posted by ハローウッズ at

2015-11-02

17:50:50