「ダッチオーブンでつくるスタッフドチキンとポテトツリー」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

「ダッチオーブンでつくるスタッフドチキンとポテトツリー」を12月13日と14日に開催しました。

笑顔あふれるアウトドアクッキングでした!



どんぐりの木からできた炭で火おこし

大きく太った丸どり

恐るおそる触る手・・・真剣なまなざし・・・

ワクワク、どきどきの連続!?

会話もはずみ、みんなでで楽しく調理できました!

そしてこんがり焼けたスタッフドチキンと

それぞれかわいいポテトツリーが完成!

「いっただっきま~~~す!!」

食事の後は晴れた冬の森で落ち葉あそび。

たくさん食べてたくさん遊んだ一足早い楽しいクリスマス会となりました。

クリスマスにチキンを食べることが日本の文化として定着していますが、
なにより、家族で楽しくクリスマスを過ごすということが素晴らしいことですね。

こんどはお正月を楽しく家族で過ごしてください!

(和田 誠)

今回のクッキングスタッフ

だーさん(和田 誠) タカハン(高橋 廉) ザッキー(山崎 智久)



1月17日.18日には「冬の森散歩とたき火カフェ」を開催します。

たき火を囲むと心も体もポッカポカですよ!


posted by ハローウッズ at

2014-12-29

07:17:13

「冬のすこやか幼児キャンプ」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

12月6日~7日

「冬のすこやか幼児キャンプ」が開催されました!

天気は晴れ!ですが、とってもさむ~い!

どんぐり広場は霜が降りて真っ白です。

みんなが揃ったら、さっそく外であそびます!

キャンプといえば、テント!

あれやりたい!これやりたい!大きなテントにワクワクしながらたてます。

このテントは、とってもおおきいので、

今回参加した9人と大人が全員入れるんです!楽しい~!!

さぁ!今度は森へ探険に出発です。

道をどんどん進み、なんだかおもしろそうな斜面を見つけて、

登ってみました!

すべったり、転んだり…、木につかまって、がんばってー。

この時期の森の中は、落ち葉だらけ!

たくさんの落ち葉を集めてつくった山の中に、飛び込んで、もぐって遊びました。

たくさん遊んだ後は夕食づくりです。

自分たちで食材を切り、火起こしをして、ちょっと大変。

でも、遊んでいた時とは違う表情で、みんな一生懸命です。

みんなでつくったのはクリームシチュー!いっただっきまーす!

そして、暗くて静かな夜がやってきて、

たくさん遊んで少し疲れたみんなは、自分で着替え、

明日の準備をして…、テントの中で休みますzzz

そして朝!今日もみんな元気いっぱいです!

「わー!逃げろー!」

大騒ぎしながら、森の中で鬼ごっこ。

大きな自然のなかで、思い切りかけまわって、

森の中は、みんなの大騒ぎする声が響いていました。

急な坂をよじ登ったり、落ち葉で遊んだり、

お気に入りの木の枝を見つけたり、

ハローウッズの森を、めいっぱい楽しめたのではないでしょうか?

よく遊んで!

よく食べて!

よく寝て!

静かな冬の森の中からにぎやかな笑い声が聞こえてくる2日間でした。

参加者のみなさん、楽しいキャンプをありがとうございました。

少しずつ成長して大きくなっていくみんなと、またいつか、

一緒にキャンプで遊べる日を楽しみにしています。

さて、次回のすこやか幼児キャンプは、

3月14日(土)~15日(日)

早春のすこやか幼児キャンプ」です。

ハイキングに山登り!少し大きな体験に挑戦します。

元気いっぱいなみなさんの参加お待ちしてます!

(坂本 佳哉)

今回のキャンプスタッフ

すーさん(鈴木 瑞穂) ザッキー(山崎 智久) タッキー(瀧田 貴治) もっちゃん(坂本 佳哉)

posted by ハローウッズ at

2014-12-26

13:51:21

「生きもの探険ファミリーキャンプ~冬越しする生きもの編」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

11月29日~30日、「生きもの探険ファミリーキャンプ~冬越しする生きもの編」が
開催されました。

初日から雨とちょっと残念な始まりとなってしまいましたが、

この二日間でたくさんの生きものを見つけ、観察することができました。

こんな場所や土の中にいる生きものたちを探しました。

思いっきり探した後はさっそく観察。

こんな大きい顕微鏡を使って生きものを観察します。

見たことのない生きものたちにみんな興味津々でした。

今回見つけた生きものたちは

ミヤマクワガタ 成虫

コクワガタ 成虫

コクワガタ 幼虫

カブトムシ 幼虫

シロアリ

ウスバカミキリ 幼虫

キマワリ 幼虫

クロシタアオイラガ 幼虫

オンブバッタ

コカマキリ

ヒシバッタ

キマダラミヤマカミキリ

トビヒシバッタ

タイコウチ

サワガニ

シロオビアワフキ

オオスズメバチ

ナミテントウ

アオイロトンボ

ヒゲシロハサミムシ

カマドウマ

トビナナフシ

クヌギカメムシ 卵

ヤマナメクジ

オニヤンマ 幼虫

ギンヤンマ 幼虫

オカダンゴムシ

トビムシ

ニホンヒメフナムシ

フユシャク 幼虫

モエギザトウムシ

ヤマトフキバッタ

ワラジムシ

ハグロケバエ などなど

計30種類以上の生きものを見つけられました!

「今回、初めて虫に触られるようになった、」

「より生きものたちに興味が持てた」

とみなさんの感想は様々・・・。

是非この体験を忘れずに、またハローウッズに遊びに来てください。

最後に、自称ハローウッズで一番虫に詳しいタカハンの冬の虫の探し方です

こうすると葉っぱの下にいる虫が見つけられるようです。

試してみてください!

次回3月7日~8日に

生きもの探険ファミリーキャンプ~掘って割って探す編~」が開催されます。

みなさんのご参加をお待ちしております!

(瀧田 貴治)

今回のキャンプスタッフ

  

えいじん(奥山 英治) すーさん(鈴木 瑞穂) ザッキー(山崎 智久)

 

タカハン(高橋 廉) タッキー(瀧田 貴治)



※今回参加のお客様の声はこちらです。

posted by ハローウッズ at

2014-12-22

13:38:39

「おくやまひさしの森の工作教室~冬~」レポート 

カテゴリ:プログラムレポート

「おくやまひさし」の森の工作教室~冬~が、12月6(土)、7日(日)に開催されました!
12月に入ってから、北風が吹き荒れる日が続いていましたが、

お天気に恵まれて、冬の寒さも少し和らいだ中での開催となりました。

このプログラムは、森の生きものの観察や自然素材をつかった工作の達人
「おくやまひさし」さんに、身近な自然の楽しみ方を学ぶシリーズプログラムで、
今回は今年最後の第5回目。

今回の工作の題材は、クリスマスリース、凧、羽子板、羽子板の羽、
アケビのつるのカゴの5種類。
午前中は冬の森を探険しながら、午後の工作の材料集めに出発♪

森にでかけると、さっそく霜柱を発見!

よく足元を見ていると葉っぱも凍っていました。寒いわけだ…

寒いけれど、好奇心いっぱい!
どのくらい冷たいのか、触って確かめます。

他にも寒さでこんなものも凍ってカッチカチ

寒さ対策に毛がもしゃもしゃ生えている昆虫(ツチイナゴ)も日光浴中

大きなキカラスウリは工作の材料に?

材料を探していると、いつもよりもさらに森を歩くのが楽しい。
楽しくて、全然歩く距離が進まない!



それに落ちたばかりの落ち葉がふかふかな森。そんな森を歩くのも、今の時期ならでは。


ふかふかの落ち葉の山を見つけたら、飛び込みたくなる気持ちもわかる、わかる。

材料も集まり、みなさん冬の森を満喫できた様子でした

帰ってきて荷物を置いてみると…

材料がいっぱい!

お昼休憩を取った後は、工作へ!スタッフで集めておいたアケビのツル山から、
使いたいものをまずは見つけるところからスタート。

見つけたツルを輪にしてリースの土台に。

土台ができたら森で採ってきた材料で飾り付け。

かご編みは少しコツがいるので、おくやまひさしさんの
お手本をまずはみんなで観察。

交互にツルを置き

足で抑えながら、編んでいきます。

単純ですが、根気が必要な作業で、みなさん表情がとっても真剣

ツルだけじゃなく、子供さんには凧と羽子板づくりも人気でした

イカ凧完成!

プログラムの最後に完成した作品の発表会。

みなさんお気に入りの作品ができて、「よかった」とスタッフもホッとしながら
発表を聞けました。

中には、「うまくいかなかった」と言っていた方もいましたが、でも、
それがクラフトの楽しみ。

次はうまくいくかな、と自分の思い描くものを何回もつくっていくと毎回毎回理想に
近くなっていく。ぜひ、今回覚えた作り方を何度も何度もやっていってもらいたいなと
思います。

今年のハローウッズのものづくりプログラムは今回が最後でしたが、来年は
もっともっと、沢山の方に自然素材を使ったものづくりを手軽に楽しんで
いただけるようなプログラムを只今企画中です!

みなさん、2015年もプログラムのご参加をお待ちしております♪

(飯村祥子)

今回の講師とスタッフ

 

講師:ひさしさん(おくやまひさし) スタッフ:ぱん(飯村 祥子)

森のクラフト毎日開催中です!

posted by ハローウッズ at

2014-12-19

07:16:23

お客様の声いただきました!(冬キャンプ)

カテゴリ:お客様の声

冬のキャンプに参加されたお客様の声うまい顔

11月29日(土)~11月30日(日)、季節ごとにシリーズ開催している

「いきもの探険ファミリーキャンプ」の冬版!

「~冬越しする生きもの編~」に参加されたご家族様の声を紹介します。

このキャンプの紹介

「いきもの探険ファミリーキャンプ」は親子でテントを立てたり、食事をつくったり、
ものをつくり上げたりなどコミュニケーションの場としてのキャンプと、
ハローウッズの里山の自然を活かし、かつての里山での生活を体験しながら
自然とふれあい、生きものたちとの出会いを通して、
自然に対する好奇心やしなやかな感性を育み、人と自然が「共生」していく
ということについてソウゾウ(創造・想像…)できる力を持ってもらいたい
という思いで、年間を通して開催しています!

そしてシリーズ通して日本野生生物研究所の奥山英治さんを招き
、冬の生きものの面白さや不思議を発見するとっても楽しいキャンプです。

参加されたお客様にはどんなが声あったのでしょうか。


このキャンプに参加した理由はなんですか?



渡辺様ファミリー

「プログラムが充実しているし、施設もきれい!」

「スタッフの方が親切です。」



草野様ファミリー

「いきものの種類が豊富で詳しく説明してくれる
のでとても勉強になります」



伊藤様ファミリー

「友だちに誘われて楽しそうだったので参加しました!」




キャンプに楽しみにしていることはなんですか?



岩田様ファミリー

「自然とふれあうこと、そして日頃見ることができない星を
見てみたいです。」

「テントで寝るのも楽しみです!」



守富様ファミリー

「生きものを探せるのが楽しみです!」



住谷様ファミリー

「料理づくりと自然体験が楽しみです!」



野村様ファミリー

「バーベキューと森と水辺の探険です!」



キャンプを通して印象に残ったことをお聞かせください。

「カブトムシとクワガタの幼虫を見つける事ができたこと。
成虫まで育ててみたいと思っていたので良かったです」



「土を掘り返して出てきたカブトムシの幼虫や
ハエの幼虫の群れがビックリしました!」



「奥山博士と一緒に虫を見たこと。
自然のこと教えてくれたことです!」


「テントを建てるのが楽しかったです!」


「BBQがあったり、自然と触れ合うことができたこと」

他にも

「一日目は雨でしたが雨の日ならではの良さもあり、
雨の音の中たくさんの虫を見ることが出来て良かったです。」

「雨でも寒くても施設やキャンプ道具が
しっかりしているので安心できました!」

など、たくさんの声をいただきありがとうございました!



ハローウッズでは季節ごとに、家族で楽しい

様々な自然体験プログラムを開催しています。

皆様のお越しをお待ちしていまーす!うまい顔

posted by ハローウッズ at

2014-12-16

07:37:04

人間界ではね

カテゴリ:ハローウッズの森から

朔風吹く中でも野鳥はふっくらと、余裕と落ち着きが感じられる。

動きも機敏だ。寒さに耐える羽毛はヒト社会でも恩恵を受けている。

そして、手を翼に変えた進化は、すなわち足の進化。

その足技は、まさに至妙の芸。

手のように足を使えたらどんなに便利な生活になるだろうか。

だが、行儀が悪いと叱られるに違いない・・・・  残念!

だーさん(和田 誠)

posted by ハローウッズ at

2014-12-12

17:08:06

まだまだ長い冬ですが・・・

カテゴリ:ハローウッズの森から


冷え込む朝が続いています。

霜に氷・・・

「キ----ン」とは聞こえませんが、そんな感じで止まってしまったような森。


それでも陽が昇ってくると、キラキラ輝きとともに
じわじわと動き出します。

冷たい中にも生きてる生命(いのち)です。


早くも春が待ち遠しい。


だーさん(和田 誠)



posted by ハローウッズ at

2014-12-09

16:22:59
        次のページへ>>