「3月22日(日)開催:第十回(最終回)水生生物KIDS研究員」レポート

カテゴリ:水生生物キッズ研究員

キッズ研究員最後の回です。


この一年間で見てきた、感じてきたことを

自分なりにまとめ発表してもらう発表会。

メンバーは各自いろんな形でまとめてきていた。

グラフを作ってきた子や生きものの絵を細かく描いてきた子。

クイズ方式でまとめてきた子や大きな紙に何枚もまとめてきた子など

形は色々。先に感想を言うと、ものすごくちゃんとまとめてきた!

普段のメンバーの行動や態度からこんな素敵な発表会は想像もつかなかった。

よくまとめていて感動しました。














1回目~3回目あたりまでは、ノートもあまり本気で書いている雰囲気もなく

おいおい大丈夫かと思っていたが、みんなそれなりに書いていたなんて

私もまだまだ観察力が足ら無いなと思いました。

見たものを書き留めるは意外と難しいが、観察には絶対で、

そのときはどうあれ、後で大変貴重なデーターになるものです。

私は野遊びは教わるものではなく、遊びでただ本気で遊んでもらいたいので

こうしてノートを与え自由にその日見たものを自分なりに記入させていた。

物事何かに夢中になるというのは、子どもの時が一番多く、ありとあらゆるものに

興味を持ち夢中になる。その中でずっと続けられるものが出てくると

大人になっても続けていたりするもので、それを強制するものではないと思っている。

好きなことを見つけてとことん進んで欲しい。子どもの時期のいろいろな興味や

好奇心は大人になる過程でものすごく重要で、それを大人はできるだけ手を出さず、

サポートしてあげて欲しい。決して潰してはいけないと私は思います。

まだこの先、いろいろな興味や好奇心が出てくると思います。自分で感じて見つけて

進んで欲しいものです。本やテレビで知ったり気になったらそれを参考に

自分なりに追い詰めて見てほしい、それが事実なのか?疑ってかかって欲しい。

そこで、はじめて実験または研究につながっていきます。人の言うことを鵜呑みにせず

自分で確認するように深く知ってもらいたいです。

 

今回発表会の後にキッズ研究員のみんなが作ってくれたミズスマシの沢の池に

様子も見に出かけ、アカガエルの卵やおたまじゃくしを観察した。

みんなが掘ってくれた池にはしっかりと水が流れ込み溜まっています。

そしてカエルの産卵時期にも間に合い、見事にアカガエルが卵を産みに来てくれた。

これは、意外とすごいことで、放っておいたらアカガエルが産卵できる環境では

なかったですが、冬に泥だらけになって池造りを行ったからこそです。

今後も池の様子やカエルの成長などを見に来てもらいたいものです。

お昼休憩を挟んで棚田に出かけた。棚田ではたくさんのアカガエルの卵を前回

調査してくれているのでその経過を見てもらった。おたまじゃくしが沢山いたり、

まだ卵があったり遊びながらも観察をした。











最後にみんなに見てもらいたいスライドショーを見てもらった。

最初はみんなで過ごしたこの一年を音楽とともに流し、笑えるものがあったり

生きものが出てきたりと楽しく見てもらった。次に私が大学の授業でも見せている

田んぼの生きものとお米のスライドを見てもらった。


思うところがうまく伝わったかはわからないが、きっと心に残っていると信じています。

答えは難しいですが、生きもののための田んぼか、お米のための田んぼなのか

田んぼを見て観察して生きものに触れて考えて欲しいです。

この一年間本当にありがとうございました。

私もスタッフ一同楽しくまたいろいろと参考になりました。失敗したところは今後の

課題として進歩させていきます。

最後に、遊びたい、行きたいと言う人は沢山います。しかし、なかなか連れ出して

くれる親はいません。ここへ連れてきてくれているお父さんお母さんに感謝して

ください。ほんとありがとうございました。おつかれさまでした。

(奥山 英治)



キッズ研究員スタッフ
    
はかせ(奥山 英治)DA(和田 誠) よっぴ(伊藤 義紀)らい(野中 優)

   

ほい(矢内 歩惟)としさん(鈴木 利典)けーご(境野 圭吾)だいちゃん(斉藤 大貴) 


まりち(須甲 麻里名)

Yahoo!ブックマークに登録

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をクリップ!

posted by ハローウッズ at

2020-04-04

13:42:02