「1月19日開催:第八回 水生生物KIDS研究員」レポート

カテゴリ:水生生物キッズ研究員

第八回 水生生物キッズ研究員 2020年スタートだ。

残り後今回を入れて3回、そろそろ研究員メンバーが
今までやってきたことを少しずつまとめてもらおうと
午前中は、1回目から7回目までの調査をしたその時に
見つかった生きものを書き出し調査結果をまとめた。

今までまじめにノートを取っていたかが重要だ。

中には、全くノートを取っていない子や、何を書いたのか
わからないような走り書きなど個人個人さまざまだ。


書き留めることの重要さを話し今後の学生生活に役立ててもらいたい。

今回のまとめで思ったことは、みんな好きで参加しているので
そうなのかもしれないが、生きものの名前、特徴など、
ほんとよく知っていて博士の子どもの頃と比べると
かなり進んだ研究員メンバーだと思った。

このまま、素直に生きものを好きでいてくれたらほんと嬉しい。

調査の場所はハッチョウトンボの棚田とミズスマシの沢の2箇所だが
田んぼと沢の違いが出ていてなかなかいい調査となった。


午後は、ミズスマシの沢の池の沈殿した泥を書き出し
元の深さに戻す「池掘り」をしてもらった。

あまり履くことのなかったバガ長に履き替え、ミズスマシの沢に集まった。

池の広さ深さどのように作業するのかまた、寝ている生き物もいるので
それを救い出すようにと説明をし2つのグループに分かれ、2つの池を
整備してもらった。

シャベルで溜まった土を掘りなら、掘った土を土手にする。

水を含んだ土は形にもならずなにより重く力仕事となった。
出来るだけ疲れずに交代交代に作業するように、のんびりと
進めようと最初にみんなに話したが、始まってみると
みんなとても真面目で、ズルをするメンバーは1人もいなく、
みんなドロドロになりながら作業をしていた。




キッズメンバーのおかげでイノシシや土砂降りの雨が流した土一年分が
綺麗に整備され池が池らしく復活した。

この作業で水の中で越冬していたのは、ヤマアカガエル・
トウキョウダルマガエル・ウシガエル・ギンヤンマヤゴ
・サワガニ・アカハライモリ。

この整備で、2月後半アカガエルが産卵に来てくれることを期待して
今回のプログラムは終了した。

(奥山英治)



今回の研究員スタッフ
   


はかせ(奥山 英治) だーさん(和田 誠) ほい(矢内 歩惟) よっぴ(伊藤 義紀)

Yahoo!ブックマークに登録

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をクリップ!

posted by ハローウッズ at

2020-01-31

10:27:19