「12月29日(日)開催:第七回 水生生物KIDS研究員」レポート

カテゴリ:水生生物キッズ研究員

12月、今年最後の水生生物キッズ研究員。


午前中に前回自分たちで作った水槽をメンテナンス。
ガラスの汚れや水の汚れなどチェック。




また生き物はちゃんと生きているのかも確認。各自直したり、掃除したり
水を替えたりと自分の水槽と意識を持ってくれているようだ。




昼食後はバガ長を履きハッチョウトンボの棚田で冬の生き物調査をした。
霜が降りるほどの寒さの中で田んぼの生き物は冬にどう暮らしているのか?



みんなで網を持ち探してもらった。


水生昆虫は小さなゲンゴロウの仲間ややご類が見つかり、アメリカザリガニや
サワガニ・ヨシノボリなどが他にも見つかった。

暖かい季節とは何が違うのかなど前回の調査との差や冬はどうしてるのかなどを
観察しながらノートに書き留めてもらった。

網を持って探したり捕まえたりの作業はもう一人前で教えることはないが、
まだまだ雑で、身体中がドロドロになってるメンバーや足が抜けなくなったりと
まだハプニングは多い。スタッフも巻き添えに・・・


ま~こういうことがあるから面白く採集ができるのではあるが、回数を重ねることで
だんだん雑さがなくなっていくと思う。

毎回必ずノートを取るようにしているが、そろそろそのノートをなんとなくまとめて
もらい、自分流に研究発表をしてもらう告知をした。

あと3回のキッズ研究の中で最後にこのプログラムでわかったことや観察で知ったこと
など自己流でいいので5分程度にまとめてもらう宿題を出した。真面目に書いている子も
いれば、何書いたかわかんない子までさまざま。楽しい発表が見られること間違いなし。
楽しみだ。


今回の研究員スタッフ
      

はかせ(奥山 英治) だーさん(和田 誠) らい(野中 優) よっぴ(伊藤 義紀)

Yahoo!ブックマークに登録

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をクリップ!

posted at

2020-01-11

17:58:59