「6月2日(日)開催:第三回 水生生物キッズ研究員」レポート

カテゴリ:水生生物キッズ研究員

6月2日(日)に3回目の水生生物研究キッズを開催しました。

今回はいよいよ本格的な田んぼの生き物調査。

午前中は、ハッチョウトンボの棚田のヤゴを中心とした水生生物調査。午後には、少し離れた場所にあるカタクリの沢の沢の調査を実施しました。

すでに羽化して飛んでいるトンボが、シオヤトンボや
シオカラトンボ・オオシオカラトンボなど。

成虫を捕まえ何トンボか調べすかさず観察ノートに記入。


田植えをしている田んぼと、減反し水だけが貼られている田んぼ。
共にオタマジャクシやこれから羽化するヤゴ類が多く見つかった。

普段田んぼは、中に入り込めないが、水の貼られた減反田んぼへは稲がないので、
入り込むことができ、ドロドロになりながら生きものを探すキッズ研究員。


田んぼ周辺で育つトンボのほとんどのヤゴやトンボを観察することができました。








また、ここでは、ありがたくないアメリカザリガニがたくさん採れて、研究室の
ゲンゴロウやタガメ・ヤゴなどの餌に役に立せた。

みんなで昼を田んぼで食べて、いよいよ午後はカタクリの沢へ。


沢では、大型になるトンボのヤゴやカワニナ、ホトケドジョウなどを観察。

中でも、オニヤンマのヤゴやコオニヤンマ・オオヤマトンボなどは、みんな大興奮。


顎の働きの説明や、なぜこんな所に住むのかなど教え知ってもらった。

博士の思いは、自分の目で見て、触って・感じることを記憶してほしい観察で、
キッズ研究員メンバーは捕まえた生きものたちは、各々観察ノートに自分なりに
文字と絵で記入。

例え書いたことを忘れてしまっても、自分の手で捕まえていじくりまわしたことは、
きっと忘れないで頭の中に残ることで、このような遊びながら覚えるはとても大事な
体験でもあります。読んだり、モニターで観たりは、頭の中から飛んでいってしまいます。

今回は田んぼと山にある小さな沢での生きもの調査でした。

天気も良く楽しく遊べました。


(奥山 英治)


今回の研究員スタッフ
    

はかせ(奥山 英治)だーさん(和田 誠)まりっち(須甲麻里名)

らい(野中 優)よっぴぃ(伊藤 義紀)

ハローウッズの冬の予約プログラム受付中です!

Yahoo!ブックマークに登録

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をクリップ!

posted at

2019-10-22

15:34:52