「4月20日(土)~4月21日(日)開催:森の冒険ファミリーキャンプ~焚き火編~」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

420日(土)~421日(日)の一泊二日で「森の冒険ファミリーキャンプ
~焚き火編~」を開催しました。

森の冒険ファミリーキャンプは、電気や水道がなかったり、薪も自分たちで
集めたりしながら、森の中で2日間すごします。
そして、メインは何といっても焚き火!仲間と協力しながら自分たちで集めた薪を
使って火をおこしや野外料理に挑戦します!

 

まずは家族で協力して拠点となるテント立てに挑戦!

子どもたちも真剣な表情で取り組みます。

 

立派な拠点が完成したところで、探険に出発!

近くの水辺へ移動して、生きもの探しをしました。

ヤゴやオタマジャクシに加え、ドジョウやミズカマキリまで発見!!

都会では中々お目にかかれないいきもの達に子どもたちも興味津々でした。

                                                                    

 

帰りは焚き火に使う薪を拾いながら帰ります。

果たしてこんなに燃やしきれるのか・・・!?

 

いよいよ火付けです。勿論ライターなんて使いません!

メタルマッチの使い方を教えてもらい、火をつけようと夢中になる子どもたち。

試行錯誤の末、無事に火をつけることが出来ました!





 

そして、お楽しみの晩ごはん!!

皆で作って、ワイルドに直火で頂くごはんは一味も二味も違う!!





 

冷え込んだ夜でしたが、子どもたちが管理してくれた焚き火のおかげで
身も心もポカポカでした。

 

~次の日~

 

一晩中燃えて小さくなった焚き火に、薪を入れて火が大きくなったら、
その火を使って朝ごはん。パンを焼いたり、ウインナーや卵を茹でたり、
焼いたりと、お好みで調理して朝ごはんを楽しみました。



 

朝ごはんをお腹いっぱい楽しんだ後は、キャンプサイトから一番遠い
「ハッチョウトンボの棚田」まで探険に行きました。

まだ、田植えをしていない田んぼはオタマジャクシだらけ!

ハローウッズをぐるーーーっと一周回って焚き火の所に戻ったら、
そろそろお昼ご飯の準備の時間。最後のメニューは「焼きそば」

焚き火の上に大きな鉄板をおき、豪快につくります。

デザートも手分けして作りました!



 

そして、2日間お世話になった焚き火ともそろそろお別れ・・・。

名残惜しい気持ちの中、最後はきちんと消火します。

 

家族や仲間と協力して森のなかで暮らし、一回り逞しくなった子どもたち。

火おこしもばっちりマスターして、心なしか山を下りる背中が来た時よりも
大きく見えました。

 

ご参加いただいた方、ありがとうございました。

 

 

(野中優)

 

 

スタッフ
  

おかりょう(岡崎 遼)  かず(永瀬 和久)  らい(野中 優)



秋のプログラム募集中です!

家族で元気になれるさまざまなキャンプやプログラムを準備しています。
皆様のご参加お待ちしています!

 

 

 

Yahoo!ブックマークに登録

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をクリップ!

posted by ハローウッズ at

2019-06-22

18:07:54