ムササビ巣箱におしどり!?

カテゴリ:野生生物研究所

哺乳類研究室横のムササビ用巣箱は、中を観察できるカメラ付き。

4月9日の朝、事件が起こりました。

と、鳥がいる!?

特徴的な顔の模様。オシドリのメスです。

朝8:00ごろに発見、約30分後に飛び立ってしまいました。

オシドリも樹洞(木のあな)で子育てをする鳥。

いま思えば、このときは下見だったのでしょう。

続いて異変に気づいたのは、4月17日。

巣材が増えているなと思っていたら、翌日18日の早朝5時ごろにオシドリ確認!!

巣材をいじるのは卵を産む準備でしょうか。

飛び去ったあとに、卵が1つ残されていました。

しかしこの後、卵を温める様子は確認できず。

何か問題があって放棄したのか・・・と思っていたら。

4月22日の早朝に大事件!

しかも舞台は卵のある巣箱・・・ではなく隣の巣箱。

巣箱に帰ってくつろぐムササビに、オシドリ来襲!

20分間に及ぶ巣箱争いは、ムササビに軍配。

追い払った直後の姿勢はガッツポーズのよう。こころなしか顔も険しい!

想像もしていなかった出来事が、巣箱の中で起こっていました。

私たちが観察できるのは、生きものの営みのうちのごくわずかだな、と再認識。

森のあちらこちらで、このような知られざるやり取りがあるのです。

それにしてもオシドリさん、入る巣箱を間違えてない?卵温めなくていいの・・・?

がっつ(石松 健一)

Yahoo!ブックマークに登録

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をクリップ!

posted by ハローウッズ at

2017-04-25

19:19:57

mixi`FbN

twitter tweet

hatena standart