哺乳類研究室の様子

カテゴリ:野生生物研究所 哺乳類研究室

3月18日にオープンした、哺乳類研究室。

研究室というとなんだか難しそうな名前ですが、森の動物たちの姿を楽しく見てもらえる場所。

春休みを迎え、多くのお客様が遊びに来てくれています。

 

今日は、そんな哺乳類研究室の中身を大公開!!

 

まずは、ムササビコーナー。

モニターでは、隣接した巣箱の中の様子が見られます。

ムササビ不在の時には、ムササビのいろいろな姿を記録した動画を紹介しています。

 

かわいいムササビ顔写真もたくさん。

森で見つけた、食べあとやムササビのうんちも見ることができます。

 

 

となりには、イノシシコーナー。

本物のイノシシ全身骨格と毛皮がお出迎え。

 

こちらは小さな動物たちと出会えるエンカウンターコーナー。

部屋の外につながったパイプから、野生のネズミやヒミズ(モグラのなかま)がやってきます。

 

ひっきりなしに来るわけではないので、やってきた時の記録映像を放映中。

でもラッキーなら・・・なんと、野生のヒミズをこんなに間近で見られます!!

 

来る時間は日によりますが、15時から17時くらいにやってくることが多いようですよ。

 

研究員が部屋にいるときは、研究秘話をお話したり、日々の調査の撮れたて映像なども
見せたりしちゃいます!

春休みはまだこれから!哺乳類研究室に遊びに来てください!!

 

 

 

ガッツ(石松 健一)

 

Yahoo!ブックマークに登録

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をクリップ!

posted by ハローウッズ at

2017-03-31

08:22:27