その工夫は何のため?

カテゴリ:ハローウッズの森から

ちょっと前まで紅葉がきれいだったのに、森の木々はすっかり葉っぱを落としてしまいました。

ハローウッズの入り口にあるトチノキも丸はだか。

枝先を見ると、春にむけて芽が準備されているのがわかります(冬芽といいます)。

木の種類によっていろいろな特徴があるのですが、トチノキの冬芽はこちら。

なんだかツヤツヤです。

触ってみると・・・

ベトベト!!

このベトベトは、何のための工夫なんでしょう。

乾燥から芽の中の葉っぱを守るためとか、虫に食べられないようにしているとか・・・
説はさまざま。

いくつか芽を見てみましょう。なにかわかるかもしれません。

お、虫がくっついてますね。カ(蚊)の仲間でしょうか。

口の形をみると、葉っぱは食べられそうもないけど・・・

種もくっついています。タンポポのように風に乗る、キクの仲間の種と思われます。

この種は特徴的。センニンソウという植物の種でしょう。
この白い毛を、仙人のヒゲにたとえているそうです。

・・・とりあえず、いろいろくっついてしまうのはわかりました。

きっとなにか良いことがあるんだろうけど、
ホントのところはトチノキに聞いてみないとわかりませんね・・・

森の生きものたちとは話が通じない分、あれこれ想像がふくらみます。




ガッツ(石松 健一)

Yahoo!ブックマークに登録

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をクリップ!

posted by ハローウッズ at

2016-12-25

17:57:46

mixi`FbN

twitter tweet

hatena standart