「11月5日(土)開催:竹のクラフト教室」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

11月5日(土)、竹のクラフト教室を開催。

竹の木琴づくりに挑戦しました。

今回の参加者の方は、夏にハローウッズに寄ってくださり

「竹の木琴が自分で作れる!」

ということで申し込んでくださった方。

まず、一本の竹に切り込みを入れます。

竹も切ってから3年くらい経ったものが良いのです。

お母さんとかわりばんこにノコギリを握ります。

竹を切れたら次はナタで割ります

一刀両断!

この感動が何とも言えない様子!


8つに割った竹を並べて・・・

音を確認。

まずはどれが「ド」の音なのかを探ります

耳を澄ませて…

そこから竹の長さを調整

この繊細な作業

真剣なまなざしが竹に集中する瞬間

わずかな長さで音が変わるのが何とも言えないものです

叩きながら音のを調整。

「ド、レ、ミ、ファ…」

何度もたたきながら音を確認。

「ちょっと(音が)低いよね…」

「そう、その音!」

なんとも楽しい時間が流れます。

音階ができたら次は竹に穴をあける作業。

このドリルを使うのが楽しいようです。

緊張しながらもひとつひとつの穴をあけていきました

一つ穴が開くたびに、喜びが広がります。

穴が開いたら糸を通していきます

完成が見えてきました!

いよいよ出来上がった木琴をたたきます。

素敵な音色が奏でられ

いろいろと苦労をしながらも作ったひとつひとつのプロセスを思い返しながら

ひとつひとつの音を楽しみながら聞きました。

楽しいひと時になりました。

「自分たちの手で造り出せた!」

という喜びがとても満足されたようです。

ちょっと寒くなった森をポカポカ温めてくれる瞬間になりました。

竹のクラフト教室では、竹の木琴だけでなく、

竹の行燈や、カトラリーなど様々な作品をお作りいただけます。

「つくってみたいもの」が形になっていく瞬間はとても楽しいものです。

ぜひ、ご参加ください。お待ちしています。

今年度の竹のクラフト教室は終了しましたが、

ぜひご興味がある方はご連絡ください。

(小瀧 綾)


今回のものづくりスタッフ

 

講師:北さん(北館 瑞彦) 担当:こた(小瀧 綾)




森の素材で世界で一つだけの作品づくり。森のクラフトは毎日開催中。



Yahoo!ブックマークに登録

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をクリップ!

posted by ハローウッズ at

2016-11-16

15:26:19

mixi`FbN

twitter tweet

hatena standart