「7月30日(土)・8月28日(日)作って遊べる木のおもちゃづくり~夏休み宿題応援!~」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

7月30日と8月28日に、1日がかりの木でつくるおもちゃに挑戦しました。

10時30分、全員集合。

講師の紹介、家族紹介をしてもらいました。

さぁ、いよいよ作るものをイメージ化します。

今回は、なるべく事前に考えてきてもらうようにお願いをしてありました。

講師の北さんと絵にしながら話し合います

作るものが決まったら…

工具をふんだんに使って作業開始!

ベルトサンダー(電動ヤスリ)をおそるおそる?使いますが

削っていくうちに上手に使いこなしていきます。

おじいちゃんも真剣に見守ります

こちらのファミリーは、からくり貯金箱を作っています。

持参したものを組み合わせながら…

形を整えていきます。

家を作るんだ!ということで、木を根気強く重ねていきます。

お父さんも真剣、子どもも自分で手を加えたくてたまりません

共同作業です

自分のイメージを持ち、迷うことなく次々と部材を揃え、制作に入っています

作っているのはロボット

船を作るのですが、結構作業が大変。

家族総勢で力を合わせ、北さんと一緒に作業工程を確認

子どもも大人も真剣そのもの

とにかく工具を使うことが楽しくてたまらない様子。

フットペダルで糸鋸の動きをコントロールしながら…

自動車に例えれば「マニュアル」の糸鋸を堪能しています

時間は刻々と進んでいきます

子どもたちも大人たちも真剣そのもの

普段使えない工具をふんだんに使い、思いをカタチにしていきます。

ひと手間の苦労…

これが一つひとつの作品に現れていました。

できあがった作品をみんなで見ながら、苦労したところ、自分の中で気に入っているところを発表していきます。

みんな集まっては

「お~」

と歓声が上がります。

完成した作品をご家族ごとに紹介します

どの作品も力作。

一人ひとりの心がこもった作品

とっても素敵な作品に仕上がりました。

子どもたちも自分の手で作り上げる楽しさを感じていました。

こんなものづくりもハローウッズの目玉プログラムなのです。

ぜひ、来年の夏もお待ちしています。

(小瀧 綾)




今回のものづくりスタッフ

講師

北さん(北館 瑞彦)

スタッフ
 

こた(小瀧 綾)   かわっち(河又 直人)


ものづくりプログラム 11月5日(土)開催:「竹のクラフト教室」は参加者募集中です!

Yahoo!ブックマークに登録

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をクリップ!

posted by ハローウッズ at

2016-09-07

14:52:15

mixi`FbN

twitter tweet

hatena standart