「12月5日(土)開催:森とあそぼ~落ち葉の山を遊びつくす!~」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

森とあそぼ!~落ち葉の山を遊びつくす!~レポート

12月5日(土)、初冬を迎えたハローウッズの山で

「森とあそぼ~落ち葉の山を遊びつくす!~」が開催されました。

2歳の子どもから保護者まで7家族21名が参加。

始まりの会で自己紹介。

参加動機を聞いてみましたところ・・・

「落ち葉で焚き火・焼き芋が楽しみ!」

という答えがたくさん。

それをかなえるべく・・・

本日の遊び場「ハッチョウトンボの棚田」まで歩いていきました

到着するやいなや・・・

落ち葉遊びスタート!!

手袋をはめ・・・

落ち葉をかき集め、大きな山を作り

子どもたちはその中で元気いっぱい、あそびます

落ち葉があればそれだけで、楽しくなってしまうのが落ち葉の力♪

その落ち葉を大きなお鍋に入れてみる・・・

これが本日の「草木染め」に使用


落ち葉のそりすべり♪


そりを持って斜面をはいあがる姿

子どもたちの

「やってみたい!」

が伝わります

何度も滑っては、何度も登る・・・

どうやったらうまく滑れるか

すべりながら子どもたちは考えます

大人があれこれ教えなくても

子どもたちは自分たちで考えます

ふと森を見回せば

ハンモックが木々にかかっています

子どもたちはそんなハンモックに揺られながら・・・

笑顔いっぱい♪

はじめて出会ったけれど、すぐに仲良くなりました

そりで遊び続ける子どもたち

落ち葉の山で遊び続ける子どもたち

草木染めの鍋をかき混ぜてくれるお子さま

そんな姿を見守る大人たち

そこにはのんびり、ゆったりした時間が流れます




「お昼にしませんか~」

なんてスタッフが声をかけるまで、夢中になって遊んでいました

お昼は棚田をバックにみんなで食事

心地よい日差しが差し込みます

お昼を食べたら、草木染めの布に輪ゴムで模様をつけていきます

どんぐりをくるんだり

葉っぱをくるんだり・・・

一枚一枚の生地にそれぞれの思いがこもります

家族みんなの共同作業♪

落ち葉あそび再会!!

今度は焼き芋作りに使う落ち葉を集めています

遊びはどんどん変化します

遊びはどんどん進化します

小さいお子さんと一緒に家族でのんびり過ごせます

「みてみて!!バッタがいたよ」


と見せてくれるお子さまもいます

みんなの焼き芋を焼いてくれるお父さんがいます

落ち葉はすぐに燃えてしまうので

落ち葉をくべるのもひと苦労

「焼き芋ができましたよ~、おやつの時間にしませんか~」

なんて声をかけてみますと・・・

みんなが集まります

お芋をほおばる人

お芋を分け合う人

お芋の味をたしなむ人

お芋を好きな場所で好きなお友だちと食べる人

・・・

お芋の楽しみ方はまちまちです

ただ、共通していることは

「ほくほくしていて、おいしい!」ということ♪

少しひんやりしてきた森

焼き芋がほっこりあっためてくれたのです

最後は「森の絵本タイム」

『のねずみもんのつくったものは』

を読みました

今日、はじめまして!の家族同士でも

自分たちで考えて遊ぶことで

いつのまにか、あっという間に知り合いになる・友達になる・・・

そんな思いを込めて読みました♪

みんなで森から帰ってきて

草木染めのゴムをほどいてみたら・・・

こんなに素敵な染まり方になりました!!

盛りだくさんで楽しかった時間。

「もっと遊びたかったのにな~」

なんて声があちこちから聞こえてきました

今日のハローウッズの森も、参加してくださったみなさんのおかげで

楽しい声が森中に響き渡っていました

次回はきこり体験が3月に開催されます

みなさんの参加を心よりお待ちしています

(小瀧 綾)


今回の森あそびスタッフ

 

コタ(小瀧 綾) サト(太田 智史)




寒い冬は焚き火でおいしいお茶を!

「冬の森散歩&焚き火カフェ」予約受付中です!

12月はこちら

1月はこちら

Yahoo!ブックマークに登録

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をクリップ!

posted by ハローウッズ at

2015-12-19

14:45:44