ハバヤマボクチとジョウビタキの意外な関係

カテゴリ:ハローウッズの森から

秋も深まりつつある森です。

「カッ カッ ・・・・・ カッ カッ」

目を向けるとジョウビタキ!

春以来の再開 「お久しぶり」

冬鳥がやってくる季節になりました。

寒くもなってきましたが、草むらには1mを優に超える背丈のハバヤマボクチが
大きな花を咲かせました。



ジョウビタキの名前のヒタキは、「カッ カッ」っという鳴き声が、火打石をたたく音に
似ていることから「火焚き」、そしてハバヤマボクチのボクチは「火口」、火打石から出た
火を移す際に、ハバヤマボクチの葉の裏に生えている綿毛を乾燥したものを用いたとのこと。


ジョウビタキとハバヤマボクチの名前の由来にはこんなつながりがありました。



だーさん(和田 誠)

Yahoo!ブックマークに登録

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をクリップ!

posted by ハローウッズ at

2015-10-22

14:03:57