「わんぱくおてんば ちびっこ森あそび」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

わんぱくおてんば ちびっこ森あそび

11月9日(日)、幼児の子どもを持つファミリーの「わんぱくおてんば ちびっこ森あそび」を
開催しました。

天気は雨。それでも・・・めったに雨で散歩に出たりしないので!ということで、雨具を着て
長靴はいて、いざ探険開始!

今日の探険コースはちょっぴり長め。森の中を歩きながら・・・

「あ、どんぐりだ!」

葉っぱの下に隠れたドングリを見つけ、立ち止まり・・・

ちょっとぬかるんだ道ではありましたが、一歩一歩踏みしめながら前に進みます

この日は、人がめったに入らない森を探険することに♪

すると・・・

すると一本の「もみじの木」を発見!!

すると・・・

コタが道なき道を指差して

「ここを登ろう」

なんていうものだから、えっ?!と思いながらみんなで登ることにしました。

木の枝や草をかき分けながら、急勾配の道を登ります。

お父さんがしっかり後ろについてくれて、ちょっと怖かった道を頑張って登ります。

登りきった瞬間、お父さん、お母さんのほうが

「やったー」

と万歳。登りきった本人は初めての経験でしばらくドキドキした様子でした。

その後、強い雨が降ってきて緊急避難

ブルーシートを使ってタープを張りました。

初めての体験でお父さん・お母さんもびっくり仰天

あっという間に雨宿りできる場所ができました。

「結構寒いかと思ったら、なんだか体がぽかぽかするね」

とお母さん。そうです、知らず知らずのうちにしっかり体を動かしているのです。

ちょっと疲れた体を休ませながら、拾ったどんぐりの実をパチンコで飛ばします。

大きいどんぐり、小さいどんぐり・・・

いろんなどんぐりを親子でいろいろ飛ばしてみました。

「あ、飛んだ、飛んだ!!」

せっかくの機会だから・・・

ということで、お昼ご飯をこのテントの下で食べました。

「雨の中、外でこんな風にご飯食べるなんて経験できないよね」

なんて話をしながら、ご飯を食べました。

雨が降ったりで・・・なかなか写真が撮れませんでしたが、絵本を読んだり、
ビニル傘で葉っぱの装飾をしたり・・・そんなことをしながらクラブハウスに戻りました。

クラブハウスに戻ったら、拾ったどんぐりや葉っぱを使ってクラフトづくり。

ここにどんぐりを・・・イメージがどんどん膨らみます。

家族3人でつくるルームプレート

なんだかほっこりしてしまう瞬間でした

いよいよ終盤

力を合わせて穴に紐を通します

「できた!」

できあがったルームプレートを手に持ち、にっこり♪

今回は雨のため、当初予定していた内容と別の内容になりました。

それでもお子さんもお父さん、お母さんも、この雨の探険を楽しんでくださいました。

「大人も楽しめた」

という保護者の方の感想をいただきましたが、子どもと一緒の体験をしながら感じることは
子どもの目線になれる・・・そんな時間だったようです。

雨の中では雨の楽しみ方がある。それがハローウッズの森です。
ぜひ、そんな体験をしにいらしてください。

こた(小瀧 綾)

Yahoo!ブックマークに登録

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をクリップ!

posted by ハローウッズ at

2014-11-21

08:05:33