森のクラフト「鳥の巣箱」がはじまりました!

カテゴリ:お知らせ

今年度、ハローウッズのクラフト教室にて「鳥の巣箱」が新しくメニューに仲間入りしました。

ハローウッズの森も、徐々に秋めいてきました。

中でも最初に秋の準備を始めるのは…ヤマザクラなのかもしれません。

緑だった葉っぱが赤・黄色づきはじめ、落葉が始まっています。

もう間もなくすると落葉広葉樹たちの落葉が盛んになり、

ハローウッズの森も空が突き抜けて見えるようになります。

すると…

アカゲラ・コゲラ・ルリビタキ・ジョウビタキ…

鳥たちの姿が見られはじめます。

真冬では、鳥の子育ては見られませんが、

冬を超えた春先(3月~6月頃)に鳥の子育てが盛んになります。

まだまだ先のような話ではありますが、あっという間にこの時期はやってきます。

さて、ここで、少し、ハローウッズの森と鳥の巣箱について触れさせていただきます。

まず、

ハローウッズの森とは、昔から我々人間が手を加えながら共存してきた、里山の森。

生きものが豊かに暮らすことができる

伐採した木々を活用させていただくことで、我々人間も豊かに暮らすことができる

「豊かさ」がいっぱい詰まった森なのです。

これらの森を手入れするために

人間の手で心を込めて…一本一本伐採していきます。

こうやって間伐された木々がたくさん出ます。

この自然の恵みである「間伐材」を使う方法を私たちは思案しました。

その結果…

「立ち木」にすることで生きものの「棲み家」を作りました

生きものたちの棲家になる「生命の塔」を作りました

「薪・炭」にし、私たちの生活に活かしはじめました


森のクラフト教室では「木のおもちゃ」を作り始めました。

更に…もっともっと豊かな里山のイメージを思い描きながら

次世代に活きる・つなげる「里山」をイメージしながら…

そうです、そこから誕生した一つのアイディアが「鳥の巣箱」なのです。

ハローウッズには巣箱を使って子育てをする鳥がいます

スズメ

シジュウカラ

ヤマガラ…

ちょっと大きくなってフクロウ

哺乳類ではムササビまで…

森の中で見られる鳥の種類のほんの一部ではありますが、

こういった生きものたちにとって、少しでも豊かな暮らしが育まれ、森も元気になったらいいな…

そんな思いを描いています。

皆さんのご自宅の庭やベランダ、そして学校や勤務先などへの

鳥の棲み家を作ってみませんか?

ハローウッズの森に興味を持っていただきたい

ハローウッズの森をもっともっと知っていただきたい

ハローウッズの森のものづくりを楽しんでいただきたい…

そんな願いを込めて…

ぜひ、ハローウッズに足を運んでいただけたら幸いです

ぜひ、皆さんにお会いできることを楽しみにしております



こた(小瀧 綾)



ものづくり森のクラフトは毎日開催中です!

posted by ハローウッズ at

2016-10-20

15:13:00