お客様の声いただきました!(森とあそぼ!落ち葉の森を遊びつくす)

カテゴリ:お客様の声

冬の日帰りプログラム 森とあそぼ!に参加されたお客様の声もみじ


12月5日(日)、森の落ち葉でとことんあそぶ、

「森とあそぼ!~落ち葉の森を遊びつくす~」を開催しました。

このプログラムのご紹介

親子一緒に自然の中で遊ぶ体験を通して、身近な自然の面白さに気づいてもらいたい!

森にあるものを使って遊ぶ中で、私たちの暮らしと自然環境との関わり・・・

森の中で五感を使って活動することで、感じたことをいろんな形で表現できるもの・・・

をシリーズ化して、四季折々展開しているのが「森とあそぼ!」です。

活動の中で特に大切にしたいことは、

子どもも大人も「自ら遊びを考えて自ら楽しめる(ソウゾウ)活動」を熟成させていく!です

今回は落ち葉でたっくさん遊びました!






このプログラムを選んだ理由はなんですか?



加藤様ファミリー

「焚き火です。普段町中ではできないので参加しました!」






三垣様ファミリー

「落ち葉で焼き芋を体験したかったからです!」






落ち葉あそびや焚き火はいかがでしたか?



渡邉様ファミリー

「落ち葉のソリすべりでほかの参加者の方とも仲良くなれたので、楽しかったです!」




市川様ファミリー

「子どもが楽しそうに遊んでいました。家ではできないので良かったです!」




阿久津様ファミリー

「普段できないことがたくさんできて、良い体験ができました!親子で楽しかったです。」




このプログラムで印象的だったことはなんですか?


野口様ファミリー

「子どもが主役になれるプログラムでした!」




石川様ファミリー

「季節にふれられたこと、とことん楽しめたこと。やることを決めすぎずに、
かなりフリーに遊べたのが良かったです。」



他にもたくさんのご意見をいただきましたので
今後の「森とあそぼ!」に活かせるよう努めていきます!

ご参加いただいた皆様、ご協力ありがとうございました!



当日の様子はこちらのレポートにて紹介しま~す。




ハローウッズでは季節ごとに、
森もヒトも元気になる様々なプログラムを開催しています!

参加お待ちしていまーするんるん

posted by ハローウッズ at

2015-12-19

15:17:19

「12月5日(土)開催:森とあそぼ~落ち葉の山を遊びつくす!~」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

森とあそぼ!~落ち葉の山を遊びつくす!~レポート

12月5日(土)、初冬を迎えたハローウッズの山で

「森とあそぼ~落ち葉の山を遊びつくす!~」が開催されました。

2歳の子どもから保護者まで7家族21名が参加。

始まりの会で自己紹介。

参加動機を聞いてみましたところ・・・

「落ち葉で焚き火・焼き芋が楽しみ!」

という答えがたくさん。

それをかなえるべく・・・

本日の遊び場「ハッチョウトンボの棚田」まで歩いていきました

到着するやいなや・・・

落ち葉遊びスタート!!

手袋をはめ・・・

落ち葉をかき集め、大きな山を作り

子どもたちはその中で元気いっぱい、あそびます

落ち葉があればそれだけで、楽しくなってしまうのが落ち葉の力♪

その落ち葉を大きなお鍋に入れてみる・・・

これが本日の「草木染め」に使用


落ち葉のそりすべり♪


そりを持って斜面をはいあがる姿

子どもたちの

「やってみたい!」

が伝わります

何度も滑っては、何度も登る・・・

どうやったらうまく滑れるか

すべりながら子どもたちは考えます

大人があれこれ教えなくても

子どもたちは自分たちで考えます

ふと森を見回せば

ハンモックが木々にかかっています

子どもたちはそんなハンモックに揺られながら・・・

笑顔いっぱい♪

はじめて出会ったけれど、すぐに仲良くなりました

そりで遊び続ける子どもたち

落ち葉の山で遊び続ける子どもたち

草木染めの鍋をかき混ぜてくれるお子さま

そんな姿を見守る大人たち

そこにはのんびり、ゆったりした時間が流れます




「お昼にしませんか~」

なんてスタッフが声をかけるまで、夢中になって遊んでいました

お昼は棚田をバックにみんなで食事

心地よい日差しが差し込みます

お昼を食べたら、草木染めの布に輪ゴムで模様をつけていきます

どんぐりをくるんだり

葉っぱをくるんだり・・・

一枚一枚の生地にそれぞれの思いがこもります

家族みんなの共同作業♪

落ち葉あそび再会!!

今度は焼き芋作りに使う落ち葉を集めています

遊びはどんどん変化します

遊びはどんどん進化します

小さいお子さんと一緒に家族でのんびり過ごせます

「みてみて!!バッタがいたよ」


と見せてくれるお子さまもいます

みんなの焼き芋を焼いてくれるお父さんがいます

落ち葉はすぐに燃えてしまうので

落ち葉をくべるのもひと苦労

「焼き芋ができましたよ~、おやつの時間にしませんか~」

なんて声をかけてみますと・・・

みんなが集まります

お芋をほおばる人

お芋を分け合う人

お芋の味をたしなむ人

お芋を好きな場所で好きなお友だちと食べる人

・・・

お芋の楽しみ方はまちまちです

ただ、共通していることは

「ほくほくしていて、おいしい!」ということ♪

少しひんやりしてきた森

焼き芋がほっこりあっためてくれたのです

最後は「森の絵本タイム」

『のねずみもんのつくったものは』

を読みました

今日、はじめまして!の家族同士でも

自分たちで考えて遊ぶことで

いつのまにか、あっという間に知り合いになる・友達になる・・・

そんな思いを込めて読みました♪

みんなで森から帰ってきて

草木染めのゴムをほどいてみたら・・・

こんなに素敵な染まり方になりました!!

盛りだくさんで楽しかった時間。

「もっと遊びたかったのにな~」

なんて声があちこちから聞こえてきました

今日のハローウッズの森も、参加してくださったみなさんのおかげで

楽しい声が森中に響き渡っていました

次回はきこり体験が3月に開催されます

みなさんの参加を心よりお待ちしています

(小瀧 綾)


今回の森あそびスタッフ

 

コタ(小瀧 綾) サト(太田 智史)




寒い冬は焚き火でおいしいお茶を!

「冬の森散歩&焚き火カフェ」予約受付中です!

12月はこちら

1月はこちら

posted by ハローウッズ at

2015-12-19

14:45:44

野鳥の声に耳を傾けて森を歩いてみると・・・

カテゴリ:ハローウッズの森から

落葉がすすんだ森は見通しもよく、双眼鏡を片手に森を歩けば、

時間や場所によってさまざまな野鳥に出会うことができます。


そんな野鳥をちょっとだけご紹介。

今年最後の生き残り?のトビナナフシを食べていたシジュウカラ

あ~~トビナナフシ・・・しょうがないか。


その名もヘクソカズラっていう、くっさ~い丸い実を食べていたメジロ
臭くてもおいしいのかな?


藪の中からは、しゃがれ声で控えめに「ジャッチャッ」っとウグイスの鳴く声が聞こえてきます。
「ホーホケキョ」からは想像しにくい地鳴きです。


樹上には「キョッキョッ」とアカゲラ
忙しそうに木登りしながら木をつついてエサを探しています。
赤い色がおしゃれ。



ここからは冬に茂木にやってくる野鳥たち。
ハッチョウトンボの棚田など、開けた場所ではオレンジ色が目立つジョウビタキ。
「クワックワッ」っとか「ヒッ ヒッ」っと、小さくてもよく通る声で鳴いて、地上にもよく降りて
エサを探してます。


こちらは群れでいることが多いシメ


そしてカワラヒワ
多い時はとにかく賑やかです。




地上でよくエサを探しているのがツグミ。
この時はジャノヒゲの青い実を食べていました。


こちらはトラツグミ
少し根暗な性格の様で、出会うときはいつも針葉樹の中など日陰の暗いところです。



最後にノスリ
カラスとよくケンカしていますが、とてもかっこいい顔をしてます。

日中歩いただけでも今日紹介した野鳥たちを見ることができました。
他にも青いルリビタキやピンク色のベニマシコなどなど、た~っくさんの野鳥が
森に棲んでいます。

たいていの野鳥はヒトが近づくとすぐに逃げてしまう事が多いので、落ち葉を「ガサガサっ」っと
鳴らして歩くと楽しいですが、そ~っと野鳥の声を探りながら、静かに生きものの気配を
感じながら森を歩けば多くの出会いが待っていますよ。


たまには昼間でもムササビが顔を出していることもあります。
ちょっとびっくり!どうも下の何かが気になっていたようでした・・・


いったい何をみていたのだろうか・・・・



だーさん(和田 誠)

posted by ハローウッズ at

2015-12-19

07:02:16