「夏休み:ものづくり 森のクラフト」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

夏休みが始まり、森のクラフト工房にもお客さんがたくさん来てくれています。

そんなある日のエピソード

丸太のコースターを作ろうと

2人の兄弟がのこぎりで木を切り始めました

ギコギコギコ

  ギーコ

      ギーコ ギーコ

最初はなんとなくぎこちなかったけど

どんどん上手に切れるようになったとき・・・

「あ、なんか木から幼虫が出てきた!」

木の穴から出てきたのは・・・

なんと、タマムシの幼虫ではありませんか!!

「幼虫のこと切らなくて良かった~」

なんて話をしながら、木の中で生活する生きものの話に。

そんな話をしていたら、一緒にいたご両親の方々にも

「てっきり木の模様だと思っていたけど、実はこれも生きものの跡だったんだ~」

とじっくり木を眺めながら関心されていました。

子どもたちもまさかの出来事に大はしゃぎ!!

大喜びをしながら作品を作り上げます。


できあがった作品にはしっかりと

「たまむし」

と幼虫が出て来た穴に書き刻んでいました。

森のクラフト工房に置かれている木は森の中から取った木です。

作品を作る木にもしっかりと生きものの息吹が宿っているのです。

「ものづくり」と「森」

そこにはしっかりとつながりがあるのです。

今、ハローウッズのフィールド「生命の広場」ではタマムシの展示をしています。

森の中に生きる生きものの生活・・・

ぜひのぞきにいらしてください!

こた(小瀧 綾)


森のクラフト(ものづくり)は毎日開催しています!

posted by ハローウッズ at

2015-07-24

13:26:11