なんでもいいというわけではない

カテゴリ:ハローウッズの森から

森の開けた場所には野草が生い茂り、モサモサこんもりとしてきました。


暗く濃い緑、どんより梅雨空の中ですがキツリフネなどの花が心を明るくしてくれます。

薄暗い森の中でしっとりと咲いているイチヤクソウもいいですね。



坂の途中、草も無くちょっとだけむき出しの山肌で、ハキリバチの仲間が巣づくりをしていました。
数分おきにどこかから葉を切り取っては巣穴に運んでいます。

それを使って巣の壁をつくり上げているのですが、すぐそばにも様々な葉があるにもかかわらず、
ちょっと遠くまで足(翅?)を運んでいます。

お気に入りの種類があるのでしょう、これじゃなくちゃいけないというものが・・・・職人ですね。






しばらくのち、覗いてみると巣穴は葉のふたでしっかりと閉じられていました。

無事に卵も産み付けられたことでしょう・・・

茂り、そしてこだわりがあってのハキリバチの巣です。

だーさん(和田 誠)



posted by ハローウッズ at

2015-06-15

15:12:37