「紅葉のふれあいウォーク」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

11月24日に紅葉のふれあいウォークを開催しました!

曇り空でしたが、紅葉の森の中、
およそ5kmの道のりを歩いてきました。

前半は、楽しい道草!

ミズスマシの沢では水の中に棲んでいるヤゴやゲンゴロウを捕まえたり

カブトムシの丘では落ち葉の下に棲んでいるカブトムシの幼虫をみつけて、観察しました。

寒くなってきた森の中でも多くの生きものが隠れていました!

そしてあっという間にお昼ご飯。

羽釜の炊き込みご飯をいただきました。外で食べるご飯はとてもおいしかったです。

休憩時間には薪割体験。ナタで薪を「パカーン」っと気持ちよく割ってくれました。

割った木でたき火。あったかい炎です。

どんぐりもたくさん落ちていたので、ポットに植えてみました。
「来年芽がでますように・・・」

森の中はどんぐりの木がたくさん。昔から、人が「手入れ」をしていた森です。
この日は伐採が行われました。

どんぐりの木から薪や炭をつくったり、シイタケ栽培をしたり・・・森と人との関わりは深く、「手入れ」によって
循環し、豊かになる森。木を切るのにどうして豊か?などなど、歴史ととともに案内させていただきました。


後半は本格的にウォーキング。っとはいえみなさん体力や歩くペースもそれぞれ。
歩きやすく、比較的傾斜が穏やかなコースとがっつり歩く、健脚コースで別れ、眺めの良い
尾根のデッキを目指します!

「出発~!」こちらは穏やかコース


こちらは健脚コースです!「がんばるぞー!」

それぞれ紅葉の森の中を歩きました。

そして、どちらも上りできついところもありましたが、
目的の見晴台まで到着です!

デッキでは 紅葉の山並みを眺めながら、温かいお茶を飲んで一休み。

青空だったらもっと最高でしたね。

帰りはマツボックリを拾ったり、

サーキットを走る車を見ながらゆっくりとハローウッズを目指しました。

そして見事ゴール!

およそ5kmの山あり谷ありの道のりを踏破しました。

おめでとうございます。そしてありがとうございました。

ハローウッズの森は歴史的にも環境的にも人との関わりが深い森。
人と森、人と人、人と生物がたくさんふれあうことができる場所です。

違う時間、季節に訪れると、今日とは違った出会いがあります。

また、違う時期に「ふれあえる」森歩きに行きましょう!

(和田 誠)

だーさん(和田 誠) こた(小瀧 綾) たかはん(高橋 廉)





12月の森はこちら

季節の旬を楽しくご案内
どんぐりの森ガイドウォーク」毎日開催中です。
posted by ハローウッズ at

2014-11-28

13:16:29