春一番でアカガエルの卵!

カテゴリ:ハローウッズの森から

昨日の吹いた春一番とともに、ハッチョウトンボの棚田とミズスマシの沢ともに
アカガエルが産卵を始めました。

と言ってもそれぞれまだ一卵塊づつ。

去年は2月9日に最初の卵塊が見つかったので、それに比べると一週間ほど遅い産卵です。

去年が早すぎ!?

棚田の畔には、まだ寒そうに落ち葉の中に埋もれつつ春をアピールするフキノトウ

森の中では・・・

こちらも控えめマンサクの花

それぞれの生きものたちの声が日に日に多く聞こえてきます。

だーさん(和田 誠)

旬の森を楽しく歩く!どんぐりの森ガイドウォークは毎日開催中!

posted by ハローウッズ at

2017-02-18

10:12:26

朝から雪で休園ですが、春は近し

カテゴリ:ハローウッズの森から

今日から営業再開のはずでしたが、

朝からの雪の為、休園となりました。

現在、積雪は10cm位です。

正午になりましたが、まだまだ降っています。
ハッチョウトンボの棚田も真っ白
でしたが、雪の隙間に緑。ヨモギの新芽
すでに立春、「うぐいす鳴く」(七十二候)ころ。


もう少しの辛抱です。


だーさん(和田 誠)
posted by ハローウッズ at

2017-02-09

12:01:02

今朝は冷え込みました。

カテゴリ:ハローウッズの森から

今朝の気温は-6℃

冬鳥のジョウビタキも寒そうです。

真冬でも葉を青々と茂らせシュッとしているアオキの木ですが、
さすがに今日は寒さで葉っぱがしなっていました。



日が当たり始めたので、また元気になってくれるといいのですが

だーさん(和田 誠)



冬でも元気になれるプログラム予約受付中です!




posted at

2017-01-15

11:41:46

雨の中開くキノコ ”ツチグリ”

カテゴリ:ハローウッズの森から

昨日からの冷たい雨の中、落ち葉の上に
ひょいっと誰かが置いたかのように開いているツチグリ。キノコです。

まだ幼菌の時はクリみたい。だからツチグリ(土の栗)?

雨が降り、外の皮が湿ると、ミカンの皮をむいたように開いていきます。



そして全部開いたのち、たとえ埋もれていても思いっきり皮をそらせて
落ち葉の上に這い上がる! 「エイッ」


っというわけのよう・・・・


なぜ雨の日に?

丸い袋を雨粒が叩くと、その振動で小さな穴から胞子が飛び出すという仕組み。
手足を震えさせる冬の冷たい雨ですが、ツチグリのことを思うと・・・・・・

まっいっかたまにはね、我慢できるものです。



だーさん(和田 誠)




丸い袋を小枝でツンツンすると胞子を出します。

楽しくて遊んじゃうけどこれもツチグリの為になっているかもね。







冬でも元気になれるプログラム予約受付中です!









posted by ハローウッズ at

2017-01-09

10:33:12

あけましておめでとうございます!

カテゴリ:ハローウッズの森から

新年あけましておめでとうございます。

昨年はたくさんのご来場ありがとうございました!

森の中でも新年を喜んでいる声が聞こえています。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

だーさん(和田 誠)

posted by ハローウッズ at

2017-01-01

11:42:56

年の瀬の出会い

カテゴリ:ハローウッズの森から

春まで遠い、まだ12月というのに、スミレが咲いていました。



そして夕陽・・・

何かとあわただしい年の瀬ですが

森に入ると時の流れ、気持ちを和らげてくれるやさしい出会いがあります。



よいお年を

だーさん(和田 誠)




posted by ハローウッズ at

2016-12-28

17:46:24

その工夫は何のため?

カテゴリ:ハローウッズの森から

ちょっと前まで紅葉がきれいだったのに、森の木々はすっかり葉っぱを落としてしまいました。

ハローウッズの入り口にあるトチノキも丸はだか。

枝先を見ると、春にむけて芽が準備されているのがわかります(冬芽といいます)。

木の種類によっていろいろな特徴があるのですが、トチノキの冬芽はこちら。

なんだかツヤツヤです。

触ってみると・・・

ベトベト!!

このベトベトは、何のための工夫なんでしょう。

乾燥から芽の中の葉っぱを守るためとか、虫に食べられないようにしているとか・・・
説はさまざま。

いくつか芽を見てみましょう。なにかわかるかもしれません。

お、虫がくっついてますね。カ(蚊)の仲間でしょうか。

口の形をみると、葉っぱは食べられそうもないけど・・・

種もくっついています。タンポポのように風に乗る、キクの仲間の種と思われます。

この種は特徴的。センニンソウという植物の種でしょう。
この白い毛を、仙人のヒゲにたとえているそうです。

・・・とりあえず、いろいろくっついてしまうのはわかりました。

きっとなにか良いことがあるんだろうけど、
ホントのところはトチノキに聞いてみないとわかりませんね・・・

森の生きものたちとは話が通じない分、あれこれ想像がふくらみます。




ガッツ(石松 健一)

posted by ハローウッズ at

2016-12-25

17:57:46
<<前のページへ                                                                                                                                               次のページへ>>