EN | JP

見どころ

世界唯一の観戦スタイル!? 今季新設のセクションに注目

いよいよ開幕した2018年のSUPER GT。今年は特に両クラスともに実力が著しく拮抗している。GT500クラスでは予選、決勝ともにHonda NSX-GT勢がワンツー・フィニッシュを飾り、2010年以来となるチャンピオン獲得に向け幸先の良いスタートを切った。しかし、レースでは不運なペナルティで後退した日産GT-R勢のペースが非常によく、もしそのままレースを続けていればHonda勢を脅かす存在になっていたはずだ。また予選では遅れをとったレクサスLC500勢も、決勝が終わってみれば3&4位につける追い上げぶり。第2戦以降も各陣営ともに様々な改善、対策を講じてくると思われ、3メーカーが入り乱れる激戦が、最終戦まで続いていきそうだ。
GT300クラスも、マザーシャシー、JAF-GT、GT3勢が混在する上位争いが展開された。開幕戦こそ86マザーシャシーを扱う#18 UPGARAGE 86 MCが勝利したが、2位に入った#7 D’station PorscheをはじめGT3勢の速さも目立った。また今回はトラブルで脱落してしまったが、トヨタ・プリウスGT勢のパフォーマンスからも目が離せない。GT500クラス同様、GT300クラスもシリーズタイトルの行方は全く分からない。
今年のSUPER GTは、例年にも増して面白くなりそうな予感だ。

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish