> ENGLISH

  • モータースポーツ
  • 森
  • ゆうえんち
  • ミュージアム
  • ホテル
  • キャンプ
  • レストラン
  • ショップ
  • バイクとクルマのスクール
  • チケット
  • インフォメーション

>2017 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第4戦 TWIN RING MOTEGI SUPERBIKE RACE

トップページ > 全日本ロードレースとは

全日本ロードレースとは

JSB1000を頂点クラスに、J-GP2、ST600、J-GP3の計4クラスで構成されている。

JSB1000世界最高峰レースMotoGP™に匹敵

JSB1000は、バイクショップで誰もが買うことができる1,000ccスポーツモデルをベースにしていて、それをレース用に改造したもの。しかしフレームやエンジン内部の大変更はできないし、カウル形状は市販状態を維持しなければならないなど、改造には厳しい制約があって、限りなく市販状態に近いマシンなのだ。
主要エンジンは4ストローク1,000ccで、世界最高峰のMotoGP™マシンと同じだが、市販車ベースのJSB1000とレース専用設計のMotoGP™マシンはまったくの別物だ。今年新型ラッシュとなった国内4メーカーの市販1,000ccバイクにはMotoGP™マシンやスーパーバイク世界選手権マシンのエッセンスがフィードバックされていて、その性能はものすごい。

  • MotoGP™マシンMotoGP™マシン
  • JSB1000マシンJSB1000マシン

また、日本GPのMotoGP™クラスに毎年スポット参戦して結果を出しているYAMAHAの中須賀克行選手は、その実力はMotoGP™クラスと同等と言われてることからも、JSB1000のトップライダーの戦いは、MotoGP™クラスに匹敵するハイレベルな戦いと言えるのだ。

  • 中須賀克行選手
  • 中須賀克行選手
J-GP2
J-GP2ST600に準じたエンジンながら、オリジナルフレームの使用が可能で、レース専用スリックタイヤの装着など、よりレース指向。
独自のマシン開発がポイントだ。
Moto2P™クラスに準じるレーサー、市販車ベースの600ccマシンがエントリーしている。
筑波サーキットで行われた初戦2レースを制した水野涼に注目が集まる。
ST600
ST6004ストローク600ccエンジン搭載の市販スポーツバイクをベースに厳しい改造制限がある。タイヤはブリヂストンのワンメイク。
ストリートを走るマシンに一番近いクラスと言える。
昨シーズン、タイトル争いをしていた前田恵助、昨年ランキング3位の名越哲平に注目が集まる。
J-GP3
J-GP3Moto3™クラスと同じHondaが市販するレース専用設計のNSF250Rが主力。Moto3™クラスに直結するクラスとして若い才能があふれている。
コーナーリングスピードでは大排気量クラスをしのぐスピードを見せ、ポジションが入れ替わることも多いため、見応えのあるレースが繰り広げられる。
昨年ランキング6位となった岡崎静夏をはじめ、高杉奈緒子、白石玲菜と女性ライダーの活躍も見逃せない。

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish