> ENGLISH

  • モータースポーツ
  • 森
  • ゆうえんち
  • ミュージアム
  • ホテル
  • キャンプ
  • レストラン
  • ショップ
  • バイクとクルマのスクール
  • チケット
  • インフォメーション

スーパー耐久シリーズ2017 第1戦 200×2Races MOTEGI Opening Stage

トップページ > スーパー耐久開幕戦の見どころ

スーパー耐久開幕戦の
見どころ

多方面から楽しめるレース多方面から楽しめるレース

ツインリンクもてぎで幕を開けるスーパー耐久。200分2レース制で激戦必至のバトルに

2017年シーズンも、スーパー耐久シリーズはツインリンクもてぎから幕を開ける。
今年の開幕戦は、“200分レース”としてクラスによって出走することができるレースが指定され土曜日・日曜日それぞれ決勝が行われる。

昨シーズンまでもてぎでのレースは5時間耐久を開催していたが、今シーズンとなり、さらにエキサイティングなレースを開催すべく、200分耐久に凝縮し、クラスをふたつに分けた2レース制を採用する。

また、他のサーキットでも開催したことのない、200分のレースは給油やタイヤとドライバー交代のタイミングなど各チームが採用する戦略も勝負をさらに面白くするだろう。

さまざまなクラスの車両が一斉にレースをするのがスーパー耐久の魅力のひとつだが、ST-XクラスのFIA-GT3と、ST-5クラスのコンパクトカーとでは最高速で、ほぼ100km/hの差が生じている。

2レース制にすることで同時に走行するクラス数が減り、同じクラスのライバルとの対決により専念できるようになるメリットも生まれる。速い車両は絶えず抜き続ける、逆に遅い車両は絶えず抜かれ続けるリスクが一気に軽減したからだ。

開幕戦もてぎでは、ハイレベルなバトルが土曜と日曜の両日に味わえるだろう。

土曜に行われるレース1は、ST-Z/ST-R/ST-1/ST-2/ST-5の5クラスによって競われる。

ST-Z/ST-R

注目はST-ZクラスとST-Rクラスは今シーズンから新設されたクラスで、それぞれFIA-GT4とTCRによって争われる。
FIA-GT3同様、自動車メーカーによって開発され、誰でも購入できるレーシングカーの名称で、FIA-GT4はよりライトチューニングのGTカーだ。
開幕戦での参戦車両はないが、これからFIA-GT3同様に参加台数の増加が期待される。

TCRは世界ツーリングカー選手権(WTCC)を頂点とするツーリングカーとなる。開幕戦では、ST-Rクラスには2車種、4台がエントリーする。アウディRS3 LMSを走らせるのは、BRP/バースレーシングプロジェクトとAudi Team Dream Drive(AS Racing)と、これまでST-5クラス、ST-2クラスを戦っていたシリーズ常連チームだ。

もう1車種は、WTCCにも参戦するホンダ・シビック・タイプR。DOME Racingがこの車両で参戦予定だ。
参戦ドライバー陣は未だわかっていないものの、大物ドライバーの参戦も噂される、何よりWTCCのシビックも手がけるJ.A.Sモータースポーツ製作の車両となり、要チェックだ。

それぞれの戦闘力は未知数。
2リッターのターボエンジンを積むため、ほかのクラスの車両との戦闘力の差はどうなのか、そしてどんな走りを披露してくれるのか、開幕戦ならではの楽しみな一面だ。

日曜にはST-X/ST-3/ST-4クラスによって争われる、レース2が開催される。

3クラスすべて激戦区として知られるだけに、いずれも熱い戦いが繰り広げられることだろう。

ST-X

FIA-GT3によるST-Xクラスには、8台がエントリー。ニッサンGT-Rが3台、フェラーリ488 GT3が2台、新旧ポルシェ911GT3Rが1台ずつ、そしてメルセデスSLSが1台。その大半がSUPER GTにも出場しているのが注目すべきポイント。そのラインアップを眺めるだけで、激しいバトルが繰り広げられようことが容易に想像できる。

  • ニッサンGT-RニッサンGT-R(2016)
  • フェラーリ488 GT3フェラーリ488 GT3
  • ポルシェ911GT3Rポルシェ911GT3R(2016)
  • メルセデスSLSメルセデスSLS(2016)

ST-3

そしてST-3クラスにも、大物ドライバーが集結した。特に話題を一手に集めているのが、本山哲をオーナーとするTeam Motoyamaのフル参戦決定だ。もちろん、本山自身もステアリングを握り、安田裕信と昨シーズンの86/BRZレースクラブマンチャンピオン、松原怜史とともにTECHNO FIRSTメンテナンスのニッサン・フェアレディZを走らせる。

同じくZでは、OKABE JIDOSHA motorsportから田中哲也が参戦。スーパー耐久でははるかに先輩とあって、新参チームにたやすく前を走ることを許さないだろう。

一方、超強力ラインアップで挑むのは、茂木町近隣にファクトリーを構える、地元チームのLe Beausset Motorsportsだ。レクサスRC350を託したのは、嵯峨宏紀と中山雄一、そして山下健太。いずれもフォーミュラで鍛え上げられたドライバーだ。

さらに、トヨタ・マークXを走らせる埼玉トヨペットGreenBraveからも、レジェンドの服部尚貴が参戦する。
前年チャンピオンとして、連覇を目論むTRACY SPORTSの堀田誠と阪口良平も踏まえどのような戦いになるの楽しみだ。

  • ニッサン・フェアレディZニッサン・フェアレディZ
  • レクサスRC350レクサスRC350
  • レクサスIS350レクサスIS350(2016)
  • トヨタ マークXトヨタ マークX

また、スーパー耐久の観戦の楽しみは決勝だけではない。独自のシステムを採る予選にも注目して欲しい。複数のドライバーが組むレースであっても、通常はひとり速いドライバーがいればいいが、スーパー耐久ではAドライバーとBドライバーの合算タイムでグリッドが決定する。したがって、ひとりタイムがずば抜けていても必ずしもポールポジションを獲得できるとは限らず、むしろともにトップでなくとも、揃って上位につけていれば獲得できることさえある。だから、セッションが終わった直後の緊張感は、他のレース以上。そんな状況を一緒に味わって欲しい。

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish