EN | JP

ドヴィツィオーゾ開幕戦以来、復活の2勝目!ドゥカティ勢の逆襲なるか!?

第10戦チェコGP

第10戦チェコGP

第10戦チェコGP

第10戦チェコGP

第10戦チェコGP

第10戦チェコGP

ドヴィツィオーゾ開幕戦以来、復活の2勝目!ドゥカティ勢の逆襲なるか!?

MotoGP™第10戦チェコGPはドヴィツィオーゾが接戦を制して優勝!昨年マルケスと何度もやりあった男が開幕戦以来、復活とも言える2勝目をあげた。

チャンピオンの有力候補として注目されていたドヴィツィオーゾだったが第2戦以降は精彩を欠き、表彰台に上ったのは2位となった第6戦イタリアGPの1回だけという我慢のシーズンを送っていた。同じく、チームメイトのロレンソも苦しい前半戦だったが、高速コースの第6戦イタリアGP、第7戦カタルニアGPで連勝するなど復活の兆しを見せていた。第8戦オランダGPと第9戦ドイツGPはマルケスやヤマハ勢が得意とする中低速コースだったため、連勝で勢いがついたロレンソをもってしても上位に入ることはできなかった。

このようにシーズン中盤戦はコースとマシンの相性により、どこかのチームにアドバンテージがあるレースが続いていたが、第10戦チェコGPはどのチームにも優勝の可能性があるコースとして注目を集めていた。

その予想通り、スタートから中盤まで10台ほどのマシンがトップ集団を形成する大接戦となり、終盤になってスパートをかけたドヴィツィオーゾがわずかの差で逃げ切って優勝した。

チャンピオン争いではマルケスが独走し、2位ロッシ、3位ドヴィツィオーゾと続いているが、シリーズはあと9レースも残っている。特に次戦のオーストリアGP、その後のイギリスGPはいずれもドゥカティが得意とする高速コースなだけに、ドヴィツィオーゾにとって今回のチェコGP優勝の意味は大きい。

ここからのシーズン後半戦はドゥカティの2人に注目だ。

ページ上部へ

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish