> ENGLISH

  • 森
  • ゆうえんち
  • ミュージアム
  • ホテル
  • キャンプ
  • レストラン
  • ショップ
  • バイクとクルマのスクール
  • モータースポーツ
  • チケット
  • インフォメーション
“もて耐”

REPORT レポート&受賞者

“もて耐”トップページレポート&受賞者2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース 11時間耐久レース

2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース
11時間耐久レース

【#090 テルル・MotoUPレーシング】がポールポジションから転倒のアクシデントを乗り越えトップに進出!

2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース 11時間耐久レース

NST-CBRの【#080 テルル・MotoUPレーシング】が11時間耐久を制す!

2日目を迎えた2017 もてぎオープン11時間耐久ロードレース。8月27日(日)は朝方こそ日差しがあったものの再スタートを迎えるころには雲が空を覆う。前日より気温も湿度も低く、ライダーやスタッフにとっては、過ごしやすくなっていた。

予定通り8時15分にインターベーション終了し、車両解除になるとマシンセットの変更やタイヤ、ブレーキパッドの交換、修復などがあるチームはピット前で作業を開始。前日のコチラフラッグを受けた順位でグリッドに並び、8時30分よりセーフティーカーランがスタートしレースは再開。3周のセーフティーカーラン後に、グリーンシグナルが点灯し、レースは本格的に再開となる。

前日、トップにつけていた【#090 テルル・MotoUPレーシング】は、早々にピットイン。かわってチームメイトの【#080 テルル・MotoUPレーシング】がトップに立つものの、ハイペースで追い上げて来た【#11 BLUE EYES & DREAM柏】がトップに浮上する。その後、再スタートから1時間半、レース全体では6時間が経過したころには、燃費走行しつつもハイペースでロングランを敢行した【#5 Team KYOEI & STRIKER Racing】の中澤寿寛選手がトップに浮上。同じくロングランを行っていた【#1 YSSレーシング・ブルドッカータゴス】もポジションを上げてくる。【#080 テルル・MotoUPレーシング】と【#15 WIN-RF】もトップと同一周回で続いていた。

お昼を過ぎると雲間から日が差し込み、気温が上昇。路面温度も上がって行く。レースも残り3時間を切ると、この時点で8時間以上走り続けていることになり“もて耐”では、未知の領域に突入。マシントラブルや転倒もあったが、セーフティーカーが入ることはなくレースは進行して行く。【#5 Team KYOEI & STRIKER Racing】は、トラブルが発生し順位を落としていたが、逆にNST-Ninjaのトップを走る【#31 31Spec & G!trax】がポジションを上げてくる。

レース終盤になると【#080 テルル・MotoUPレーシング】がリードを広げ【#1 YSSレーシング・ブルドッカータゴス】が追い上げる展開となる。どちらのチームもガソリンに余裕はないと言っていたが、【#080 テルル・MotoUPレーシング】は予定通りピット作業を行ったのに対し、【#1 YSSレーシング・ブルドッカータゴス】は、予定より1回多く給油しなければならず、ここで勝敗が分かれる結果となる。さらに【#090 テルル・MotoUPレーシング】が最後のスティントでハイペースで追い上げ【#1 YSSレーシング・ブルドッカータゴス】をかわして2番手に浮上する。

トップを走る【#080 テルル・MotoUPレーシング】は、安定したライディングを見せ262周を走り切り、そのままチェッカー。もて耐”史上初となった11時間耐久を制した。「6人登録できるのに4人だけ。そのうち国際ライセンスのライダーが2人だったので、国内ライセンスの2人が頑張りました。中村もいいペースで走ってくれましたし、中臺、渡部、吉野、それぞれ頑張りましたが、やはりノントラブルだったことが一番ですね」と菅原監督。

2位には【#090 テルル・MotoUPレーシング】が入り【テルル・MotoUPレーシング】が1-2フィニッシュを決めた。3連覇を狙った【#1 YSSレーシング・ブルドッカータゴス】は悔しい3位となった。2位、3位は、261周を記録。4位は【#15 WIN-RF】、5位は【#31 31Spec & G!trax】と260周で続いた。

スピードでは、今年登場したHonda CBR250RRが圧倒的だったが、ガソリン給油時のピット滞在時間の差は大きく、単気筒のHonda CBR250Rが11時間耐久を制する結果となった。20回目の“もて耐”も速いだけでは勝てないという、もてぎ4大耐久の醍醐味とも言えるレースとなった。

天候も、土曜日の公式予選では、雨がパラついたものの、レースがスタートしてからは、安定した路面コンディションとなり、多くのエントラントの皆さんに“もて耐”を楽しんでもらえたと思います。来年も皆さんに、より楽しんでもらえる“もて耐”を目指します。ぜひ21回目の“もて耐”でもお会いしましょう。

※写真をクリックすると、拡大画像をご覧いただけます。

2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース 11時間耐久レース 2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース 11時間耐久レース 2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース 11時間耐久レース 2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース 11時間耐久レース 2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース 11時間耐久レース 2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース 11時間耐久レース 2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース 11時間耐久レース 2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース 11時間耐久レース
 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish