> ENGLISH

  • 森
  • ゆうえんち
  • ミュージアム
  • ホテル
  • キャンプ
  • レストラン
  • ショップ
  • バイクとクルマのスクール
  • モータースポーツ
  • チケット
  • インフォメーション
“もて耐”

REPORT レポート&受賞者

“もて耐”トップページレポート&受賞者2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース 初日 レースレポート

2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース
11時間耐久レース 初日(4時間30分経過)

【#090 テルル・MotoUPレーシング】がポールポジションから転倒のアクシデントを乗り越えトップに進出!

2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース 初日 レースレポート

20回目を迎えた“もて耐”は、史上初めて2日間、24時間半に渡って11時間で争われることになった。7月9日(日)に先だって開催した3時間予選レースを勝ち抜き、11時間耐久ロードレースに駒を進めた74台が8月26日(土)にツインリンクもてぎに再集結。ブリーフィング後に、まずはスターティンググリッドを決めるグリッド予選に臨んだ。

第1ライダーと第2ライダーの合算タイムで争われたグリッド予選。それぞれ20分間で行い、まず第1ライダーのセッションが始まる。その直後に大粒の雨が降ってくるが、すぐに止みドライコンディションでアタックして行く。これでトップタイムとなる2分14秒895をマークしたのは【#12 CLUB1.2FKクシタニ川口】の長野克哉選手。これに【#090 テルル・MotoUPレーシング】の富田一輝選手が2分16秒547、【#23 TEAM ARA 虎の穴 AFH】の新垣敏之選手と続いた。

第2ライダーのセッションでは、【#6 ピューピュー電設A】の川田晋介選手がコースレコードを更新する2分14秒081をマークしトップタイム。2番手に【#090 テルル・MotoUPレーシング】の豊島智博選手が2分15秒684、3番手に【#1 YSSレーシング・ブルドッカータゴス】の藤井岳選手が2分16秒426で続いていた。

合算タイムでは【#090 テルル・MotoUPレーシング】が4分31秒755となりポールポジションを獲得。2番手に【#12 CLUB1.2FKクシタニ川口】が4分32秒868で続き、3番手に【#6 ピューピュー電設A】が4分33秒906で続く結果となった。

そして74台がグリッドに並び、ライダーがバイクに駆け寄るル・マン式スタートで11時間で争われる20回目の“もて耐”は始まった。まず第1グループの37台が一斉に1コーナーを目指す。好スタートを見せたのは、3年連続5度目の優勝を目指す【#1 YSSレーシング・ブルドッカータゴス】の藤井選手。これに5番手スタートの【#11 BLUE EYES & DREAM柏】の元MotoGP™ライダー宇川徹選手が背後につける。3番手に10番手スタートの【#78 D;REX】の豊田浩史選手がつけるが、フライングのペナルティを受けることになる。以下、【#68 ライディングスポーツファイヤ68】、【#23 TEAM ARA 虎の穴 AFH】と続く。

オープニングラップは、【#11 BLUE EYES & DREAM柏】の宇川選手が制し、【#1 YSSレーシング・ブルドッカータゴス】の藤井選手が続くが、後方から【#12 CLUB1.2FKクシタニ川口】がハイペースで迫ると3周目には、トップに浮上する。そのまま【#12 CLUB1.2FKクシタニ川口】がレースをリードし、【#11 BLUE EYES & DREAM柏】がついて行くが、徐々に遅れて行く。その背後には、【#090 テルル・MotoUPレーシング】が迫り、ポジションを入れかえる。しかし、【#090 テルル・MotoUPレーシング】が5コーナーで転倒。すぐに再スタートを切りピットインし、ロスを最小限に抑える。トップを走っていた【#12 CLUB1.2FKクシタニ川口】がピットに入ると【#11 BLUE EYES & DREAM柏】が再びトップに立つが、ピットインのタイミングで順位は【#12 CLUB1.2FKクシタニ川口】、【#080 テルル・MotoUPレーシング】と入れ代わって行く。クラス毎のピット滞在時間の違いは大きく、NST-CBRが上位に顔を出してくる。しかし、夜間走行に入ると、驚異的なペースを見せたのが【#090 テルル・MotoUPレーシング】だった。元Moto3™ライダーの藤井謙汰選手がコースを照らすライトの中を2分18秒台というハイペースで周回。一気にトップを奪うと109周を周回し、コチラフラッグを受けた。2番手に【#080 テルル・MotoUPレーシング】が108周、3番手には【#22 聡一よ頑張れ!?中村エンジン研究所】が、やはり108周でつけNST-CBRが2、3番手につけた。以下、4番手の【#11 BLUE EYES & DREAM柏】から9番手の【#15 WIN-RF】までが107周で続いた。

4時間半を戦ったマシンは、40〜45番ピットに車両保管され、8月27日(日)8時15分に車両解除となりグリッドへ整列。8時30分よりセーフティーカースタートで15時のゴールを目指すことになる。

早めにピットに入り、給油しているチームもあるだけに、レース再開後の動きに注目が集まるところ。どの作戦が吉と出るか!?

※写真をクリックすると、拡大画像をご覧いただけます。

2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース 初日 レースレポート 2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース 初日 レースレポート 2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース 初日 レースレポート 2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース 初日 レースレポート 2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース 初日 レースレポート 2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース 初日 レースレポート 2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース 初日 レースレポート 2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース 初日 レースレポート
 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish