> ENGLISH

  • モータースポーツ
  • 森
  • ゆうえんち
  • ミュージアム
  • ホテル
  • キャンプ
  • レストラン
  • ショップ
  • バイクとクルマのスクール
  • チケット
  • インフォメーション
“もて耐”

REPORT レポート&受賞者

“もて耐”トップページレポート&受賞者2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース 3時間予選レース

2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース
3時間予選レース

11時間耐久に77チームが進出!

2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース3時間予選レース

8月1日(火)に開業20周年を迎えるツインリンクもてぎ。そのツインリンクもてぎの歴史と共に歩んできたのが“もて耐”。2017年は、8月26日(土)、27日(日)に2日間に渡って11時間耐久で行うことになり、その決勝に進出するためのタイムアタック予選・3時間予選レースを7月9日(日)に開催。当日は、まだ梅雨明け宣言はないものの、本番さながらの厳しい暑さに見舞われた。

決勝に進出できるのは総参加台数96台の中の77台。そのうちシード対象チーム、主催者招待チームが11台あるため、3時間予選レースで選抜されるのは、66台。決勝選抜台数は、各クラス毎の参加受付台数に応じた割合で決まる。登録するライダーは、3名または4名で、最低3名は必ず1回は走行しなければならない。また1名のライダーが連続走行できるのは、国際ライダーは、30分以内、国内ライダーは、90分以内、給油を伴うピットストップは一律2分の滞在時間というのが、予選レースの主なルールだ。

まずは、A組(WT、Brave、NST-R25)第1ライダーのタイムアタック予選があり、国内外のレースで話題を呼んでいるHonda CBR250RRが、どんなタイムを出してくるのか注目された。その期待通りに【#5 TeamKYOEI & STRIKER Racing】の貝崎主典選手が2分15秒292を出しトップタイムをマーク。Braveクラスの【#12 CLUB1.2FKクシタニ川口】の長野克哉選手が2分15秒678で2番手につけるが、トップ10のうち7台がHonda CBR250RRが占める結果となっていた。続く第2ライダーのセッションでは、先日のMFJ CUP JP250のもてぎラウンドを制している【#102 RIDERS CLUB RT】の薄井徹也選手が2分15秒165のコースレコードをたたき出しトップ。2番手にBraveクラスの【#6 ピューピュー電設A】の川田晋介選手が2分16秒335で続くが、こちらもトップ10のうち6台がHonda CBR250RRが占めていただけに3時間予選レースでも上位を独占するかと思われた。

スターティンググリッドは、第1ライダーと第2ライダーの合算タイムで決まることになっており【#5 TeamKYOEI & STRIKER Racing】がポールポジション。2番手に【#090 テルル・MotoUPレーシング】、3番手に一昨年、昨年と2連覇中の【#1 YSSレーシング・ブルドッカータゴス】、4番手に【#12 CLUB1.2FKクシタニ川口】、5番手に【#57 ベスラレーシングwith制動女子】、6番手に【#11 BLUE EYES & DREAM柏】と続いた。

B組(NST-Ninja、NST-CBR、WS、AS、NST-VTR、NST-G301)は、第1ライダーでは【#31 31spec & G!trax】の上田隆仁選手が2分20秒875でトップにつけるが、第2ライダーでは【#30 オートテクニックスポーツ】の森山貴史選手が2分20秒036で上田選手のタイムを上回る。しかし、合計タイムでは、【#31 31spec & G!trax】が速くポールポジションを獲得。【#30 オートテクニックスポーツ】が2番手グリッドとなった。

うだるような暑さの中、50台が出走したAグループの3時間予選レースは、ル・マン式スタートで始まった。まずスタートでトップに立ったのが【#090 テルル・MotoUPレーシング】。これに【#1 YSSレーシング・ブルドッカータゴス】、【#5 TeamKYOEI & STRIKER Racing】、【#57 ベスラレーシングwith制動女子】、7番手グリッドの【#67 ライディングスポーツファイヤA】と続いて行く。オープニングラップをトップで戻って来たのは、【#67 ライディングスポーツファイヤA】。国際ライダーの亀井駿がさすがの速さを見せるが、この直後にシフトのトラブルが発生し遅れてしまう。かわってトップに立ったのが【#5 TeamKYOEI & STRIKER Racing】だったが、その背後には【#12 CLUB1.2FKクシタニ川口】が迫ると一気に前に出て行く。そのままレースをリードし、20周目にはファステストラップをマーク。そのままレース開始から1時間10分経過した辺りでピットイン。再び【#5 TeamKYOEI & STRIKER Racing】がトップに立つがコンスタントに2分16秒台というハイペースで周回する【#090 テルル・MotoUPレーシング】がトップに立つと、そのまま3時間を走り切りチェッカー。Honda CBR250RRが速さを見せた。「事前にボクが仕上げたマシンで若手ライダーがいいペースで走ってくれました。何かあれば出て行けるようにレーシングスーツを着て待機していましたが安心して見ていられました。本番は、いろいろ作戦を練って臨もうと思っています」とライダー登録はしていたが今回は走らなかった藤井謙汰選手。

2番手には、【#57 ベスラレーシングwith制動女子】がつけていたが、残り僅かというところでガス欠の症状が出てしまい後退。【#1 YSSレーシング・ブルドッカータゴス】が2位、【#5 TeamKYOEI & STRIKER Racing】が3位でゴール。【#57 ベスラレーシングwith制動女子】は、4位となった。

そして46台が出走したBグループの3時間予選レースが15時にスタート。ポールポジションからイン側のラインを取った【#31 31spec & G!trax】がホールショットを奪い、【#30 オートテクニックスポーツ】、【#55 APP RISE+阿久澤自動車】、【#080 テルル・MotoUPレーシング】、【#79 湘南FRP&RacingGarageSTR】、【#35 よし、ミーティングだ!fineracing】と続いて行く。オープニングラップを制したのは【#30 オートテクニックスポーツ】。2番手以下を引き離し独走体制を築いていく。【#30 オートテクニックスポーツ】は、驚異的な燃費を見せ約1時間半を、そのまま走りトップの座を強固なものにしたかと思われた。しかし残り1時間というところでペースが上がらない。逆にファステストラップを記録しながら【#31 31spec & G!trax】が追い上げると、【#30 オートテクニックスポーツ】をかわしトップに立つ。しかし、その後にピットに入ったタイミングで【#30 オートテクニックスポーツ】がトップに返り咲き、そのままチェッカーを受けた。「タイヤが他に比べて細いので、交換するかしないかで悩んだのですが、そのまま行けたのがよかったと思います。ここはトップでチェッカーを受けたかったので、そこの判断が勝敗を分けたと思います」と冨田信道選手。一方、2位ゴールとなった【#31 31spec & G!trax】の上田隆仁選手は「そのままガスチャージしなくても行けたと思うのですが、予選レースですし、ここで無理はできないので」と11時間耐久を見据えたコメントだった。

3位に【#080 テルル・MotoUPレーシング】、4位に【#26 マセラティ幕張&ファイヤー】、5位に【#99 PRT TOPS with YSS&Sniper A】、6位に【#131 プレスト-NP-Wiz-K】、7位に【#22 聡一よ頑張れ!?中村エンジン研究所】と続いた。

この結果、11時間耐久に進出できる77台が決定。8月26日(土)、27日(日)のもて耐本番に向けて、いいデータが取れたはず。灼熱の3時間予選レースとなったが、本番も暑くなりそうなので、熱中症対策を、しっかりして臨んで欲しい!

※写真をクリックすると、拡大画像をご覧いただけます。

2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース 3時間予選レース 2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース 3時間予選レース 2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース 3時間予選レース 2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース 3時間予選レース 2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース 3時間予選レース 2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース 3時間予選レース 2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース 3時間予選レース 2017 もてぎオープン 11時間耐久ロードレース 3時間予選レース
 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish