> ENGLISH

  • 森
  • ゆうえんち
  • ミュージアム
  • ホテル
  • キャンプ
  • レストラン
  • ショップ
  • バイクとクルマのスクール
  • モータースポーツ
  • チケット
  • インフォメーション
“もて耐”

REPORT レポート&受賞者

“もて耐”トップページレポート&受賞者2014年 “もて耐” 8月2日(土) レースレポート

2014年 “もて耐”
8月2日(土) レースレポート

【#12 CLUB1.2クシタニ川口店】が2年連続ポールポジションを獲得!4時間耐久は【#4 ウィルさいたま&吉澤企画】が制し7耐にコマを進める!!

2014年 “もて耐” 8月2日(土) レースレポート 17回目を迎えた“もて耐”。8月2日(土)は、公式予選と惜しくも予選を通過できなかったチームによる4時間耐久レースを開催。朝から快晴となり気温35度、路面温度は55度という真夏らしい厳しい暑さに見舞われた。

午前8時からAグループの第1ライダーのセッションが始まった。ここで【#12 CLUB1.2クシタニ川口店】のBRAVEクラスのマシンを駆る長野克哉選手が、2分14秒739という圧倒的なコースレコードを記録。2番手にWTクラスの【#42 YSSレーシング・マーキュリー】山本隆宏選手が2分19秒246、3番手にWTクラスの【#10 チームペンスケ】松田光市選手が2分19秒673、4番手にWTクラスの【#1 YSSレーシング・ブルドッカータゴスA】小坂橋達也選手と続いた。

Bグループの第1ライダーでは、NST-CBRクラスの【#999 レーシングチームハニービー】富田一輝選手が2分22秒716でトップにつけ、こちらもNST-CBRクラスのコースレコードを更新した。

続いて行われたAグループ第2ライダーのセッションでも【#12 CLUB1.2クシタニ川口店】の熊谷健志選手が2分15秒701をマークしトップにつけた。丸山浩選手は2分24秒971をマーク。ポジションこそ組19番手だったが、NST-VTRクラスのコースレコードを更新する。

そして、最後の予選セッションとなったBグループの第2ライダーでは、【#17 アソートレーシング】中村修一郎選手が2分22秒747と第1ライダーのセッションで富田選手がマークしたタイムに次ぐ好タイムを記録し、組トップとなった。

ポールポジションは、第1ライダー、第2ライダー共に圧倒的なタイムでトップにつけた【#12 CLUB1.2クシタニ川口店】が獲得。2年連続の快挙となった。
「予定通りにポールポジションを獲得できましたと言いたいところですが、今年は、だいぶマシントラブルに悩まされています。昨年のエンジンデータをベースに新しいエンジンを組んだのですがトラブル続きでした。そのため昨年のデータを捨てて、ほぼスタンダードの状態で臨んでいます。レースウイークに入ってようやくタイムが出ましたが、パワーは昨年より出ていないのでライダーが補っている感じです。実は、予選でもミッショントラブルが発生してしまっているので、決勝は完走できるかどうかあやしいところですが、逃げられるだけ逃げるしかないですね。まずは、予選で打ち上げ花火を上げられたので、よしとします」とベストタイムをマークした長野克哉選手。

2番手に【#42 YSSレーシング・マーキュリー】、3番手に【#10 チームペンスケ】、4番手に【#1 YSSレーシング・ブルドッカータゴスA】、5番手に【#2 YSSレーシング・ブルドッカータゴスB】とWTクラスのNinja250が続き、6番手にWSクラス最上位となる【#66 ライディングスポーツファイヤー66】が食い込んだ。

予選結果は、第1ライダーと第2ライダーの合計タイムで争われた。決勝になれば、第3、第4ライダーで速い国際ライダーもいるだけにレース展開は、なかなか読むことができない。ピット滞在時間もクラスによって設定されており、速いだけでは勝てないのが“もて耐”。果たして、どのチームがトップでチェッカーフラッグを受けるのだろうか!?

予選結果を受け、7時間耐久に進出できなかった35台によって14時から4時間耐久決勝レースがスタートした。オープニングラップをトップで戻って来たのは【#117 Y-style】。これに【#34 サチレーシング ☆ 天 鍼 堂】、【#53 プレストMRCオヤジの悪あがき】、【#107 WITH ME RACING V250】と続き、序盤は6台ほどがトップグループを形成する。この中で【#107 WITH ME RACING V250】の丸山選手は積極的な走りを見せ、一時はトップに立つが、その直後にS字コーナーで痛恨のクラッシュ。順位を大きく下げてしまう。

その後、グリッド最後尾から追い上げて来た【#4 ウィルさいたま&吉澤企画】がトップに浮上し、独走態勢を築いていく。【#4 ウィルさいたま&吉澤企画】は、予選で第1ライダーの吉澤隆選手がアウトラップで転倒してしまいノータイムとなり、嘆願書で4耐に出走していた。

レースが動いたのは、間もなく3時間が経過するというところだった。トップを独走していた【#4 ウィルさいたま&吉澤企画】と2番手の【#64 グリーンヒルズ&ビークラフトI】が同時にピットイン。両チームともライダー交代だけでピットアウトして行く。実は、【#4 ウィルさいたま&吉澤企画】は本来走るライダーの用意ができていなく、他のライダーが代わってコースイン。その直後に再びピットインし給油を行いライダーも交代する。このピットインで、それまでのギャップを使ってしまいコースインすると、後方から【#64 グリーンヒルズ&ビークラフトI】が迫ってくる。73周終了時点で、その差は8秒181。74周で5秒390、75周で3秒122と接近。燃費的に苦しかったと言う【#4 ウィルさいたま&吉澤企画】もペースを上げるが、76周で1秒556と、さらに、その差は縮まってしまいV字コーナーでは、ついにテールtoノーズとなる。そしてバックストレートで【#64 グリーンヒルズ&ビークラフトI】が【#4 ウィルさいたま&吉澤企画】をかわして前に出ていく。残り36分と言うところだった。2番手に落ちた【#4 ウィルさいたま&吉澤企画】も意地を見せ【#64 グリーンヒルズ&ビークラフトI】のテールに食らいついて行くが90度コーナー立ち上がりで大スライドを起こし、あわや転倒という状況だった。さらにバックマーカーに引っかかってしまい、そのギャップは広がり【#64 グリーンヒルズ&ビークラフトI】に軍配が上がるかと思われた。しかし、83周目のヘアピンでトップを走っていた【#64 グリーンヒルズ&ビークラフトI】が痛恨の転倒。すぐに再スタートするものの、2番手に後退してしまう。さらに後方から【#53 プレストMRCオヤジの悪あがき】が迫り、2位争いを繰り広げる。

そんな後続を尻目に【#4 ウィルさいたま&吉澤企画】がトップでゴール。翌日の7時間耐久への出走権を手に入れた。
「実は仕事の電話を受けていたらライダー交代のタイミングを逃してしまい、一度、無駄にピットインしてしまったんです。予選では、いきなり転倒してしまいチームに迷惑をかけてしまったので頑張りました。支えてくれた、みんなのおかげで勝つことができました。明日の7耐にも参加させていただきます」と吉澤選手。

2位争いを繰り広げていた【#64 グリーンヒルズ&ビークラフトI】は、ゴール直前でまさかのスローダウン。フィニッシュラインを通過できず悔しい30位となった。【#53 プレストMRCオヤジの悪あがき】が2位でゴールし、3位には【#881 8810R】が入った。

※写真をクリックすると、拡大画像をご覧いただけます。

2014年 “もて耐” 8月2日(土) レースレポート 2014年 “もて耐” 8月2日(土) レースレポート 2014年 “もて耐” 8月2日(土) レースレポート 2014年 “もて耐” 8月2日(土) レースレポート 2014年 “もて耐” 8月2日(土) レースレポート 2014年 “もて耐” 8月2日(土) レースレポート 2014年 “もて耐” 8月2日(土) レースレポート 2014年 “もて耐” 8月2日(土) レースレポート
 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish