> ENGLISH

  • 森
  • ゆうえんち
  • ミュージアム
  • ホテル
  • キャンプ
  • レストラン
  • ショップ
  • バイクとクルマのスクール
  • モータースポーツ
  • チケット
  • インフォメーション

レポート&受賞者

“K-TAI”トップページレポート&受賞者2013 “K-TAI” チャレンジクラス5時間ファイナルイベントレポート

2013 “K-TAI” チャレンジクラス5時間ファイナルイベントレポート

MVPには【#33 Gulf Kid's IKB】が選ばれる!【#510 ReonSuperKids-1】が4回ピットで105周をマークし最多周回数賞!!

2013 “K-TAI” チャレンジクラス5時間ファイナルイベントレポート 日本列島は、全国的にこの夏一番の暑さに見舞われ、ツインリンクもてぎも、その例外ではなかった。気温は37度、路面温度は60度に近く、暑く厳しいコンディションでのチャレンジ5時間耐久となった。マシンにはもちろん、選手にも容赦なく暑さが降り注ぐ。

33台が出走したチャレンジ5時間耐久。予定通りローリングラップから10:30に日章旗が振られてファイナルイベントがスタート!ポールポジションを引き当てた【#30 ReonSuperKids-3】を先頭に、【#34 AWAby杉村塾】、【#33 Gulf Kid's IKB】【#2 ReonSuperKids-2】、【#11 レースライブwith EIKO】、【#31 新湘南新宿feat. fuu?】と続いていくが、オープニングラップをトップで戻ってきたのは、28番手グリッドからスタートした【#510 ReonSuperKids-1】だった。【#77 遠藤AS・Z-SPEED1号】、【#20 SuperChipsDream】、【#11 レースライブwith EIKO】、【#1 Team SYOTA】と続いて2周目に突入していくが、ここから3台が抜け出しレース序盤は、【#510 ReonSuperKids-1】【#77 遠藤AS・Z-SPEED1号】【#20 SuperChipsDream】の3台がトップ争いを繰り広げる。

レース序盤は、厳しい暑さのためかトラブルでマシンがストップするチームが数チームあった。その中には、昨年、最多周回数賞を受賞した【#4 ddd】も含まれていた。再スタート後の9周目にチャレンジ5時間耐久のコースレコード2'33.436をマークする追い上げをみせたが2連覇の夢は遠のいてしまった。

2時間が経過した時点で【#20 SuperChipsDream】が42周を周回しトップ、【#39 Espresso】が同一周回で2番手、【#510 ReonSuperKids-1】、【#1 Team SYOTA】、【#46 SRKTチャレンジADVAN】、【#21 俺らレーシング】、【#27 Team CooL GReeN】が41周で続いていた。

残り1時間となるとピットインのタイミング、ピットインの回数により順位が変動。再び【#510 ReonSuperKids-1】がトップに立ち、【#77 遠藤AS・Z-SPEED1号】、【#20 SuperChipsDream】が同一周回で続いていたが、どちらもピットイン。【#510 ReonSuperKids-1】も、もう一度ピットに入るかと思われたが、そのまま5時間を走り切りトップでチェッカー。終わってみれば105周を周回し、2番手に2周差をつける圧勝。ピットストップ回数は、何と4回だった。「公開練習でしっかり燃費を計れていたので予定通りのピットイン回数です。最後は、ギリギリだったみたいですがガス欠の症状も出ませんでしたし、楽しむことができました」と牛井渕琴夏選手。「2人ともペースがよかったですし、最後までチームのみんなに協力していただいたおかげで楽しく走れました」と鈴木琴葉選手。

一方、2番手争いは、最後まで熾烈だった。残り13分を切ったところで【#2 ReonSuperKids-2】が【#20 SuperChipsDream】をかわして2番手に浮上。しかし、さらにハイペースで追い上げてきた【#77 遠藤AS・Z-SPEED1号】がトラブルを抱えた【#20 SuperChipsDream】をかわして3番手に浮上すると、最後は【#2 ReonSuperKids-2】をもかわし、そのままチェッカー。【#77 遠藤AS・Z-SPEED1号】が2番手でゴールし、【#2 ReonSuperKids-2】、【#20 SuperChipsDream】と続いた。この3チームが、103周を周回し優秀周回数賞を受賞した。

MVPには、今回のエントリーの中で、最大10名の大所帯にもかかわらず、エントリー、車検なども不備なく完了し、レースもノントラブルで完走。見事なチームワークを発揮し、チーム一丸となって“K-TAI”を楽しんでいたことが評価された【#33 Gulf Kid's IKB】が選ばれている。

※写真をクリックすると、拡大画像をご覧いただけます。

2013 “K-TAI” チャレンジクラス5時間ファイナルイベントレポート 2013 “K-TAI” チャレンジクラス5時間ファイナルイベントレポート 2013 “K-TAI” チャレンジクラス5時間ファイナルイベントレポート 2013 “K-TAI” チャレンジクラス5時間ファイナルイベントレポート 2013 “K-TAI” チャレンジクラス5時間ファイナルイベントレポート 2013 “K-TAI” チャレンジクラス5時間ファイナルイベントレポート 2013 “K-TAI” チャレンジクラス5時間ファイナルイベントレポート 2013 “K-TAI” チャレンジクラス5時間ファイナルイベントレポート
 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish