「8月1日(火)~3日(木)開催:夏休み子どもキャンプ~森遊び編~」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

夏休みまっただなかの8月はじめ、森でちからいっぱい遊ぼう!という子どもキャンプが
行われました。

集まったのは1年生から5年生までの総勢28人。

「ハローウッズは何度も来たことある!」という子がいれば、「はじめて来ました!」という子も。

それぞれが力と心を合わせて自然の中での遊びを作り出す、楽しい3日間を過ごしました。

最初のプログラムはテントたて!

大きなテントをみんなで広げたり、風に負けないようにペグ打ちをしたり、寝袋を運んだり・・・

一緒にたてるのは、初めて会う友だち・グループリーダー。ひとつの目的にむけて協力して行う
テントたては、一気にみんなの距離を縮めてくれたようです。

テントたてが終わって1時間ほどの森散歩を楽しんだら、夕食づくりの時間。

キャンプといったら・・・カレーでしょ!!

野菜切りや米とぎも自分たちで。

みんなが一番どきどきしたのは、やっぱり火おこしかな?

初めての子の挑戦を、周りの子どもたちが応援しアドバイスする姿も。

完成したカレーライスは、チームのみんなといただきます!

2日目を迎えるころには、みんなの関係はすっかり仲良し。今日は1日、遊びたおします!

午前中は、みんなの遊び場所づくり。舞台はハッチョウトンボの棚田近くの斜面です。

ここを、みんなのアイディアでたのしい遊び場所にしてしまおう!!

立ち木をつかってハンモックをぶら下げれば、ゆらゆらブランコに!

ロープを張り巡らせて、クモの巣のようなアスレチックに!!

手作りロープウェイも出来ちゃった!!!

・・・さすがに完全にはぶら下がれないので、自分で走る方式です。

切った木を使って、ブランコを作りたい!思いついた仕組みを一生懸命リーダーに話し、
数人で協力して作り上げたら・・・大人気!

子どもたちのアイディアがアイディアを呼び、次々に新しい遊び方が生まれていきます。

用意された遊びではなく、自分でつくった遊びから生まれた笑顔をたくさん見せてくれました。

ふとあたりを見回すと・・・いつの間にこんなにたくさんの遊び場を!?
子どもたちの「遊びのちから」はやっぱりすごい!

午後は引き続き遊び場づくりをしたいチームと、田んぼでどろんこ遊びをしたい!
というチームに分かれました。

どろんこチームは・・・こんなになっちゃいました!

最後にみんなで記念撮影!遊びきった感、出てますね・・・

シャワーを浴びたら、バーベキュー!準備のときに、がっつから一言。

「昨日、カレーのときに火をおこしたでしょ?みんなだったら、
もう教えなくたってできちゃうよね~」

さあ大変。新聞紙、木の枝、炭・・・どんな順番だったっけ?ああでもない、こうでもない・・・

わりとスムーズに出来たチームもいれば、なかなか火がつかずバタバタするチームも。
他チームにアドバイスを求め、教えてあげて・・・。力を合わせて、すべてのチームが
火おこし成功!!

調理にもはりきって参加します。

たくさん遊んでおなかが減って、がんばって火おこししたバーベキュー。
みんなおいしそうに食べていました。

夜はみんなでキャンプファイヤー。歌って、踊って、ゲームして・・・
最後まで力いっぱい遊んだ2日目でした。

最終日、3日目。チームみんなで協力してテントを片付ける姿が印象的。

息ぴったり。

初日には初めましての相手ばかりだったのに、終わるころにはすっかり「仲間」の関係に
なっていました。

たくさん遊んで、力を合わせて。自然の中で「遊び」と「仲間」を作り上げたこの3日間。

28人の子どもたちにとって、この夏の特別な思い出のひとつになったのではないでしょうか。

またハローウッズの森に楽しい遊びを作りに来てくださいね。いつでも待っています!

(石松 健一)

今回のキャンプスタッフ

  

こた(小瀧 綾) がっつ(石松 健一) たかさん(土田 崇央)

やまちゃん、いっこう、よこちゃん、しろちゃん、ななみん

posted by ハローウッズ at

2017-09-08

10:37:44
     

mixi`FbN

twitter tweet

hatena standart