年の瀬の出会い

カテゴリ:ハローウッズの森から

春まで遠い、まだ12月というのに、スミレが咲いていました。



そして夕陽・・・

何かとあわただしい年の瀬ですが

森に入ると時の流れ、気持ちを和らげてくれるやさしい出会いがあります。



よいお年を

だーさん(和田 誠)




posted by ハローウッズ at

2016-12-28

17:46:24

12月3日(土)、4日(日)、10日(土)、11日(日)開催:「森カフェ~ほかほか焼き芋~」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

12月前半の週末、ハローウッズの森のアカネズミの広場で
森カフェ~ほかほか焼き芋~を開催しました!

天候にも恵まれ焼き芋日和となりました。

ダッチオーブンでつくる石焼き芋づくりです。

ダッチオーブンにサツマイモを入れて蓋をし、炭をのせちゃいます。

あとは時間を待つだけ。(およそ20分)




焼いている間は山へ柴刈りに!

※柴刈りは、焚き木として利用する枯れ枝などを拾い集めること。


昔ながらの籠をしょってたくさん集めていただきました。

最終日には手入れされたように、きれいな森になっちゃいました!


ナタを使っての薪割体験、拾ってきた枝を燃やしてたき火をしつつ・・・

お楽しみデザート焼きマシュマロ用のシノタケをとったらあっという間に
焼き上がりの20分!


開けてみると・・・ホックホクの焼き芋の完成です。



ふうふうしながらいただきまーす。







野鳥の声を聴きながら、冬の静かな森のひと時です。
たまにサーキットのエンジン音も轟きますが・・・

最後はお楽しみの焼きマシュマロ。

美味しい焼き芋との味ととともに、たき火の楽しさ、
森の恵みも味わうことができたのではないでしょうか。

参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
楽しい森の時間を過ごすことができました。

(和田 誠)


今回のクッキングスタッフ

  
だーさん(和田 誠)  タカハン(高橋 廉)   かわっち(河又 直人)




1月は7日(土)から、「冬の森散歩&焚き火カフェ」開催します。

参加お待ちしてまーす!

posted by ハローウッズ at

2016-12-27

12:06:13

その工夫は何のため?

カテゴリ:ハローウッズの森から

ちょっと前まで紅葉がきれいだったのに、森の木々はすっかり葉っぱを落としてしまいました。

ハローウッズの入り口にあるトチノキも丸はだか。

枝先を見ると、春にむけて芽が準備されているのがわかります(冬芽といいます)。

木の種類によっていろいろな特徴があるのですが、トチノキの冬芽はこちら。

なんだかツヤツヤです。

触ってみると・・・

ベトベト!!

このベトベトは、何のための工夫なんでしょう。

乾燥から芽の中の葉っぱを守るためとか、虫に食べられないようにしているとか・・・
説はさまざま。

いくつか芽を見てみましょう。なにかわかるかもしれません。

お、虫がくっついてますね。カ(蚊)の仲間でしょうか。

口の形をみると、葉っぱは食べられそうもないけど・・・

種もくっついています。タンポポのように風に乗る、キクの仲間の種と思われます。

この種は特徴的。センニンソウという植物の種でしょう。
この白い毛を、仙人のヒゲにたとえているそうです。

・・・とりあえず、いろいろくっついてしまうのはわかりました。

きっとなにか良いことがあるんだろうけど、
ホントのところはトチノキに聞いてみないとわかりませんね・・・

森の生きものたちとは話が通じない分、あれこれ想像がふくらみます。




ガッツ(石松 健一)

posted by ハローウッズ at

2016-12-25

17:57:46

11月19日(土)~20日(日)開催:「秋のガキ大将キャンプ~熱気球フリーフライト編~」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

11月19日(土)~20日(日)「秋のガキ大将キャンプ~熱気球フリーフライト編~」が開催されました。

紅葉の里山を、気球でのんびり空から見よう!というなんとも贅沢なプログラム。
5組のお客様が集まりました。

土曜日はあいにくの雨模様。さすがに気球は飛べません。
明日の好天に望みを託し、ものづくりプログラムを楽しみました。

子どもチームは元気いっぱい、つぎつぎにクラフト作品を仕上げていきます。


一方の大人チームは、竹の行灯作り。デザインを決めて、穴を開けて・・・じっくりと作ります。



完成した竹行灯のきれいさにびっくり!!


そして夕食はお座敷バーベキュー。しっかり食べてしっかり寝て、明日こそ気球が飛びますように・・・

夜が明けて、何とあたりは真っ白の濃霧!

何も見えない状態では、もちろん気球をあげることなどできません。

なんとか飛べるくらいに回復したのは、なんと午後になってから。
解散時間を延長して、ようやく気球フリーフライトの開始です!!

気球をたちあげ、

離陸!!

紅葉の木々の上や、雲の中。地上からは想像もつかない世界が次々にひろがりました。






熱の力で浮き上がり、移動はすべて風任せ。

自然の力で飛ぶ気球だからこそ、天気の影響もまた受けやすいところが難しい熱気球。

最後の最後で天気に恵まれ、参加者全員に空の旅を楽しんでいただけました。

このキャンプは、3月4日~5日にも追加開催される予定です。

風に包まれちょっと優雅な空の旅、みなさんもいかがですか?ご参加お待ちしています。

(石松 健一)


今回のキャンプスタッフ

   

りゅうさん(﨑野 隆一郎) きだっち(木田 博之)  ガッツ(石松 健一) タカハン(高橋 廉)

 

posted by ハローウッズ at

2016-12-11

17:52:16

11月5日(土)~6日(日)開催:「秋のすこやか幼児キャンプ」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

11月5日(土)~6日(日)「秋のすこやか幼児キャンプ」が開催されました。

元気な参加者にぴったりな、とてもいいお天気のもと、

キャンプがはじまりました。

スタートはテントたてから。

つぎは、腹ごしらえ。

お家から持ってきた自慢のお弁当をどんぐり広場でいただきます。

好きなものから、おしゃべりしながら、なかなかお食事がすすみません…。

こんな格好で食べる子も…。

身支度を整えたら、森へ小枝、太枝、

よく燃えそうな燃料を集めに出発~

今日と明日のごはんをつくるための燃料を

ひたすら拾いました。

みんなの熱心な姿に、キャストも頑張りましたよ。

途中で遊びながら

こんなにたくさん!

よく燃えそうな、パリッパリの枝を集めてね

途中で休憩、焚き火をして、マシュマロ焼きました~

日が傾き始めたころ、夕食をつくります。

今日の夕食はクリームシチュー

燃料集めもがんばったけど、

野菜のカットも、火おこしも、全部みんなでがんばりました!

おいしくて、できあがり写真を撮り忘れてしまいました…。

最後はキャストもがんばって…、このとおり~

食後の片づけもしっかりやりました。

お家へ帰っても、お手伝いしてくださいね。

2日目は、ミズスマシの沢へ探険へ。

好きなものを拾えるように、しょいこを背負います。

かわいい~

柿を採ろうと試行錯誤。

採れた柿は渋かった…

帰ったら、テントを片づけ、寝袋をたたんで、

でも、遊びたくなっちゃって…。

そろそろご家族が迎えに来ますよ。


今回も、たくさん遊んで楽しくてにぎやかな2日間、

おしゃべりしたり、騒いだり。

キャンプのはじまりにお話した、

・よく遊んで

・よく食べて

・よく寝て

家族とはなれても、仲間と一緒によくがんばりました。

一緒に過ごしたスタッフもとても楽しかったです。

ありがとうございました。

次回の幼児キャンプは、

3月11日(土)~12日(日)「早春のすこやか幼児キャンプ」です。

年少さんから年長さんまで、参加できますよ。

里山ハイキングで、ツインリンクもてぎでいちばん高い山に登ります!

はじめてのお泊りに、思いっきり遊びたい子どもたちに、

ぴったりの2日間です。

ぜひ、遊びに来てくださいね。

(鈴木 瑞穂)





今回のキャンプスタッフ

   

すーさん(鈴木 瑞穂) としさん(鈴木利典) さはらん(佐原 潤)

トッキー(常葉 昌之) さと(太田 智史)




ハローウッズの只今募集中のプログラムはこちらです!

※毎月10日に3ケ月後のプログラムの予約を開始いたします。

posted by ハローウッズ at

2016-12-07

14:27:16

7月26日(火)~28日(木)開催:「夏休み子どもキャンプ~虫遊び編~」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

2泊3日で行われました夏休み子どもキャンプ 虫あそび編

小雨が降った時もありましたが、ハローウッズのミズスマシの沢にある
「野生生物研究所」の奥山博士と一緒に、森の生きものたちに出会うキャンプを開催しました。

1日目

 全員が集まったところで、各グループに分かれグループリーダーと一緒に自己紹介をし、
お弁当をたべました。

お弁当でお腹いっぱいになった後は、3日間使うテントを立てます。

グループで協力してポールを通し

テントを立ち上げ屋根を掛け

ペグ打ち、テントを固定していきます

テントの中に寝袋も入れて、寝床の完成!

テントが立ったら、昼間の森へ出発!草むらには何がいるかな?

森から帰ったら、夕飯の準備。ご飯もみんなで協力して作ります。
夕飯のメニューはカレーライス。

グループ毎に火をおこし、大きな鍋でカレーを作ります。
火力を上げるためうちわで風を送ったり大変です!

ごはんは羽釜でまとめて炊きました。この羽釜は1つで30人分のご飯が炊けます。
スタッフも合わせると40人を超える大所帯。2つの羽釜を使います。 

芯が残らないよう、ごげない様に火加減が重要。

各グループとも、美味しいカレーが出来ました。みんなそろっていただきました。

夕食の後は夜の森に行きます。

 博士から、夜の森での注意事項の説明があった後

夜の森に出発です。

何かみつけた?

森から帰ったら、今日の日記を書きます。

 今日あった事、捕まえた生き物、それにあわせ健康状態も書いてもらいました。

2日目

なんど、朝から小雨・・・しかし、雨でもみんな元気!レインウエアを身につけ、
「ハッチョウトンボの棚田」へ出発!

田んぼの周りには、小さなバッタがいっぱい!

 田んぼの中には何がいる? カエルや水生昆虫 上手に捕まえることが出来ました。

お昼ごはんを食べている間に、雨も上がり、午後からは森に行きました!

カブトムシやクワガタが樹液を吸いに来る木「クヌギ」「コナラ」の見分け方や
明るい時間の虫とり方法

 「木を蹴って、落ちてきた虫を捕まえる」方法の紹介の後、

グループに分かれての活動になりました

急斜面も、注意して降りていきます。

思いっきり森で遊んだ後は、夕食準備。野菜を切って、バーベキューの準備。

グループリーダーにも手伝ってもらって大きな鉄板でチキンやフランクフルト、チャーハンを焼いて
いただきました。

3日目

いよいよ、キャンプも最終日。

使ったテントもきれいにたたみます。

片付けはてきぱき進み、予定していた時間より早く終わったので、奥山博士が「野生生物研究所」を見学させてくれる事になりました。研究所のあるミズスマシの沢まで出発!

研究時には全員いっぺんには入れないので、まっているグループはミズスマシの沢で生きもの探し

 

研究所では、タガメやゲンゴロウなど少なくなってきた生きものたちを増やす研究をしています。

そんな研究成果を見せてもらいました。

30人の元気な仲間と過ごした3日間。

いつもの年よりカブトムシが少なかったですが、森にはそれだけじゃない色々な生きものが棲んでいて、
キレイだったりかっこよかったり、よく見るとステキだったりすることに気がついてもらえたのではと思います。

キャンプ参加者の皆様へ、こちらの手違いにて掲載が遅れてしまった事を深くお詫びいたします。

(永瀬 和久)

今回のキャンプスタッフ

    

かず(永瀬 和久) 博士(奥山 英治) かわっち(河又直人) たっきー(瀧田貴治) 

とっきー(常葉 昌之) 他、むらちゃん、ぎしぎし、さえねー、りゅうた、たっくん、よね、

posted by ハローウッズ at

2016-12-05

14:03:24
     

mixi`FbN

twitter tweet

hatena standart