雪化粧のハローウッズ

カテゴリ:ハローウッズの森から

11月に雪が降る、と大きなニュースとなっていた24日。

ここハローウッズでもたくさんの雪が降り、営業見合わせとさせていただきました。

一夜明けた25日。青空・紅葉・雪化粧と、すばらしい景色が広がりました。

毎年、雪の降る回数は多くないけれど、降ると結構積もるのがハローウッズの森。

森にすむ動物たちの足あと探しを楽しむ、良い機会です。

おっ、発見!これはイノシシの足あとですね。

向かって右側に、ひづめのあとがしっかり付いています。

たどっていくと・・・

雪から飛び出たツツジの木が気になったのでしょうか。写真右下から近づき、V字ターン。

こちらは小さめの足あとを発見。ぐるぐる広場近く、見晴らしのいいデッキの上です。

タヌキかアナグマか・・・といった感じでしょうか。

見晴らしの良いデッキの端っこで立ち止まり、ちょっと引き返して右に立ち去った様子。

「きれいだな~」なんて、景色を眺めていたのかもしれませんね。

生きものが残した足あとから、動きや気持ちを想像するのが足あと観察の楽しいところ。

朝からワクワクするひと時を過ごすことができました。

ちなみにこの後、森の中で雪かきを2時間ほど・・・。

おかげで腕はパンパンですが、森の大部分は歩きやすくなりましたよ!




がっつ(石松 健一)

posted by ハローウッズ at

2016-11-25

18:48:46

紅葉広がる樹冠の下で……

カテゴリ:ハローウッズの森から

すっかり紅葉の季節になったハローウッズの森。

そんな中で、今日は葉っぱではなく、
葉っぱが生えている木の幹のところに注目してみました。

トビナナフシ

コナラの木の幹にいました。
お腹が大きいので、これから卵を産むのかもしれません。 

クヌギカメムシ

名前の通り、クヌギの木で出会いました。
こちらは産卵真っ最中でした。 


ザトウムシ

最後はヤマザクラの幹にいた足長コンビ。
冬越しのために集まってきたのでしょうか。
 

美しい紅葉に目が行きがちな季節ですが、
ちょっと視点を下げてみると面白い生きものに出会えるかもしれませんよ。


トッキー(常葉 昌之)

posted by ハローウッズ at

2016-11-20

18:25:13

どんぐりの森は紅葉が見ごろです

カテゴリ:ハローウッズの森から

紅葉のはじまり」としてお知らせしたのは10月初旬

どんぐりの森の紅葉が、いよいよ見ごろを迎えました。

森の中を歩いてみる景色は、黄色と褐色の葉に日が透けてとてもきれいです。



こちらは樹冠タワーのある、カブトムシの丘の様子。


遠くの紅葉まで見渡せるおススメスポット、キツツキのテラス。


道のそばには、ひときわ赤いこんな葉っぱも。
きれいだけれども、この木の名はヤマウルシ。
触るとかぶれてしまう人もいるので、お気をつけて。


こちらもおススメのビュースポット。ミズスマシの沢のそば、蜩(ひぐらし)の尾根です。

駆け足で過ぎ去っていく紅葉のピーク。今週末が最後の見ごろでしょうか。


土曜日のお天気は崩れそうですが、日曜日は好天予報。


是非、どんぐりの森の紅葉を見に来てください。



がっつ(石松 健一)



森の旬を楽しく紹介!森の生きものトークショーは土日祝日開催中!



posted by ハローウッズ at

2016-11-18

13:16:09

「11月5日(土)開催:竹のクラフト教室」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

11月5日(土)、竹のクラフト教室を開催。

竹の木琴づくりに挑戦しました。

今回の参加者の方は、夏にハローウッズに寄ってくださり

「竹の木琴が自分で作れる!」

ということで申し込んでくださった方。

まず、一本の竹に切り込みを入れます。

竹も切ってから3年くらい経ったものが良いのです。

お母さんとかわりばんこにノコギリを握ります。

竹を切れたら次はナタで割ります

一刀両断!

この感動が何とも言えない様子!


8つに割った竹を並べて・・・

音を確認。

まずはどれが「ド」の音なのかを探ります

耳を澄ませて…

そこから竹の長さを調整

この繊細な作業

真剣なまなざしが竹に集中する瞬間

わずかな長さで音が変わるのが何とも言えないものです

叩きながら音のを調整。

「ド、レ、ミ、ファ…」

何度もたたきながら音を確認。

「ちょっと(音が)低いよね…」

「そう、その音!」

なんとも楽しい時間が流れます。

音階ができたら次は竹に穴をあける作業。

このドリルを使うのが楽しいようです。

緊張しながらもひとつひとつの穴をあけていきました

一つ穴が開くたびに、喜びが広がります。

穴が開いたら糸を通していきます

完成が見えてきました!

いよいよ出来上がった木琴をたたきます。

素敵な音色が奏でられ

いろいろと苦労をしながらも作ったひとつひとつのプロセスを思い返しながら

ひとつひとつの音を楽しみながら聞きました。

楽しいひと時になりました。

「自分たちの手で造り出せた!」

という喜びがとても満足されたようです。

ちょっと寒くなった森をポカポカ温めてくれる瞬間になりました。

竹のクラフト教室では、竹の木琴だけでなく、

竹の行燈や、カトラリーなど様々な作品をお作りいただけます。

「つくってみたいもの」が形になっていく瞬間はとても楽しいものです。

ぜひ、ご参加ください。お待ちしています。

今年度の竹のクラフト教室は終了しましたが、

ぜひご興味がある方はご連絡ください。

(小瀧 綾)


今回のものづくりスタッフ

 

講師:北さん(北館 瑞彦) 担当:こた(小瀧 綾)




森の素材で世界で一つだけの作品づくり。森のクラフトは毎日開催中。



posted by ハローウッズ at

2016-11-16

15:26:19

小春の陽気に誘われて……

カテゴリ:ハローウッズの森から

小春の陽気に誘われて…… 
 
最近、寒い日が続いた茂木の森。
今日は、久々に暖かな小春日和でした。
 
そんな陽気に誘われて出てきたのか、今日は2種類のカマキリと出会いました。

コカマキリのメス

日差しがたっぷり当たる草の上を元気に歩いていました。
卵を生む場所を探しているのでしょうか?
  
  
オオカマキリのオス

こちらはアカマツの根元で発見!
この子の登場にはちょっと驚いてしまいました。


オスのカマキリはメスとの交尾を終えると、ほとんど体力を使い果たしてしまい、
そのまま死んでしまうか、メスのカマキリや他の生きものに食べられてしまうので、
こんな時期まで残っているのは珍しいことです。
 
しかも、こちらもまだまだ元気に動いていました。
もしかして、まだメスと出会えていないのかな?
 
本格的な寒さが来る前に、彼にも良い出会いがありますように……。

トッキー(常葉 昌之)

森の旬を楽しく紹介!森の生きものトークショーは土日祝日開催中!



 

posted by ハローウッズ at

2016-11-14

19:06:04

カタツムリは何を食べる?

カテゴリ:野生生物研究所

野生生物研究所では、いろいろな生きものを皆さんに見てもらっています。

こちらはカタツムリを育てている水槽。

ある日、様子を見に行ったら・・・

なにっ!?青いう○ち!?

カタツムリは、食べたものと同じ色のフンをすることで知られています。

でも、エサとしてあげているのはニンジンと葉物の野菜。

鮮やかな青色。いったい何を食べた?

推理の始まり・・・っと思ったら、すぐ近くに同じ色が。

日よけに使っている青い厚紙。

そういえば、数日前に脱走したカタツムリを捕まえて戻したなぁ。

めくってみると、ありました。カタツムリの食べ痕です。

右側に白く光っているのは、歩いた跡ですね。

紙とはいえ、もともとは植物質。おいしかったのでしょうか。

こんな風に、びっくりすることがたびたび起こる野生生物研究所。

是非、のぞきに来て下さい。




がっつ(石松 健一)

posted by ハローウッズ at

2016-11-10

13:31:16

風がなければポカポカの梢の回廊で・・・

カテゴリ:ハローウッズの森から

梢の回廊は日当たりがよく気持ちいい!ここから見る、色づいた森の景色も最高です!



そのことは昆虫たちも知っているようで・・・

葉の裏にはつぶつぶがたくさん

日向ぼっこをするマルカメムシです。

これからみんなで厳しい冬越し。


しかも野鳥に見つからないようにしているのでしょうか・・・葉の表からは何も見えません。

お気に入りの場所で、安心してホッと過ごすための知恵ですね。



「きれいな紅葉が見れないのは、ちょっと損しちゃってるぞ!」っと言いたいところですが

昆虫は紅葉に興味ないか・・・・

だーさん(和田 誠)

森の旬を楽しく紹介!森の生きものトークショーは土日祝日開催中!



posted by ハローウッズ at

2016-11-10

10:43:48
        次のページへ>>

mixi`FbN

twitter tweet

hatena standart