ムササビ巣箱におしどり!?

カテゴリ:野生生物研究所

哺乳類研究室横のムササビ用巣箱は、中を観察できるカメラ付き。

4月9日の朝、事件が起こりました。

と、鳥がいる!?

特徴的な顔の模様。オシドリのメスです。

朝8:00ごろに発見、約30分後に飛び立ってしまいました。

オシドリも樹洞(木のあな)で子育てをする鳥。

いま思えば、このときは下見だったのでしょう。

続いて異変に気づいたのは、4月17日。

巣材が増えているなと思っていたら、翌日18日の早朝5時ごろにオシドリ確認!!

巣材をいじるのは卵を産む準備でしょうか。

飛び去ったあとに、卵が1つ残されていました。

しかしこの後、卵を温める様子は確認できず。

何か問題があって放棄したのか・・・と思っていたら。

4月22日の早朝に大事件!

しかも舞台は卵のある巣箱・・・ではなく隣の巣箱。

巣箱に帰ってくつろぐムササビに、オシドリ来襲!

20分間に及ぶ巣箱争いは、ムササビに軍配。

追い払った直後の姿勢はガッツポーズのよう。こころなしか顔も険しい!

想像もしていなかった出来事が、巣箱の中で起こっていました。

私たちが観察できるのは、生きものの営みのうちのごくわずかだな、と再認識。

森のあちらこちらで、このような知られざるやり取りがあるのです。

それにしてもオシドリさん、入る巣箱を間違えてない?卵温めなくていいの・・・?

がっつ(石松 健一)

posted by ハローウッズ at

2017-04-25

19:19:57

森の野鳥は何を食べているのかな?

カテゴリ:野生生物研究所

研究所の入り口前に野鳥のエサ台があります。
今の時期に野鳥が森で食べている植物の種や木の実を紹介しています。
森の中のエサがだんだんなくなってきたのか、
エサ台のエサも食べにくるようになってきました。
森で野鳥か食べているエサ。(ガマズミの実・マツボックリ・ヘクソカズラの実・カエデの種。その時でいろいろ
 変えています)

最初に来たのは「ヒーヨ ヒーヨ」でお馴染みのヒヨドリ。
ガマズミの実を食べに来たヒヨドリ。とても図々しく、いばっている鳥です。


シロハラ 
スズメよりは大きく、鳩よりは小さいサイズ。地面の枯葉などを
くちばしで飛び散らかすように餌を探しています。


ジョウビダキ 
オレンジ色がめじるし、スズメくらいのサイズ。枝先や杭の上で見つけられます。尾羽を上下に動かす仕草が可愛いやしい。


森の中にはたくさんの種類の野鳥がいるので、
何をしているのかじっくり見てください。

きっと発見が待っています。




はかせ(奥山 英治)




posted by ハローウッズ at

2017-01-18

10:09:28

真冬ですが、オケラ展示中です!

カテゴリ:野生生物研究所

野生生物研究所では去年の夏にハッチョウトンボの棚田で捕まえた
ケラを飼育しています。

ケラはコオロギやバッタの仲間だけど、地上に出ることはめったになく、
一生のほとんどを土の中で暮らします。

寒い冬でも土の中で動いていて、寿命は長く、3~4年生きると
われています。

研究所では、写真のような飼育ケースで中の様子が
見えるように
しています。あまり見ることのないケラの様子を見に
きてください。


矢印のところにいます。お互いが同じ道を使わないように、
道は別々になっています。

前足のアップです。まるでモグラのようなこの前足。
モグラもそうですが、土を掘るのためにこんな形をしています。


このケラ、土の中で鳴き・卵を産み親は卵のそばで見守ると言われています。
できればその一部始終を観察できればと思っています。


めったに地上に出ないケラだけど、翼がちゃんとついていて繁殖期
には飛んで移動もします。驚きなのが泳ぎが上手いこと。


飛んで潜
って泳ぐ!なんだかスーパーマンのようだね。
研究所では一年中展
示する予定です。ぜひ、見にきてくださいね。



 
奥山 英治



野生生物研究所はハロウッズの森のミズスマシの沢にあるよ。

posted by ハローウッズ at

2017-01-08

10:27:37

カタツムリは何を食べる?

カテゴリ:野生生物研究所

野生生物研究所では、いろいろな生きものを皆さんに見てもらっています。

こちらはカタツムリを育てている水槽。

ある日、様子を見に行ったら・・・

なにっ!?青いう○ち!?

カタツムリは、食べたものと同じ色のフンをすることで知られています。

でも、エサとしてあげているのはニンジンと葉物の野菜。

鮮やかな青色。いったい何を食べた?

推理の始まり・・・っと思ったら、すぐ近くに同じ色が。

日よけに使っている青い厚紙。

そういえば、数日前に脱走したカタツムリを捕まえて戻したなぁ。

めくってみると、ありました。カタツムリの食べ痕です。

右側に白く光っているのは、歩いた跡ですね。

紙とはいえ、もともとは植物質。おいしかったのでしょうか。

こんな風に、びっくりすることがたびたび起こる野生生物研究所。

是非、のぞきに来て下さい。




がっつ(石松 健一)

posted by ハローウッズ at

2016-11-10

13:31:16

タガメが孵化しました!

カテゴリ:野生生物研究所

卵がふくらんでから
いつ生まれるのか
毎日様子を観察していたのだが・・・・

見ていない時に孵化してしまったぁ~。


タガメの孵化は一斉に生まれるという迫力があるので絶対に
見ておきたい場面だったのにとても残念!!


研究所では 卵と赤ちゃん、親を展示しています。


ぜひこのチャンスに見に来てください。






野生生物研究所 奥山英治

野生生物研究所はハローウッズの森のミズスマシの沢の近くにあります。

posted by ハローウッズ at

2016-06-29

16:58:53

野生生物研究所だより:タガメが産卵しました!

カテゴリ:野生生物研究所

6月12日 タガメが産卵しました。
タガメの産卵行動を
最初から観られ、感動です。

野生生物研究所ではそのタガメの卵を
今、見ることができます。

運がいいと 卵を守るオスの
様子も見られますよ。
ぜひ 見に来てくださいね!


野生生物研究所 奥山英治

野生生物研究所はハローウッズの森のミズスマシの沢の近くにあります。



posted by ハローウッズ at

2016-06-14

18:43:31
     

mixi`FbN

twitter tweet

hatena standart