タイコウチが産卵しました!

カテゴリ:野生生物研究所 水生生物研究室

先週、タイコウチが卵を産みました。


水の中に住む水生昆虫のタイコウチ。


産卵は陸に上がり湿った水際の泥やコケなどに産み付けます。


しっぽのような呼吸官を上に持ち上げ、
お尻をコケに押し付けて産卵場所を探りながら産卵。
一度にあまり多くの卵を産まず、夏までに何度か繰り返し産みます。


卵は2mmくらいで、上の部分に毛のようなものが9本伸びています
これは呼吸官で卵に空気を取り入れる管です。


湿った場所に産むのは乾燥させないようにだと思われます。


水生生物研究室ではタイコウチをはじめ、タガメや水カマキリ・ゲンゴロウやイモリなど
水に棲む生き物を展示飼育しています。


これから繁殖シーズンです。


いろいろな生き物の卵や子どもなどを見てもらえるように
観察を欠かさず展示していきます。


ブログでも載せていきますが、できれば研究室へ足を運び
自分の目で観察してみてください。感動しますよ。


ちなみに、6月10日(土)~11日(日)に「生きもの探険ファミリーキャンプ
~水辺の生きもの探し~」開催します! 奥山担当します。


締め切り間近!


みなさまの参加おまちしていま~す!
はかせ(奥山英治)
posted by ハローウッズ at

2017-05-26

19:10:31
     

mixi`FbN

twitter tweet

hatena standart