オシドリとの別れ

カテゴリ:野生生物研究所 哺乳類研究室

哺乳類研究室横の、オシドリが産卵しているカメラ付き巣箱。

産卵・抱卵の様子をお伝えしてきましたが、

本日は残念なお知らせとなってしまいました。



抱卵を始めて10日目、5月11日の朝8時30分ごろに巣箱内をチェックすると・・・

母鳥の姿が見えませんでした。

この9日間の観察では、毎日朝の4時過ぎと夕方18時過ぎに出かけ、どちらも1時間弱で必ず帰ってきていたのに・・・



そのまま様子を見ていましたが、この記事を書いている18日現在まで姿を見せていません。

おそらく、卵もダメになってしまっているでしょう。



残された卵を見ても、しっかり巣材をかけた様子があります。

何かにあわてて放棄した、とも思えない状況。

騒音に敏感であるとする文献もあるものの、ゴールデンウィークの喧騒も

どこ吹く風で卵を温め続けていたのに。



ひょっとしたら食事に出かけた先で、母鳥の身になにか起こったのかもしれません。

真相はわかりませんが、せめて無事であって欲しいものです。



孵化・巣立ちを楽しみにしていましたが、残念。

しかし何が起こるかわからないのも、厳しい自然の世界の常です。



たくさんの興味深いシーンを見せてくれたオシドリに感謝をこめて。

がっつ(石松 健一)



posted by ハローウッズ at

2017-05-18

14:48:19

かあさんオシドリのおでかけ

カテゴリ:野生生物研究所 哺乳類研究室

先日お伝えした、オシドリが産卵しているカメラ付き巣箱

順調に卵を産み、4月30日の時点で7個の卵を確認しました。

そして、5月2日から抱卵を開始。

すべての卵を産み終わってから抱卵を始めるということで、

最終的にはどうやら8個か9個ほどの卵を産んだようです。

それ以来、オシドリはずっと卵を温めています。

くちばしを羽にうずめて眠ったり、きょろきょろ周りを見渡すようなそぶりを

見せたりしながら、朝から夕方まで本当にずーっと。

食事どうするんだろう・・・と観察していたところ、夕方6時ごろに

出かけていく姿を確認!どうやらこの時間が食事タイムのようです。

羽根で作った巣材を卵にかぶせる姿に、巣を不在にする心配な

気持ちがにじみ出ているよう。

ま、いくつかは丸見えですけど・・・。

このあと50分くらいで帰ってきて、また温めはじめました。

いそいで食べてきたのかな。

卵がかえるまで、28日から30日かかると言われます。

母さんオシドリの抱卵は始まったばかり。

しっかり見守っていきたいと思います。

がっつ(石松 健一)

posted by ハローウッズ at

2017-05-05

21:34:59

哺乳類研究室の様子

カテゴリ:野生生物研究所 哺乳類研究室

3月18日にオープンした、哺乳類研究室。

研究室というとなんだか難しそうな名前ですが、森の動物たちの姿を楽しく見てもらえる場所。

春休みを迎え、多くのお客様が遊びに来てくれています。

今日は、そんな哺乳類研究室の中身を大公開!!

まずは、ムササビコーナー。

モニターでは、隣接した巣箱の中の様子が見られます。

ムササビ不在の時には、ムササビのいろいろな姿を記録した動画を紹介しています。

かわいいムササビ顔写真もたくさん。

森で見つけた、食べあとやムササビのうんちも見ることができます。

となりには、イノシシコーナー。

本物のイノシシ全身骨格と毛皮がお出迎え。

こちらは小さな動物たちと出会えるエンカウンターコーナー。

部屋の外につながったパイプから、野生のネズミやヒミズ(モグラのなかま)がやってきます。

ひっきりなしに来るわけではないので、やってきた時の記録映像を放映中。

でもラッキーなら・・・なんと、野生のヒミズをこんなに間近で見られます!!

来る時間は日によりますが、15時から17時くらいにやってくることが多いようですよ。

研究員が部屋にいるときは、研究秘話をお話したり、日々の調査の撮れたて映像なども
見せたりしちゃいます!

春休みはまだこれから!哺乳類研究室に遊びに来てください!!

ガッツ(石松 健一)

posted by ハローウッズ at

2017-03-31

08:22:27

野生生物研究所がパワーアップ!

カテゴリ:野生生物研究所 哺乳類研究室

3月18日(土)、野生生物研究所がパワーアップ!


ミズスマシの沢に『水生生物研究室』、

そしてアカネズミの広場に『哺乳類研究室』がオープンします!!


そこでオープンに先立ち、研究室の中身を少しだけご紹介していきたいと思います。


今回は、哺乳類研究室から。


哺乳類研究室では、普段はなかなか会うことができない哺乳類たちにクローズアップ!


樹の上にすむムササビや、夜に動き回るネズミたちを研究しています。


ムササビは毎日決まったところで眠るわけではなく、あっちこっちの巣箱を使う生きもの。

研究室すぐそばの巣箱に入っている日には、巣箱の中もリアルタイムで見られます。


また、小さな生きものとの出会いの箱、「エンカウンター」では、アカネズミやヒミズ(モグラのなかま)がやってくることがあります。


このほかにも、日々の研究・観察でわかった森の動物たちの暮らしを楽しく紹介します。


ぜひ、春休みには哺乳類研究室を訪ねてみてください!!

ガッツ(石松 健一)

posted by ハローウッズ at

2017-03-07

18:17:05
     

mixi`FbN

twitter tweet

hatena standart