厳しい世界ですが

カテゴリ:ハローウッズの森から

今日は午後から久しぶりの陽射し。

ハッチョウトンボの棚田では、曇り雨の合間を見計らって出てきたのか、
ハッチョウトンボの姿を見ることができました。

去年とほぼ同じ時期の出現です。

真っ赤なオスと

茶色いメス

稲穂の上にちょこんととまっていました。

まだ数が少ないですが、これから増えることでしょう。

まわりでは、クモに捕まったり・・・

カエルが狙ってたり・・・

生き抜き、子孫を残すにはハッチョウトンボに限らず、厳しい・・・

周りは敵だらけ。

食う食われるのバランスの中で、自然はなりたっているのだけれど・・・

だーさん(和田 誠)

posted by ハローウッズ at

2017-06-29

16:33:13

Honda Bird House Project 2017 巣箱でシジュウカラ子育て中!

カテゴリ:ハローウッズの森から

森にかけられたHonda Bird House Project 2017のおしゃれで、個性的な巣箱の数々。

5月に入り、シジュウカラやヤマガラの子育てシーズンで続々と入居中です!

今日は雨降る中でしたが、忙しそうにエサを運ぶ姿を見ることができました!

そして、動画の最後の方にはヒナのウンチっを運び出すシーンも。




こちらの動画はミズスマシの沢にある水生生物研究所にある巣箱の
ライブカメラの映像。(研究員:奥山英治 撮影)

巣箱の中の様子がよくわかります。

親鳥がエサを与えヒナに目をくばる姿

ヒナが出したウンチは、さっとくわえて外に出してしまいます。




きっとエンジン巣箱(BHP2017)のなかでも

こんな親鳥の表情があったんでしょうね。

およそ3週間ほどで巣立ちを迎えるシジュウカラのヒナ。

すくすく育って無事に巣立てることを祈っています!

だーさん(和田 誠)

posted by ハローウッズ at

2017-05-13

18:49:39

巣箱から覗く顔

カテゴリ:ハローウッズの森から

ハッチョウトンボの棚田には、大きめの巣箱が2つかけてあります。

この森で大きめ巣箱を利用するのは、ムササビとフクロウ。

ひとつはムササビがよく利用しています。

ヤマザクラをお花見中?

もうひとつは、古くなってボロボロ。屋根も外れかけてしまっています。

木から降ろして修理しないとなと思いつつ、ついつい後回しにしていたら・・・

ん?なにか見えるような・・・

拡大したものがコチラ。フクロウの頭が見えていました。

※全身写っているものは、2015年に撮影

フクロウはいま、繁殖シーズンの真っ只中。

壊れかけ巣箱を子育ての場所に選んだようです。

確認は出来ませんでしたが、ひょっとしたらヒナも居るのかもしれません。

そんな屋根じゃあ、雨もあたるだろうに。

無事に子育てが終わったころに、来年に向けて新しい巣箱をかけようと決意しました。

何事も後回しにせずに早め早めが肝心!ですね。

がっつ(石松 健一)


※森の旬をキャストが楽しくご案内。どんぐりの森ガイドウォークは毎日開催中!

posted by ハローウッズ at

2017-04-22

14:37:19

ウソのようなホントのハナシ

カテゴリ:ハローウッズの森から

新年度の始まり、4月1日。

エイプリルフールだということで、毎年ちょっとした冗談が世間をにぎわせます。

そんな日に起こったのです、ウソのようなホントのハナシが・・・。

この時期のハローウッズでは、フィールドに咲くヤマザクラ類の開花調査を

毎朝行っています。

ヤマザクラの枝先を双眼鏡で見上げていると、「フィフィフィ・・・」と

たくさんの鳥の声。

曇り空をバックに、たくさんの鳥のシルエットが高ーい木のてっぺん近くに

集まっているのを見つけました。

「ウソ」という鳥です。・・・ホントに「ウソ」という名前です。

近くで見ると、のどの下の赤い部分がポイント。

いつになくたくさん集まり、しかもよく鳴いていました。

「エイプリルフールだから、ウソの日だ~!なんて言って鳴いていたりしてね~」とか

言いながら地面を見ると・・・

ヤマザクラの芽のかけらが散らばっています。実はサクラの花芽はウソの大好物。

木の上で食べていたのです。

ウソにとっては「花より団子」ならぬ、「花より蕾」といったところ。

花が少なくなると残念だから、あんまり食べ過ぎないでね・・・と思いながら、

開花調査を続けました。

そして数分が過ぎたころ、一緒に調査していた「こた」が言ったのです。

「がっつ、頭になにか付いてるよ」

そう、ウソのフンです・・・やられたー!!!

エイプリルフールは嘘にはひっかからなかったけど、

ウソにひっかけられてしまいましたとさ。

おあとがよろしいようで・・・

ハローウッズのヤマザクラは、いよいよ開花を迎えます!

(石松 健一)


今回の調査スタッフ

  

がっつ(石松 健一)  こた(小瀧 彩)  さと(太田 智史)



ハローウッズの森の旬をキャストが楽しくご案内!

どんぐりの森ガイドウォークは毎日開催中!

posted by ハローウッズ at

2017-04-02

20:01:43

どうやって探しているんだろう

カテゴリ:ハローウッズの森から

森のポーディアムの近くのコナラの萌芽木。(切ら株から芽が出て育った木)

この木にキツツキ(たぶんアカゲラかアオゲラ)がつついた跡が残ってました。

(アカゲラ)


つついたところはシロスジカミキリと思われる幼虫が穴をあけたところ

それから細い幹に沿って何か所も

場所によっては奥深く

カミキリの幼虫が通ったであろう中の空洞に届いている感じです。

くちばしでつついた音の感覚や何か未知の能力で幼虫を見つけてしまうんでしょうね。

ピンポイントで。

だーさん(和田 誠)

posted by ハローウッズ at

2017-03-02

17:32:29

突き抜けて出てきました!

カテゴリ:ハローウッズの森から

今日は、来月実施される早春のすこやか幼児キャンプの探険ルートの
カタクリの沢へ下見に行ってきました。

カタクリの沢の名の通り、3月末にはピンク色のカタクリの花がたくさん咲きます。

まだ芽は出てないだろうと思いきや、すでに芽が出ていました!

今年は少し早いかな?

落ち葉を突き抜けやってきたカタクリたちです。

だーさん(和田 誠)

posted by ハローウッズ at

2017-02-27

20:51:36

何もなさそうですが・・・

カテゴリ:ハローウッズの森から

ハッチョウトンボん棚田やミズスマシの沢など、

水辺ではセグロセキレイの姿をよく見かけます。

泥の中を歩きながら、水の中を覗きつつ落ち葉を見つけると・・・

くちばしで「ヒョイッ」と引っ張り上げて飛ばし、エサを探しています。
みてると結構みつけて食べている。
何もいなさそうにみえても、おいしいものがちゃんとたくさん隠れているんですね。
だーさん(和田 誠)
posted by ハローウッズ at

2017-02-23

21:34:56
                                                                                                                                              次のページへ>>

mixi`FbN

twitter tweet

hatena standart