哺乳類研究室の様子

カテゴリ:野生生物研究所 哺乳類研究室

3月18日にオープンした、哺乳類研究室。

研究室というとなんだか難しそうな名前ですが、森の動物たちの姿を楽しく見てもらえる場所。

春休みを迎え、多くのお客様が遊びに来てくれています。

今日は、そんな哺乳類研究室の中身を大公開!!

まずは、ムササビコーナー。

モニターでは、隣接した巣箱の中の様子が見られます。

ムササビ不在の時には、ムササビのいろいろな姿を記録した動画を紹介しています。

かわいいムササビ顔写真もたくさん。

森で見つけた、食べあとやムササビのうんちも見ることができます。

となりには、イノシシコーナー。

本物のイノシシ全身骨格と毛皮がお出迎え。

こちらは小さな動物たちと出会えるエンカウンターコーナー。

部屋の外につながったパイプから、野生のネズミやヒミズ(モグラのなかま)がやってきます。

ひっきりなしに来るわけではないので、やってきた時の記録映像を放映中。

でもラッキーなら・・・なんと、野生のヒミズをこんなに間近で見られます!!

来る時間は日によりますが、15時から17時くらいにやってくることが多いようですよ。

研究員が部屋にいるときは、研究秘話をお話したり、日々の調査の撮れたて映像なども
見せたりしちゃいます!

春休みはまだこれから!哺乳類研究室に遊びに来てください!!

ガッツ(石松 健一)

posted by ハローウッズ at

2017-03-31

08:22:27

新メニュー「丸太のレーシングカー」が始まります!

カテゴリ:お知らせ

4月1日より、クラフト工房で新しいメニューが始まります。

その名もヒノキの香りが漂う「丸太のレーシングカー」

このメニューはキット化されていて、

パーツラックから自分で材料を集めて作っていきます。

作る上でのポイントは、組み立てながらカラーリングを楽しめるということ。

オリジナルのレーシングカーの完成です。

マフラーやフェンダーのような細かいパーツは自分流にアレンジして

取り付けができるというのも魅力の一つ。

キットながらオリジナリティーを出せる逸品。

作ったキットは、ミニレーシング台で転がして遊べます。

親子一緒になって、作って遊べる、ちょっとおしゃれなレーシングカー。

ぜひ、作りにいらしてください。

工房スタッフ一同、お待ちしております。

コタ(小瀧 綾)

ものづくり「森のクラフト」は毎日開催中です!

posted by ハローウッズの森 at

2017-03-30

14:20:23

「2月25日(土)~26日(日)開催:大人の焚き火キャンプ」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

2月25日(土)~26日(日)、本山賢司さん(作家でイラストレーター。野宿、焚き火の達人で

アウトドアに関するイラスト、小説などを手がける)を講師に大人の焚き火キャンプを

開催しました。

テントを立てて、キャンプの始まりです。

まだ寒さの厳しい季節ですが、豪快な焚き火、おしゃれな焚き火クッキング、

そして焚き火Barで、のんびり、そして温かく過ごすことができました。

本山さん作のかっこいい丸太の炉

ヒノキの丸太コンロでダッチオーブン料理

焚き火Bar

薪をどう組んでいくか・・・達人の技が光ります。

ゆっくりと夜は更けていきました・・・・




翌朝、気球のフリーフライト  大空へ

焚き火で朝食づくり

記念撮影!

参加していただいたみなさん、講師の本山賢司さん、どうもありがとうございました!

(和田 誠)



今回の講師

本山賢司さん



今回のキャンプスタッフ

   

  﨑野 隆一郎       山崎 彰        籠尾 義治       和田 誠

posted by ハローウッズ at

2017-03-25

12:00:33

「3月11日(土)~12日(日)開催:早春のすこやか幼児キャンプ」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

3月11日(土)から3月12日(日)にかけて『早春のすこやか幼児キャンプ』を開催しました。


まずは定番のテント立て。

みんなで協力して、今日の寝床を作ります。

ちょっと大変だったけど……

完成!

寝床が出来たら、今度は前庭で昼食タイムです。


しっかりご飯を食べたら、森の探検に出発!!
みんなで夕ご飯用のそだ(燃料)を集めます。

道中、落ち葉で遊んだり、

松ぼっくりを集めたりして、

カゴいっぱいに集めました。


夕ご飯はまるごとキャベツの煮込みスープと白いご飯。
2つのチームに分かれて作ります。

火お越し、ご飯炊きチームと、

スープの材料を切るチーム。
どちらのチームも頑張りました!

みんなで作ったご飯は格別ですね!

お腹いっぱいになったら、テントでおやすみなさい。

2日目。

朝ごはんを食べたら、メインイベントの里山ハイキング!

倒れた木の下をくぐったり、

急斜面を下ったり、

時にはみんなで協力して、

たどり着いたよ、見晴らしのいい高台!


帰り道も最後まで頑張って歩きました。

今回もみんなで楽しく元気に過ごせました!

(常葉 昌之)

今回のキャンプスタッフ
  
さはらん(佐原 潤)  だーさん(和田 誠)  トッキー(常葉 昌之)
 
としさん(鈴木 利典) タッキー(瀧田 貴治)

次回の幼児キャンプの開催は、
4月22日(土)から23日(日)の『春のすこやか幼児キャンプ』です。
ご参加お待ちしております。

posted by ハローウッズ at

2017-03-21

10:02:09

野生生物研究所がパワーアップ!

カテゴリ:野生生物研究所 哺乳類研究室

3月18日(土)、野生生物研究所がパワーアップ!


ミズスマシの沢に『水生生物研究室』、

そしてアカネズミの広場に『哺乳類研究室』がオープンします!!


そこでオープンに先立ち、研究室の中身を少しだけご紹介していきたいと思います。


今回は、哺乳類研究室から。


哺乳類研究室では、普段はなかなか会うことができない哺乳類たちにクローズアップ!


樹の上にすむムササビや、夜に動き回るネズミたちを研究しています。


ムササビは毎日決まったところで眠るわけではなく、あっちこっちの巣箱を使う生きもの。

研究室すぐそばの巣箱に入っている日には、巣箱の中もリアルタイムで見られます。


また、小さな生きものとの出会いの箱、「エンカウンター」では、アカネズミやヒミズ(モグラのなかま)がやってくることがあります。


このほかにも、日々の研究・観察でわかった森の動物たちの暮らしを楽しく紹介します。


ぜひ、春休みには哺乳類研究室を訪ねてみてください!!

ガッツ(石松 健一)

posted by ハローウッズ at

2017-03-07

18:17:05

どうやって探しているんだろう

カテゴリ:ハローウッズの森から

森のポーディアムの近くのコナラの萌芽木。(切ら株から芽が出て育った木)

この木にキツツキ(たぶんアカゲラかアオゲラ)がつついた跡が残ってました。

(アカゲラ)


つついたところはシロスジカミキリと思われる幼虫が穴をあけたところ

それから細い幹に沿って何か所も

場所によっては奥深く

カミキリの幼虫が通ったであろう中の空洞に届いている感じです。

くちばしでつついた音の感覚や何か未知の能力で幼虫を見つけてしまうんでしょうね。

ピンポイントで。

だーさん(和田 誠)

posted by ハローウッズ at

2017-03-02

17:32:29
     

mixi`FbN

twitter tweet

hatena standart