> ENGLISH

  • 森
  • ゆうえんち
  • ミュージアム
  • ホテル
  • キャンプ
  • レストラン
  • ショップ
  • バイクとクルマのスクール
  • モータースポーツ
  • チケット
  • インフォメーション
2016 S-FJ&F4 日本一決定戦

2016 S-FJ&F4 日本一決定戦

2016 S-FJ&F4 日本一決定戦

若者たちのレース人生最初の大勝負
その激しい戦いは世界一熱い!?

S-FJ日本一決定戦とは?

各地のサーキットを舞台に開催されるSuperFJクラス。
このカテゴリーは、最も安価に出来る本格的フォーミュラレースであり、過去、多くの優秀な若手ドライバーを育成したカテゴリー、FJ1600レースの継続カテゴリーとして2007年より開催されたものです。
このSuperFJクラスのドライバーが全国から集まり、日本一の座を競うのが「S-FJ日本一決定戦」です。
「S-FJ日本一決定戦」は、鈴鹿サーキット東コースとツインリンクもてぎで1年おきに開催されています。

今やシーズン終盤の恒例行事ともなったこのレースは、上位カテゴリーであるF4選手権参戦への選考会を兼ねています。「実力はあるけど、資金的な問題でステップアップできない」そんなドライバーを救済するためスカラシップシステムが設けられたのが1998年のこと。その翌年から選考会はレース形式に改められました。しかしながら、ウィナーに必ずしもスカラシップが授けられるとは限りません。

それはシーズンを通じた活躍、そして将来性やインパクトも要求されるからです。スカラシップを獲得できるのは1名だけなので、より壮絶なバトルが繰り広げられ、これほどまでに面白いと思えるレースは、他になかなかないと断言できます。

F4日本一決定戦とは?

日本のナショナルフォーミュラであるF4レースはJAF地方選手権として、今年は東日本と西日本の2シリーズで各6戦が開催されます。この2シリーズのドライバーが一堂に会して日本一の座を競うのが「F4日本一決定戦」です。 1,850ccエンジンを搭載するF4は、FJ1600とF3の間を埋めるカテゴリーとして1993年に誕生しました(当初は『FJJ』と称されていました)。

当時、FJ1600からのステップアップカテゴリーとして位置付けされていたF3のハイレベル化に伴い運営コストが高騰、コストギャップの拡大からステップアップが非常に困難な状況となっており、ドライバーやプライベートチームに大きな負担と困難をもたらしつつありました。

このような時代背景のもと、より多くの人が参加できる本格的フォーミュラを−。そんな声に応えるべく、F4は誕生したのです。 シャシーはF3をベースとした本格的なものですが、コスト軽減を重視するために高価な材料(カーボンやチタン等)の使用を禁止し、主要部品は認定制度として価格規定までをも採用した結果、コストの低減と同時にイコールコンデション化を実現しました。タイヤはヨコハマ製ワンメイク。パフォーマンスはF3とほぼ同等で、マシンセッティングもF3同様に自由に出来ることから、ベテランドライバーにとってはノウハウの見せどころであり、若いドライバーにとっては経験の蓄積に大変価値があるものになります。

以上のようなパッケージをまとったF4、その性能はラップタイムがF3の約90%、コストがF3の約1/3と、"高性能のフォーミュラレースを安い費用で"とのコンセプトをこの上なく明快に表わしているといっていいでしょう。
近年、F4の参加層はひろがりを見せ、ステップアップをめざす若いチャレンジャーに加えて、経験とドライビングテクニックに長けた、そしてフォーミュラレースに生き甲斐を持たれている方々の参加が増えつつあります。
そのことがまたF4レースを内容の濃いものにしています。また、特認ライセンスにより16才からの参加が可能で、昨年は10代の選手が大活躍するなど、F4は再び、若手ドライバーの育成カテゴリーとしても注目されています。


▼オフィシャルサイト
http://www.jss-org.com/

 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish