> ENGLISH

  • 森
  • ゆうえんち
  • ミュージアム
  • ホテル
  • キャンプ
  • レストラン
  • ショップ
  • バイクとクルマのスクール
  • モータースポーツ
  • チケット
  • インフォメーション
もっと詳しく
参加者の声
石田貴久さん

大学院生ですが時間のあるうちにライセンスを取りたくて岡山から参加しま した。自分のクルマがなくても取得できますし、充実したコースを走れるのもいいですね。いずれはF4みたいなフォーミュラレースにも出てみたいと思ってい るので今回のMote-Laはいい勉強になりました。

原田省三さん

自動車の制御システムの研究を大学でやっていて、生徒にも教えていますが、生徒から『ライセンス持ってるんですか?』って聞かれて取りに来ました(笑)。車 両は研究の対象からするとかなりプリミティブなものですが、それだけにクルマの動きは研究の上でも参考になりましたね。実際にレースにも参加したくなりま したよ。

森岡正一さん

友人と一緒に取りにこようと言っていたんですが、その友人の都合が悪くなって自分だけ参加することになりました。実際にレースに参加するのは大変かもしれませんが、日頃は経験できないことなので新鮮でしたし、とても楽しかったです。


アドバイザー紹介
山本泰吉

■コメント
「A級ライセンスを取ってからの話になりますが、レースをやるには目的を明確にすることが大切だと思います。趣味で楽しむのか、プロを目指すのか……ですね。 プロを目指すなら予算内で確実に結果を残す体制を用意することが大事です。趣味ならば、思いっきり楽しめるレースを選ぶようにする、という具合に、どちら の場合もコストパフォーマンスを考えて参加するレースを選ぶといいと思います」

■プロフィール
山本泰吉(やまもと・やすきち)
14 歳からカートレースに本格参戦。4輪デビュー年となる1984年の西日本スピードスター・スターレットシリーズでシリーズ2位に輝く。その後はミラー ジュ・インターやシビック・インター、N1耐久、全日本GT選手権などで活躍。1998年、1999年にはスーパーN1耐久クラス4でシリーズチャンピオ ンを獲得している。

星 忠

■コメント
「今回の走行実技中にピットイン時のイエローラインカットやダブルチェッカーなどのNG事項が何回か見受けられました。旗や走行区分を守るというのはサーキッ トでは大事なことですので、しっかり確認するようにしてください。反対にこれらが守れれば、楽しく安全にレースができるということです。最低限のことに気 をつけて、モータースポーツを楽しんでください」

■プロフィール
星 忠(ほし・ただし)
モータースポーツショップ、ヌヴォラーリ代表取締役。当時の激戦区であるスターレットレースをはじめとする数々のレースに出場し、現在は競技の運営にも関わる。自らのモータースポーツ経験を活かし、後進育成に努めている。

 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish