> ENGLISH

  • 森
  • ゆうえんち
  • ミュージアム
  • ホテル
  • キャンプ
  • レストラン
  • ショップ
  • バイクとクルマのスクール
  • モータースポーツ
  • チケット
  • インフォメーション
小さくても真剣に遊ぶ!

REPORT レポート&受賞者

“DE耐!”トップページレポート&受賞者2017 “DE耐!” 5月6日(土)ファイナルイベント レポート

2017 “DE耐!” 5月6日(土)
ファイナルイベント レポート

総力を結集して130周を達成した【#8 炭火焼同好会 りす組】がトップチェッカー!

2017 “DE耐!” 5月6日(土)ファイナルイベント レポート 朝のブリーフィングが始まるころにはガスに覆われていたツインリンクもてぎ。午後に雨が降る予報もあったが、お昼ごろに雨がパラついたくらいで、その後は天気も回復し、いい天気の中で土曜日のファイナルイベントを開催。

ポールポジションを引き当てた【#5 About70s】が好スタートを見せホールショットを奪い、【#29 コロコロ肉肉RT】【#51 I-met's racing】【#31 ご安全に!BLACK】【#135 ゴマのオニザキ★OLD BOYS】、【#79 KsPower+Wヨシイ】と続いて行く。時間を置いてスタートした第2グループでは、【#21 hide】が真っ先に1コーナーに入り、第1グループを追って行く。オープニングラップをトップで戻って来たのは【#29 コロコロ肉肉RT】。2番手を引き離し、早くもトップ独走状態だった。これを追いかけた【#9 ピューピュー電設】がトップを奪うが、1時間を経過したところでは【#8 炭火焼同好会 りす組】がトップに立ち【#1 〈BEAR〉KEOKI.SURF.C】が2番手と、昨年もトップを争った2チームが早くも上位を占める結果となっていた。その後も、ピットインのタイミングで順位を入れかえながら周回を重ねて行く2チームだったが、今年は、給油回数が勝負を決する結果となった。何と【#8 炭火焼同好会 りす組】は、4回給油を敢行。対する【#1 〈BEAR〉KEOKI.SURF.C】は5回給油だが、スピードで対向できる予定だった。そこに全日本ロードレースST600クラスなどで活躍している長尾健吾選手を擁する【#84 Team-BEE & けんけん】が絡んできていた。一時は4回給油が見えたと言うが、レース終盤に断念。

残り1時間となったところでは3チームが、ほぼ並んでいたが、【#1 〈BEAR〉KEOKI.SURF.C】と【#84 Team-BEE & けんけん】が最後の給油を行ったところで【#8 炭火焼同好会 りす組】が抜け出す結果となった。その後、スピードに勝る【#1 〈BEAR〉KEOKI.SURF.C】がファステストラップを出し追い上げるものの、その差は大きかった。

今年もセーフティーカーは入らず7時間のファイナルイベントはチェッカーフラッグを迎える。【#8 炭火焼同好会 りす組】が130周を走り切り、うれしいトップチェッカー。“DE耐!”クラス最多周回数賞に輝いた。 「昨年も130周していますが、トップが最終ラップに入るタイミングもありラッキーな部分がありました。今年は実力で130周を達成するために、4回ピットはマストでしたので、燃費をさらによくするためにトライ、エラーを繰り返しました。ライダーたちも40歳オーバーなのでミニサーキットで走り込んだり、ダイエットしたり頑張りましたね。すべて予定通り進んだので、よかったです」と昆野元雄監督。

昨年の覇者【#1 〈BEAR〉KEOKI.SURF.C】は128周で優秀周回数賞となった。「今年は、燃費がよくなかったので厳しかったですね。全体的にペースもよくなかったですし。原因を追及して、またチャレンジしたいですね」と中澤寿寛選手。

同じく128周で優秀周回数賞となったのが【#84 Team-BEE & けんけん】だった。「4回給油が無理となったところで全開で走ることにしたのですが、弟・健史のペースが思ったほど上がらなかったので、ボクが行きました。チームとして“DE耐!”クラスは初めてでしたが、ガチンコ勝負もおもしろいですね」と長尾健吾選手。

126周した【#47 プチファイヤーガレージ豊栄総合設備+うし】をはさみ、レース終盤に【#15 NISSIN+直井いちご園+ウルフDID】と【#2 RS栃木】が、し烈なNSF100クラスのトップ争いが繰り広げられていた。テールtoノーズで長時間続いたバトルは、残り10分を切ったところで【#2 RS栃木】が無念のガス欠。【#15 NISSIN+直井いちご園+ウルフDID】がNSF100クラスの最多周回数賞を獲得した。【#2 RS栃木】は、給油エリアまでたどり着いたが、すでにクローズされており、そのままピットロード上でチェッカーフラッグを受ける結果となった。

※写真をクリックすると、拡大画像をご覧いただけます。

2017 “DE耐!” 5月6日(土)ファイナルイベント レポート 2017 “DE耐!” 5月6日(土)ファイナルイベント レポート 2017 “DE耐!” 5月6日(土)ファイナルイベント レポート 2017 “DE耐!” 5月6日(土)ファイナルイベント レポート 2017 “DE耐!” 5月6日(土)ファイナルイベント レポート 2017 “DE耐!” 5月6日(土)ファイナルイベント レポート 2017 “DE耐!” 5月6日(土)ファイナルイベント レポート 2017 “DE耐!” 5月6日(土)ファイナルイベント レポート
 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish