> ENGLISH

  • 森
  • ゆうえんち
  • ミュージアム
  • ホテル
  • キャンプ
  • レストラン
  • ショップ
  • バイクとクルマのスクール
  • モータースポーツ
  • チケット
  • インフォメーション
小さくても真剣に遊ぶ!

REPORT レポート&受賞者

“DE耐!”トップページレポート&受賞者2015 “DE耐!” 5月17日(日)ファイナルイベント レポート

2015 “DE耐!” 5月17日(日)
ファイナルイベント レポート

【#1 BEAR × ハラファクトリー】2年連続で土日制覇を達成!GROMクラスの【#96 Satu HATI】が健闘!!

2015“DE耐!”5月17日(日)ファイナルイベント レポート 2003年に始まり13回目の開催となった小さなBikeの大きなお祭り2015 誰でもエンジョイ耐久“DE耐!”。2日目の5月17日(日)は天気に恵まれ初夏を思わせる陽気の中、MotoGP™ライダーも走るツインリンクもてぎのロードコースを123台のミニバイク、512名のライダーが疾走した。

この日、123分の1の確立でポールポジションを引き当てたのはDE耐!クラスの【#48 D’sHappyTeamBee】、2番手にエンジョイクラスの【#37 チーム「おはスパ!」 withとも】、3番手にDE耐!クラスの【#111 BC鴨川BIKECLUB】、4番手にDE耐!クラスの【#25 弾Run部マネーフォワードRT】、5番手にエンジョイクラスの【#22 BIGBEAT Racing】と続くトップ5のグリッドとなった。

123台のミニバイクが3グループに分かれて予定通り10時にスタート。ポールポジションから絶妙なスタートダッシュを見せた【#48 D’sHappyTeamBee】が真っ先に1コーナーに入り、【#37 チーム「おはスパ!」 withとも】、【#22 BIGBEAT Racing】、【#114 T.I.C.R】、【#2 単コロ一家DX+ATJ】、【#98 ダイレクトドットコムレーシング】と続いて行く。オープニングラップは、【#48 D’sHappyTeamBee】がトップのままホームストレートに戻り、2周目に突入。2番手には29番手グリッドから追い上げてきた【#29 コロコロ肉肉RT】が浮上すると、その勢いのまま2周目にトップに浮上。その後、何度かポジションを入れかえながら1時間が経過した時点では、今年新設となったGROMクラスの【#96 Satu HATI】がトップ。その7.4秒後方には、2年連続土日制覇を狙う【#1 BEAR × ハラファクトリー】が迫ると一気にトップに浮上。ジリジリと2番手以下を引き離すと、3時間過ぎには、2分40秒台という異次元の速さで独走態勢を築いて行く。GROMクラストップ総合2番手には【#96 Satu HATI】がつけていたが、残り1時間を切ったところで【#2 単コロ一家DX+ATJ】が2番手に浮上していた。しかし、残り5分というところで【#2 単コロ一家DX+ATJ】が無念のスローダウンでポジションを落としてしまう。

トップを走る【#1 BEAR × ハラファクトリー】は、最後まで安定した走りを見せ7時間で128周を走り切り2年連続で土日を完全制覇した。
「目標にしていたのは、過去最高周回の129周を破る130周でした。土曜は雨が降ってしまいましたが、日曜は最高のコンディションだったので狙って行ったのですが、足回りのセットアップを詰め切れなかったことが目指していたところに届かなかった要因ですね。また来年チャレンジします!」と三須信次選手。2年連続土日完全制覇を達成したにも関わらず目標に届かなかったことが悔しそうだった。

総合2番手には、GROMクラスの最多周回数賞となる【#96 Satu HATI】が入り、124周を記録した。
「当初は5回給油の予定だったのですが、“DE耐!”に10年以上参戦している知り合いのアドバイスで、もっと燃費重視にした方がいいと言われたので、700回転低くシフトアップして4回給油で行ったのが、この成績につながりました。“DE耐!”には何度か出ていましたし、GROMで走ってみたかったので、仲間を集めて参加しました。協力してくれたみんなに感謝したいですね」と谷田典雅選手。

エンジョイクラス優秀周回数賞には120周を走り切った【#84 Team-BEE#84】、KSR110クラスは、唯一エントリーしてくれた【#7 DUKE RACING】が110周を記録し最多周回数賞を獲得した。

1993年にロードレース世界選手権250ccクラスでチャンピオンとなった原田哲也氏が【#31 週刊バイクTV with 原田哲也】からGROMクラスにエントリー。華麗なライディングを見せてくれたのを始め、気軽にファンサービスにも応じてくれていた。

※写真をクリックすると、拡大画像をご覧いただけます。

2015“DE耐!”5月17日(日)ファイナルイベント レポート 2015“DE耐!”5月17日(日)ファイナルイベント レポート 2015“DE耐!”5月17日(日)ファイナルイベント レポート 2015“DE耐!”5月17日(日)ファイナルイベント レポート 2015“DE耐!”5月17日(日)ファイナルイベント レポート 2015“DE耐!”5月17日(日)ファイナルイベント レポート 2015“DE耐!”5月17日(日)ファイナルイベント レポート 2015“DE耐!”5月17日(日)ファイナルイベント レポート
 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish